【暴露】立教大学経営学部の特徴/評判10選/合格方法3選を徹底解説!

始めに:【暴露】立教大学経営学部の特徴/評判10選/合格方法3選を徹底解説!

菅澤
オニ坊

立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSアシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
【暴露】立教大学経営学部の特徴/評判10選/合格方法3選を徹底解説!
というテーマで記事を書いていきます。

立教大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
立教大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

オニ坊

立教大学経営学部の概要

菅澤

早速、立教大学の「評判」をご紹介していこうと思うのですが、
前提として立教大学を知らない受験生も多いでしょう。

評判・口コミを見る前に、簡単な立教大学の概要や特徴を解説します。
既に、立教大学を知り尽くした方はスルーで結構です!

立教大学経営学部の学科

立教大学経営学部の学科

経営学科

菅澤

立教大学の経営学部経営学科は、ビジネスの専門知識やスキルを身につけるための学科です。4つの領域「マーケティング」「マネジメント」「アカウンティング&ファイナンス」「コミュニケーション」を学びます。

経営学科では、企業を相手にビジネスの授業を実施することで、社会やビジネスで必要なスキルを学ぶことができます。また、学生が主体となり実際のプロジェクトを立案、実行、成果を出すプロセスを体験することで、ビジネス社会で必要とされる創造力を養います。

国際経営学科

菅澤

立教大学の経営学部国際経営学科では、英語で経営を学び、世界で通用するリーダーシップを育成します。グローバルな組織とその環境の間の一致を達成するための戦略の基礎に焦点を当て、多国籍なビジネス活動のための戦略と、経営の意思決定の国際的な側面を学びます。

国際経営学科では、実在する企業のケーススタディ(事例研究)をもとに学びを深め、企業が直面する社会問題への意識について、経営戦略を分析し、解決策を導き出す力を身に付けます。

専門科目の70%が英語で行われ、入学から経営学の知識とスキルを身につけながら、グローバルリーダーとして活躍できるように、外国語の教養を身につけることができます。

国際経営学科では、ビジネスプロポーザルの立案を通して、各経営分野を総合的に学びます。

立教大学経営学部は何を学ぶのか?

立教大学経営学部は何を学ぶのか?

菅澤

企業を相手にビジネスの授業を実施することで、社会やビジネスで必要なスキルを学ぶことができます。

経営学部では、会計やマネジメントなど、さまざまな角度から組織経営について学ぶことができます。また、経営に付随する経済の知識や、法律の仕組みについても学習範囲です。

経営学部で学んだ学生は、経営・組織管理、人事・労務管理、営業販売、商品開発、市場調査、広告・広報、生産管理・技術営業、経理・財務管理、国際部門、会計士・税理士などさまざまな職種で活躍しています。

立教大学経営学部の偏差値・その他関連情報

立教大学経営学部の偏差値・その他関連情報

立教大学 経営学部 経営学科の偏差値は、 65.0 です。

学部学科日程偏差値
経営経営65.0

立教大学 経営学部 国際経営学科の偏差値は、 62.5 です。

学部学科日程偏差値
経営国際経営62.5
立教大学経営学部の倍率

立教大学経営学部の倍率

学科2023年度2022年度志願者前年比
志願者受験者合格者倍率志願者受験者合格者倍率
経営1,6781,5823085.11,8911,7983016.089
国際経営8037892353.49649242114.483
2,4812,3715434.42,8552,7225125.387

立教大学経営学部の実際の評判 1人目

菅澤

早速ですが、立教大学経営学部の実際の評判1人目を見ていきましょう!

立教大学経営学部で満足していること:出席点がある

出席点のメリット

経営学部での授業は、出席するだけで点数がもらえるシステムが導入されています。出席していることで約30%の点数を獲得できるため、テストの際には心に余裕が生まれます。

テストが苦手な私への恩恵

私のようにテストが得意でない学生にとって、この出席点制度は非常にありがたい。出席を重視することで、テストだけに依存しない授業の評価が可能になり、落ち着いて学習に取り組めます。

他学部との比較

経営学部とは異なり、試験の点数だけで評価される学部も存在します。そのような学部では、テスト前のプレッシャーが大きくなりがち。私は、このような比較をすると、経営学部を選んで本当に正解だったと実感します。

