料金/コースの概要

鬼管理専門塾の料金/コースについて解説をさせていただきます。
ご入会を考えている方は、最後まで丁寧にお読みください。
何かご不明な点がございましたら公式LINE、無料説明会でお気軽にご相談ください。

【運営からのお願い】
料金を確認する前に

鬼管理専門塾グループの料金を確認する前に
弊社の運営をするサービスが「どのように他社様と異なるのか」
「どのような特徴を持っているのか」を知ったうえで料金をご確認いただきたく存じます。

他の塾様とは違ったサービスを提供するからこそ
料金「だけ」を確認されてしまうと弊社の「良さ」を理解いただけません。

ご迷惑かとは存じますがご理解いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

偏差値44→東京大学/早稲田/慶應大学

偏差値50→慶應/明治/青学/中央/法政

■8月入会&偏差値30→明治/学習院大学

■12月入会→共通9割&明治/学習院大学

■10月入会→青学/明学/近畿合格

■偏50→明治/青学/法政/学習院/

■12月入会→立教/武蔵/東女

■偏差値40&11月入会→法政大学

■12月入会&偏差値40→四工大完全制覇

■10月入会→明治/法政/中央大学

■9月入会→中央大学・國學院大學

■10月入会→明治/法政/中央大学

■浪人&9月入会&偏差値50→法政大学

■偏差値50→70!明治中央法政大学

鬼管理専門塾:高校受験対策
鬼管理専門塾:大学受験対策
鬼管理専門塾:苦手科目対策
鬼管理英語塾:英検入試を鬼管理
鬼管理AO塾:総合柄選抜・推薦入試を鬼管理
鬼管理専門塾:高校受験対策
鬼管理専門塾:大学受験対策
鬼管理専門塾:苦手科目対策
鬼管理英語塾:英検入試を鬼管理
鬼管理AO塾:総合柄選抜・推薦入試を鬼管理

鬼管理専門塾は高校受験・大学受験・科目・英検入試・総合型選抜(推薦入試)すべてに対応をしています。
生徒様・保護者様のご希望に合わせて鬼管理専門塾の形態をお選びください。

料金・コースについて

鬼管理専門塾グループの料金について解説をさせていただきます。
クリックすると確認が出来ます。

【大学受験】鬼管理専門塾・志望校特化専門塾の場合:高校生・既卒対象
■1教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を行うコースです。

1教科を1週間に1回、50分で指導するので、1教科当たりに対して指導する密度が高く、苦手教科を克服したい受験生にオススメのコースです。
■2教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×2回行うコースです。

合計100分の指導を1週間に受講することが出来ます。2教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
■3教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×3回行うコースです。

合計150分の指導を1週間に受講することが出来ます。3教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
1教科特訓コース
2教科特訓コース
3教科特訓コース
■4教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×4回行うコースです。

合計200分の指導を1週間に受講することが出来ます。4教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
■5教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×5回行うコースです。

合計250分の指導を1週間に受講することが出来ます。5教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい、国立を目指す受験生にオススメです。
■6教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×6回行うコースです。

合計300分の指導を1週間に受講することが出来ます。6教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい国立を目指す受験生にオススメです。
4教科特訓コース
5教科特訓コース
6教科特訓コース
■鬼ヶ島コース
1週間に1回、1教科50分の指導を×7回行うコースです。