先生方の魅力

授業を担当する先生方は皆、優しく、その授業への熱意も伝わってきます。そのため、毎回の授業が楽しみで、積極的に参加したくなります。

使いやすい教室環境

経営学部の教室は広々としていて、隣の学生を気にせず、自分のペースで学習することができます。この環境は、集中して勉強する上で非常に助けとなっています。

立教大学経営学部で不満に感じていること:履修システム

不十分な案内

私が感じているのは、立教大学の履修登録の案内が十分でないということ。何が重要で何が不要なのか、明確な情報提供がされていない点がストレスの原因です。

自由科目の単位制限

自由科目には、取得できる単位数に制限があることを後から知ることになりました。一定の単位を超えてしまうと、それ以上の科目の単位は認められないというルールがあるのです。

履修要項の情報不足

確かに、履修要項をきちんと確認するのは私たち学生の責任です。しかし、そういった重要な情報は、何度かアナウンスしてもらいたいと感じます。

四年時の危機

最もショックだったのは、このルールに気付かずに4年生の時に制限を超える単位を取ってしまった場合、留年のリスクがあること。このような重大な情報を事前に伝えてくれないことに、本当に驚きと怒りを感じています。

情報提供の必要性

大学の側にも、学生の進路に関わるような重要な情報はきちんと伝える責任があると考えます。このような問題が起きないよう、改善の取り組みを期待しています。

立教大学経営学部の実際の評判 2人目

立教大学経営学部で満足していること:留学制度

交換留学の魅力

私が大学において特に評価しているのは、その充実した交換留学のプログラムです。大学が英語教育に力を入れているため、留学の選択肢がとても豊富です。

多彩な選択肢

他の大学と比べても、提携している留学先の数や、留学生の受け入れ数は圧倒的に多いと感じました。これは大学の国際性を示すポイントだと思います。

実体験

私自身もこの制度を利用し、スウェーデンでの留学経験を持っています。そして、周りの友人たちのうち、約半数も同じように留学の経験を持っていました。

安心のサポート体制

留学に向けたサポートも十分でした。事前の説明会や、過去の留学生からのアドバイスが得られる機会も多く、留学への不安を大きく減少させてくれました。

留学後の経験活用

また、大学には多くの交換留学生が日本に来ていて、彼らと同じクラスを受けることがよくありました。これにより、留学から帰国後も、英語を生活の中で頻繁に使う機会が増え、スキルの維持や向上につながっています。

立教大学経営学部で不満に感じていること:食堂

高すぎる食堂料金

私が大学生活で最もストレスを感じていたのは、食の問題でした。キャンパスには3つの食堂が存在していたものの、どの食堂も手頃な価格で美味しいとは言えない料理が提供されていました。

第一食堂のガッカリ感

特に印象的だったのは、「第一食堂」と名付けられた場所。その名前からハリーポッターの映画に出てきそうな雰囲気を期待してしまいますが、残念ながら料理の質と価格は期待を裏切られるものでした。

キャンパス周辺の飲食店事情

大学の周辺にも学生の財布に優しい料金の飲食店はほとんど見当たらず、加えて店内が狭くてゆったりと食事を楽しむことができない状況でした。

コンビニ昼食の日々

その結果、私を含む多くの学生がコンビニで買った食事をキャンパス内で食べることが日常となっていました。便利ではあるものの、やはり食堂での食事が楽しみたかったです。

学生の願い

私の願望としては、大学が1カ所でも安価で美味しい料理を提供する食堂を設けること。これが叶えられれば、学生生活の質がぐっと上がると感じています。

立教大学経営学部の実際の評判 3人目

立教大学経営学部で満足していること:図書館

新しくて広い空間

新しい図書館がオープンしたと聞き、早速訪れてみたら、その素晴らしさに驚きました。地下1階から3階までの大きな建物で、どの階も本に溢れていました。

豊富な本のコレクション

この図書館の本の数は圧巻で、さまざまなジャンルの本がきちんと整理されていました。どんな趣味や関心を持っている学生でも、ここなら満足できるだろうと感じました。

勉強スペースの充実

さらに、自分の勉強や読書を集中してできるスペースが随所に設けられており、授業の合間や試験前には大変重宝しました。静かで落ち着いた雰囲気が学習に集中するのに最適でした。

快適な内装

中を歩いているだけで気持ちが落ち着くほど、内装が美しくて清潔感がありました。この図書館にいるだけで心地よく、学びの時間をより一層楽しむことができました。

スタッフの優しさ

そして、何より印象的だったのは図書館のスタッフの方々の親切さ。彼らは本を探している学生の手助けを惜しまず、時には一緒に本棚を探し歩いてくれました。何回か通ううちに、スタッフの方々との距離も縮まり、楽しい会話を交わすことも増えました。特に、同じ本の趣味を共有しているスタッフがいて、彼との会話は図書館訪問の楽しみの一つとなっていました。