■本当に勉強が自分で出来ない方
■国立対策がしたい方
■とにかく自分を律したい方

そのような受験生に利用をしてほしいコースとなります。
※ほぼ毎日指導をすることになりますので「覚悟」のある方だけご受講ください。

■鬼ヶ島コース(7教科特訓コース)
1教科当たり50分で科目を指導するコースとなっており、教科ごとに1週間に1回の指導があります。

7教科分受講するのも、特定教科を週に2~3回増やすことも可能です。

ほぼ毎日指導をすることになりますので覚悟のある受験生だけご受講ください。

1教科特訓2教科特訓3教科特訓
費用39,800円69,800円89,400円
時間50分×4回50分×8回50分×12回
回数月4回指導
(週1回)
月8回指導
(各科目週1回)
月12回指導
(各科目週1回)
講師1人2人3人
合格保証対象外対象外対象内
4教科特訓5教科特訓6教科特訓
費用119,200円要お問い合わせ要お問い合わせ
時間50分×16回50分×20回50分×24回
回数月16回指導
(各科目週1回)
月20回指導
(各科目週1回)
月24導
(各科目週1回)
講師4人5人6人
合格保証対象内対象内対象内
鬼ヶ島コース
費用要お問い合わせ
時間50分×28回
回数月28回指導
(各科目週1回)
講師7人
合格保証対象内
※全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。
※鬼管理専門塾・早稲田大学専門塾WASE-PASS・慶應義塾大学専門塾KEI-PASS・明治大学専門塾MEI-PASS・青山学院大学専門塾AO-PASS・立教大学専門塾RIKYO-PASS・中央大学専門塾CHU-PASS・法政大学専門塾HO-PASS・学習院大学専門塾GAKU-PASS・関西大学専門塾KAN-PASS・関西学院大学専門塾KWAN-PASS・同志社大学専門塾DO-PASS・立命館大学専門塾RITS-PASS 全て同じ料金/費用になります。
【高校受験】鬼管理専門塾の場合:中学生対象
■1教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を行うコースです。

1教科を1週間に1回、50分で指導するので、1教科当たりに対して指導する密度が高く、苦手教科を克服したい受験生にオススメのコースです。
■2教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×2回行うコースです。

合計100分の指導を1週間に受講することが出来ます。2教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
■3教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×3回行うコースです。

合計150分の指導を1週間に受講することが出来ます。3教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
1教科特訓コース
2教科特訓コース
3教科特訓コース
■4教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×4回行うコースです。

合計200分の指導を1週間に受講することが出来ます。4教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
■5教科特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×5回行うコースです。

合計250分の指導を1週間に受講することが出来ます。5教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい、国立を目指す受験生にオススメです。
4教科特訓コース
5教科特訓コース
1教科特訓2教科特訓3教科特訓
費用29,800円59,800円89,400円
時間50分×4回50分×8回50分×12回
回数月4回指導
(週1回)
月8回指導
(各科目週1回)
月12回指導
(各科目週1回)
講師1人2人3人
合格保証対象外対象外対象外
4教科特訓5教科特訓
費用100,000円119,200円
時間50分×16回50分×20回
回数月16回指導
(各科目週1回)
月20回指導
(各科目週1回)
講師4人5人
合格保証対象内対象内
※全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。
※大学受験ではなく「高校受験:中学生」対象になります。
鬼管理英語塾の場合:英検入試対象

■以下4技能ごとに対策領域が分かれています。
■ご自身に苦手な分野だけを対策しても良し、得意な領域だけに特化しても問題ありません。
■全ての領域が苦手な受験生は「全ての領域」を対策しましょう。
→苦手な領域だけを対策するのが効率的です。
■リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング各領域で「1技能」という換算です。
→1技能を学びたい場合は「1技能特訓コース」になり、4技能を学びたい場合は「4技能特訓コース」となります。

■鬼管理英語塾では原則「何カ月で合格を目指すのか」を入会前にヒアリングを行い、「3カ月合格」「6カ月合格」「9カ月合格」「12か月合格」でのカリキュラムを作成します。
→「1ヶ月の対策で英検が合格できる!」というのは現実的に難しいです。英検は英単語から英文法、長文に至るまで対策に時間を要します。事実、半年は勉強期間として持っておいてほしいです。「何ケ月で合格を目指すのか」は受講される前に考えておいてください。

■リーディング
1週間に1回、リーディングの指導を行います。

リーディングが苦手な英検受験生が受講をしてください。リーディングが出来る方は他技能を対策してください。
■リスニング
1週間に1回、リスニングの指導を行います。
リスニングが苦手な英検受験生が受講をしてください。リスニングが出来る方は他技能を対策してください。

■スピーキング
1週間に1回、スピーキングの指導を行います。
スピーキングが苦手な英検受験生が受講をしてください。スピーキングが出来る方は他技能を対策してください。

■ライティング
1週間に1回、ライティングの指導を行います。
ライティングが苦手な英検受験生が受講をしてください。ライティングが出来る方は他技能を対策してください。


1技能特訓コース
2技能特訓コース
3技能特訓コース
4技能特訓コース
1技能特訓コース2技能特訓コース3技能特訓コース4技能特訓コース
費用39,800円69,800円89,400円119,200円
時間50分×4回50分×8回50分×12回50分×16回
回数月4回指導
(各技能週1回)
月8回指導
(各技能週1回)
月12回指導
(各技能週1回)
月16回指導
(各技能週1回)
講師1人2人3人4人
※リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング各領域で「1技能」という換算です。4技能を学びたい場合は「4技能特訓コース」となります。
※全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。
※受講前に「何カ月で合格を目指すのか」のヒアリングを行います。「3カ月・6カ月・9カ月・12か月」各回答によってカリキュラムが異なりますのでご入会前までには「何カ月で英検合格を目指すのか」を考えてきてください。
※対象者:小学生・中学生・高校生・既卒
鬼管理AO塾の場合:総合型選抜・推薦入試対象
■志望理由書・面接対策コース
50分の指導を1週間に×2回行い、初期の方では「志望理由書対策」、後半では「面接対策」を行います。どのように志望理由書作成を行うのか、12段階の流れに分けて指導を行います。志望理由書が作成できれば「面接対策」に移り、合格を目指します。

※原則週二回の指導が必須であり、指導回数を増やすこと自体は可能です。
■小論文対策コース
50分の指導を1週間に×2~3回行い、小論文対策を行います。
小論文対策「のみ」を行うコースとなります。基本的には志望理由書・面接対策コースと併用を行います。小論文の対策を1日ごとに何をしないといけないのか、明確にするので迷わず小論文対策が可能になります。


※小論文対策コースだけを受講される場合は
❶週二回が必須❷料金は志望理由書・面接対策コースと同じとなります。

※小論文対策を何回行うかで、志望理由書・面接対策コースと合わせた週の「指導回数」が決まってきます。小論文対策コースの推奨指導回数は「週2回」です。
例:❶志望理由書/面接対策コース or ❷小論文対策コース(単体)
例:志望理由書/面接対策コース+小論文対策コース(週1回)
❶志望理由書/面接対策コース
or
❷小論文対策コース(単体)
■志望理由書/面接対策コース

■小論文対策コース(週1回)
■志望理由書/面接対策コース

■小論文対策コース(週2回)
費用69,800円89,400円119,200円
時間50分×8回50分×12回50分×16回
回数月8回指導
(週2回×4)
月12回指導
(週3回×4)
月16回指導
(週3回×4)
講師2人3人4人

※小論文対策コース「のみ」を受講される場合は
❶週二回が必須 ❷料金は志望理由書・面接対策コースと同じとなります。

※小論文対策を何回行うかで、志望理由書・面接対策コースと合わせた週の「指導回数」が決まってきます。小論文対策コースの推奨指導回数は「週2回」です。

※全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。
※対象者:高校生
鬼管理科目塾の場合(国語・数学等):苦手科目を克服したい受験生対象
■週2日特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×2回行うコースです。

合計100分の指導を1週間に受講することが出来ます。苦手科目に特化をした対策を行います。
■週3日特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×3回行うコースです。

合計150分の指導を1週間に受講することが出来ます。みっちり苦手科目の対策を行うことが出来ます。
■週4日特訓コース
1週間に1回1教科50分の
指導を×4回行うコースです。

合計200分の指導を1週間に受講することが出来ます。とにかく苦手科目を得意科目にしたい!という受験生にオススメです。
週2日特訓コース
週3日特訓コース
週4日特訓コース
1日目