立教大学経営学部で不満に感じていること:就職相談

大学のサポートが物足りない

大学の中での就職活動に対するサポートは、正直言って期待はずれでした。大学の就職課を訪れても、求人情報を見せられるだけで、深く相談する雰囲気はありませんでした。

具体的なアドバイスを求めても…

私が直面していた就職活動の悩みや疑問について、具体的なアドバイスや方針を求めても、あまり具体的なアンサーはもらえなかったのです。

ゼミの力を借りる友人たち

私はゼミに参加していなかったので、一部の学生の間での情報交換やサポートがあることは知っていました。実際、私の友人たちの多くは、ゼミの先輩やOB、OGのネットワークをフルに活用して、企業訪問や情報収集をしていました。

ゼミに参加していない学生の悩み

ゼミに参加していない学生として、大学の公式なサポートを受けられる場所に期待を寄せていました。しかし、その期待は少し裏切られる形となり、本当に必要なサポートを得ることができませんでした。

結局のところ…

大学としての就職活動のサポートに関しては、改善の余地があると感じました。ゼミに所属していない学生にとって、大学のサポートは非常に重要であると思います。それが十分に受けられなかったことは、大学生活の中で一つの後悔として残っています。

立教大学経営学部の実際の評判 4人目

立教大学経営学部で満足していること:キャンパスの充実度

キャンパスの美しさ

私が通っているこの大学は、私立校の中でも群を抜いて美しいキャンパスを持っています。散歩をするだけで、まるで美しい映画のセットを歩いているかのような気分になれます。

映画やMVの撮影地

そのキャンパスの美しさから、たびたび映画やミュージックビデオの撮影に使われることも。それを知っていると、大学を歩くたびに少し特別な気持ちになれます。

クリスマスの名物ツリー

クリスマスの季節には、他の大学からも多くの学生が我が大学のクリスマスツリーを鑑賞に訪れます。その大きくて美しいツリーは、まるで絵本から飛び出してきたようです。

スペシャル講義

私たちの大学は、時折有名人を招きスペシャルな講義を開催することがあります。これにより、他の大学では味わうことのできない、特別な学びの体験ができるのです。

英語教育の推進

私たちの大学は、スーパーグローバル大学としての認定も受けており、英語の授業やプログラムが非常に充実しています。これにより、国際的な視点での学びが強化されています。

多国籍の友達との交流

キャンパス内には様々な国からの留学生が在籍しており、日常的に異文化交流の機会が広がっています。この環境は、新しい視点や価値観を学ぶ絶好の場となっています。

立教大学経営学部で不満に感じていること:学生の意識の低さ

授業の進行

私が通っている大学では、一部の教授があまり厳しくない授業を進めている感じがします。そのため、学生たちの間では、気軽にチャットしたり、途中で授業を抜け出すようなことも少なくありません。

学生の態度

その結果、授業中には、周りの席でスマホのゲームをしている学生や、おしゃべりに夢中になっているグループも見かけます。授業の内容に集中して取り組んでいる学生は、少数派のように感じられます。

質疑応答の時間

授業の中で、教授が質問の時間を取ってくれることがあるのですが、自分から手を挙げて質問や意見を言う学生は驚くほど少ないです。その静けさは、時に気まずさを感じさせることも。

留学生の活躍

一方で、この大学には優秀な留学生がたくさん在籍しています。彼らは授業に熱心で、しっかりとした質問や発言をすることが多いです。彼らの存在は、私たち日本の学生にとって刺激的であり、彼らの姿勢から学ぶことが多いです。

未来への思い

このような現状を見て、日本の教育の未来に対して少し不安を感じることがあります。しかし、留学生の存在や、真面目に授業に取り組む学生たちの存在もあり、それが希望となっています。

立教大学経営学部の実際の評判 5人目

立教大学経営学部で満足していること:キャンパス

キャンパスの概要

立教大学には、「池袋キャンパス」やみんなから愛される「池キャン」として知られる場所と、「新座キャンパス」、つまり「座キャン」と呼ばれるエリアの2つの主要なキャンパスがあります。どちらのキャンパスもそれぞれの特色があり、学部によって通う場所が決まっています。

私の日常 – 池袋キャンパス

私自身は経営学部の学生として、池袋キャンパスに足を運んでいます。もう2年が過ぎましたが、そのキャンパスの魅力にはいまだに心を奪われています。春には桜の花がキャンパスをピンクに彩り、夏の暑さの中でも教室は心地よい冷気に包まれています。秋になると、敷地内のベンチで昼食をとったり、ちょっとした休憩を楽しんだりするのが最高です。そして冬、キャンパスはイルミネーションやアートで飾り付けられ、特に窓ガラスに描かれる雪だるまの絵は見逃せません。