■先週の指導の際に「苦手科目攻略まで1日ごとに何をするべきか」を課題として出します。
┗ その課題が出来ているかどうかを確認するために「テスト」を行います。

■合格基準は「9割」
┗ 出来ていなければ次の範囲に進めることはできません。

■出来ていない問題を見つけ「出来るようにすれば」苦手科目は攻略できます。
┗ 出来ていない問題から目をそらさないようにしましょう。

■出来ていない問題に対して”なぜ出来ていないのか”の原因を「分析」し
「改善策」まで提案し「二度と間違えない」状況にします。

┗ 同じ問題を間違えるから時間を無駄にします。最短距離で合格を叶えるためには「問題を二度と間違えない」ことです。

2日目

■科目特化の演習問題を出し「アウトプット」を行います。
┗ 「本当に力が身についているかどうか」を確認するために「アウトプット」として問題演習を行います。

■出来ていない問題を見つけ課題を分析し、解決策を導き出し「習慣化」させる。
┗ 出来ていない問題を見つけ出来るようにすれば成績は上がります。
┗ 出来ていない問題の解説を聞けばいいのではありません。間違えてしまった課題を見つけることです。
┗ そうでないと同じミスをすることになります。

3日目

■苦手な領域に特化をして演習問題及び指導を行います。
┗ 苦手科目を分析するだけでは解決まで持っていけない受験生もいることでしょう。
┗ 講師とマンツーマンで苦手領域・分野に特化した指導を行い苦手な領域を得意に出来るようにします。
┗ 苦手な範囲は苦手だからこそ自分だとサボってしまったり見て見ぬふりをします。
┗ だからこそマンツーマンの指導で目を背けずに対策を行いましょう。

4日目 ※週4特訓コースでない場合は受講できません。

■過去問を利用した指導を行います。
┗ 本当の実力を確認するために「過去問」を利用して指導を行います。
┗ もちろん、全く歯が立たないレベルの過去問ではなく「今のレベルにあった」過去問を解いてもらいます。
┗ 想像以上に過去問は解けます。なぜなら有名私大でも基礎問題が占める割合は5~6割。
┗ 基礎問題が解けるだけでも合格ラインに届けることが可能なのです。
┗ だからこそ、「自信を持ち」「本番で利用が出来る」知識にするためにも過去問を利用して指導を行います。

週2特訓3特訓4特訓
費用69,800円89,400円119,200円
時間50分×8回50分×12回50分×16回
回数月8回指導
(週1回)
月12回指導
(各科目週1回)
月16回指導
(各科目週1回)
講師2人3人4人
※全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。
※対象者:中学生・高校生

■保護者様・生徒様へ

お世話になっております。代表の菅澤です。

もしかするとこのページまで見てくれた保護者様・生徒様は
「料金がお高い」と思われたかもしれません。

しかし私共としては何も「ぼったくる」意図もなければ
保護者様から「搾取する」などと言ったことを
するつもりは毛頭ございません。

明確な2つの「理由」が存在します。

❶合格させるための必要な指導をすると
それ相応の講師と仲間が必要だから

❷受験勉強に本気の人しか

入ってほしくないから

以上2つの理由が存在します。

❶合格させるための必要な指導をすると
それ相応の講師と仲間が必要だから

弊サービスは1人の生徒に対して最大3~7人の講師が皆さんの目標に向けて管理をします。
生徒が入会してから合格するまでの間に、
カリキュラム作成・他の塾にはない指導回数・分析改善・テスト演習はもちろんのこと
24時間365日生徒様の合格を叶えるために生徒と共に奔走します。

サービスを運営する代表として生徒の合格を思い、懸命に働いてくれる仲間に
「給料を払わない」という選択肢を取ればもう少しお安くサービスをご提供できるかもしれません。