新座キャンパスの魅力

私は部活の活動で新座キャンパスにも頻繁に訪れる機会がありました。そのキャンパスもまた、広くて開放的な空間が魅力です。特に冬のイルミネーションは圧巻で、その美しさには毎回心を打たれます。

友人たちの反応

他の大学に通っている友人たちも、私たちのキャンパスを訪れると、その美しさや施設の充実度に驚きの声を上げています。立教大学のキャンパスは、学内外の人々に誇りを感じさせてくれる場所となっています。

立教大学経営学部で不満に感じていること:ゼミの数

ゼミの熱気

経営学部におけるゼミの活動は、他の学部と比べても非常に情熱的で、参加する学生たちの意欲や誠実さ、さらには自己成長を目指す姿勢が際立っています。こうした背景から、多くのゼミが頼りにされ、人気を集めています。

ゼミの定員問題

しかしその一方で、問題として指摘されているのがゼミの定員制限です。経営学部全体の学生数に対して、ゼミの受け入れ定員はその3分の2しか確保されていない状態となっています。これは、実際には3分の1の学生がゼミに所属する機会を得られないという事態を引き起こしています。

私の経験

私自身もその中の1人として、ゼミへの参加を希望していたにも関わらず、選考の過程で所属が叶わなかった経験があります。その後、留学やボランティア活動、さらには学生団体に所属するなど、ゼミ以外の場での学びや活動に力を入れて過ごしています。現状、私はこの経験を通じて多くのことを学ぶことができて満足しています。

就職活動との関連

しかし、ゼミに所属していないことが、将来の就職活動の際にネックとなる可能性も考えられます。ゼミ活動が就職活動の一環や経験として評価されることも少なくないため、定員の問題は今後の学生たちにとっても懸念されるポイントとなっています。

立教大学経営学部の実際の評判 6人目

立教大学経営学部で満足していること:授業

誰もがリーダーに?

「リーダーだけがリーダーシップを持つわけではない」という思考が、経営学部での学びを通じて私の中に芽生えました。実際には、どんな立場の人も、リーダーシップを発揮する機会があり、それを活かすことができると認識するようになりました。

リーダーシップの本質

リーダーシップとは、単に指示を出すことや、他者を導くことだけを指すのではありません。「チームや組織に良い影響を与える行動」それ自体がリーダーシップの一環であり、それが実現するための多くの方法や手段が存在するのです。この視点を学んだことで、個々の人が自らの個性や特長を活かして、どのようにリーダーシップを発揮できるのかを模索する機会を得ました。

実践を通じた学び

経営学部での授業は、理論だけでなく実践を重視しています。私も実際に、企業向けのコンサルティング活動に近いプロジェクトを体験する機会がありました。このプロジェクトを通じて、実際のビジネスの現場でのリーダーシップの発揮方法や、それに伴う課題や解決策を学び取ることができました。この経験は、私のキャリア形成の一助となり、非常に価値のあるものとなりました。

立教大学経営学部で不満に感じていること:電子化されたシラバス

昔のシラバスって?

新学期のスタートに向けて履修登録を行う時期。昔は物理的な冊子としてシラバスが配られていたんだよね。その冊子は実際に手に取ることができ、必要な情報を探しながら、マーカーやペンで直接印をつけたり、メモをとることができました。

電子化の波

しかし、時代は進み、経費削減や環境問題を考慮して、シラバスは2年前から電子化されることに。確かに、ペーパーレスの流れは時代の要請とも言える。しかし、この変化にはデメリットもあるんだ。

デジタルの不便さ

実際に電子シラバスを使ってみると、操作性に難があったり、同時に複数の授業内容を横並びで比較することが難しかったりと、何かと不便な点が目立つようになりました。特に、従来の冊子なら簡単にできた、マーカーでのハイライトや、気になる部分のメモ書きが電子版ではできないため、何を登録しようと思っていたのか、後で確認するのが難しくなってしまうことも。

立教大学経営学部の実際の評判 7人目

立教大学経営学部で満足していること:授業が楽しい

経営学部の2つの学科

経営学部には、経営学科と国際経営学科が存在します。両学科の学生は、経営学の深い海に潜りながら、その奥深さや魅力を学ぶ機会に恵まれています。

授業の内容はどんなもの?