しかし、ここまで懸命に生徒を思い合格へ導く講師・仲間に
無給で働いてもらうのは仲間を裏切る行為でもあり、
私は労働基準法を犯す犯罪者になってしまいます。

それでは人を減らせばいいじゃないか、
そう思われる保護者様・生徒様もいるかと思います。

しかし、それでは生徒1人当たりに対する教育密度は下がり、
生徒の得意不得意を分析することが出来ずに
試験当日を迎えることとなってしまいます。

弊サービスは他の塾よりも指導回数が多いサービスとなっております。

最大1カ月の約半分を1対1で指導します。
これは「合格させるために必要だから」です。


つまり、第一志望校合格に必要な指導を受けようとするとそれ相応の講師と仲間が必要です。

どこにも負けない驚異の合格率は4対1という教育体制と
講師陣による目標までの徹底管理・指導回数にあります。

生徒様を合格させるための料金形態であることをご理解いただけますと幸いです。

❷受験勉強に本気の人しか
入ってほしくないから

実は一度、弊サービスで予備校業界では
破格の価格でサービスを運営したことがあります。

多くの人に利用してもらえるだろうという期待を込めてリリースしましたが
そこにやってくる生徒様・保護者様は安さだけを求めた方々ばかり。

もちろん価格だけを見て予備校・塾を決める方のことを
不当に全称しているわけではありませんのでそこは勘違いしないでください。

しかし、「安いから入る」「安いからうちの子を入れさせる」という形だと、
サービスの特徴や内容を理解するよりも前に
「価格」で入塾を決められることがしばしばありました。

このような形だと本人のやる気とは関係なく入塾をすることになるので
大学受験への意識が皆無であったり受動的な受験生が多く
講師陣としても指導をするのにかなり骨が折れました。

塾・予備校で一番重要なのは講師の指導力ではありません。
講師の実力とそこに対する生徒の熱意です。

そこが相まって生徒は第一志望校に合格できるのです。
それを踏まえたうえで価格が先行してしまう顧客層ではなく
「質」「指導」を軸に塾を決めていただける・私共を理解してくれる
生徒様・保護者様と第一志望校を目指したいと考えてこのような選択を取っています。

もちろん価格を軸に考える方を不当に全称したいわけではありません。
過去にそのような「傾向」があっただけです。
そこは勘違いしないでください。

以上が弊サービスの「料金が高い」と思われる要因となります。ご理解いただけますと幸いです。

余談になりますが、

ここで1つ生徒様・保護者様にお話ししたいことがございます。

「価格が高い」とはどういうことでしょうか。
「価値に対してリターンが見合わない」ことを人間は「高い」と言います。


つまり、食べれば消費してしまうスナック菓子に10,000円は高いですが

仕事に役立ち、業務スピードが速くなる道具があるならば10,000円でも安いはずです。

「価値に対するリターン」が価格に対する印象を決めると考えております。


弊サービスの提供価値を踏まえたうえで

「高い」というイメージがあるならばそれは申し訳ありません。
私共の努力不足です。

しかし、難関大学に合格をするだけで生涯賃金が

約4億円というデータが存在します。

反対に一般的な大学卒業者の生涯賃金は約2億円。
難関大学に合格をするかしないかで
2億円の差が生まれるといっても過言ではありません。

これはつまり難関大学に合格するだけで2億円が手に入ると言っても過言ではないのです。


弊塾は数字に差はあれど、
難関大学に対して高い合格率をたたき出しています。

それだけ難関各大学合格への可能性は他塾よりもあると自負があります。

それを踏まえたうえで「価格が高い」と思われてしまうならば完全にこちらの責任です。

もちろん、これは弊サービスだけではありません。
この文章を読んでいるあなたが他の塾や予備校選びで悩んでいる場合は迷わず
「結果の出ると考える塾」を選ぶのが最適です。

価格だけで選ぶということは「合格」出来るかどうかをないがしろにするということです。
1年間頑張ったのに合格できない塾に通ってしまっては元も子もありません。

絶対に「価格」だけで塾を選んではいけません。

その塾の提供する価値・サービス・特徴を踏まえたうえで
自分の進路が最大化される選択肢を取ってみてください。
長くなりましたが塾を運営している代表として生徒様・保護者様に伝えたいメッセージでした。

価値を感じてくれた方は私共と一緒に勉強に励みましょう。
弊サービスに価値を感じなかった方は
価値を感じるであろうサービスを選択され第一志望校合格を掴み取ってください。
皆様の大学受験成功をお祈りしています。

代表:菅澤孝平