専門的な経営学の授業では、ただ座って聞くだけの受け身の授業ではありません。アクティブラーニングが推進されており、ディスカッションやプレゼンテーションを通じて、経営学の多様な側面を総合的に学びます。これにより、学生たちは経営学の理論だけでなく、実践の面もしっかりと学べるのです。

企業の現場からの風

特筆すべきは、実際にビジネスの最前線で活躍するプロフェッショナルからの講義です。彼らからの話は、教科書や講義だけでは得られない現場のリアルな声を反映しています。このような生の声を聞くことで、経営学の奥深さや現実の経営を更に深く理解することができるのです。

立教大学経営学部で不満に感じていること:キャンパスの環境

都会の真ん中のキャンパス生活

私が通っていたのは、繁華街・池袋に位置する大学キャンパスです。その立地からか、キャンパスの広さが都会の制約を受けてしまい、学生たちの活動の場としてはやや手狭に感じることがありました。

昼食の激戦区!

キャンパス内には食堂がいくつか存在しますが、昼時になるとこれが大変。多くの学生たちが食事や休憩を楽しみに集まるため、席を探すのが一つの大きなミッションとなってしまいます。待ち合わせをしている友人たちと一緒に席を探すのは、まるで宝探しのようなものです。

教室はOK、でも…

建物ごとのデザインや外観は、都会の中でも一際目を引くものばかり。キャンパスには歴史が感じられるような格式のある建物が立ち並んでいます。教室に関しては十分な数が確保されているようですが、せっかくならもう少し広々とした敷地で学びたいと感じることがしばしばです。

立教大学経営学部の実際の評判 8人目

立教大学経営学部で満足していること:キャンパスの立地

便利な立地の恩恵

私がかつて通っていた大学は、アクセス抜群の池袋に位置していました。この素晴らしい立地は、振り返れば学生生活を豊かにする大きな要素だったと改めて実感します。

学生時代の活用方法と反省点

実際に在学していた時は、この立地の恩恵を十分には活かせていなかったように思います。後から思うと、もっと外のコミュニティやイベントに参加して、異なる経験を積むべきだったと反省しています。

もしタイムスリップできるなら…

時間を戻せるなら、私はちょっとした自由時間にも積極的にキャンパスを飛び出し、インターンやワークショップに参加したいと考えています。都心へのアクセスがしやすいこの大学の環境をフルに活用し、実践的な経験を増やして、自分の成長をより促進させたかったと痛感しています。

立教大学経営学部で不満に感じていること:就職について

ガイダンスの開始

3年生に進むと、学校からのサポートとして就職ガイダンスが提供されます。このガイダンスは、多くの学生に役立つ情報提供を目的として実施されています。

伝わるメッセージとのギャップ

ただ、振り返ってみると、その中のメッセージは少し古めかしい印象を持ってしまうことがありました。内容自体は多くの学生に向けての一般的なもので、安定したキャリアを追求することが強調されていました。大手企業への就職を前提としたアドバイスが目立ち、その点については少し疑問を感じていました。

現代の雇用形態との乖離

私たちの世代は、従来の終身雇用制度が当たり前とされているわけではない。そのため、学校が伝える情報も、今の時代に即したものであるべきだと感じています。大学としては、もう少し現実の雇用状況や多様なキャリアパスを強調して伝えるべきだったのではないかと思うのです。

立教大学経営学部の実際の評判 9人目

立教大学経営学部で満足していること:キャンパスの環境

無料のPC利用

キャンパス内には学生が利用できるPCが用意されており、それを無償で使えるのは大変ありがたいサービスでした。このサービスのおかげで、自分のPCを持参していなくても、リサーチや課題の作成がスムーズに進められました。

ITリソースの充実

メディアセンターを訪れると、多岐にわたるIT機器が整備されており、テクノロジーに関連する作業で困ることはほぼありませんでした。そのため、プレゼンテーションの準備や映像関連のプロジェクトも手間なく進めることができました。

快適な図書館空間

キャンパスの図書館は、デザインが洗練されており、清潔で快適な環境が提供されています。このような環境での学習は、集中力を高め、効率的な勉強時間を確保するのに役立ちました。

グループ活動のためのスペース

コモンスペースという名のラウンジエリアがあり、これはグループでの作業やディスカッションに最適な場所でした。友人やクラスメートと共同プロジェクトを進める際には、この場所が中心的な役割を果たしました。

キャンパス内の設備や環境は、私の学生生活をサポートし、より充実したものにしてくれました。

立教大学経営学部で不満に感じていること:ゼミ・研究室

ゼミの席不足

私が所属していたビジネス学科において、ゼミの席の数は学生たちのニーズを上回っていました。これにより、多くの学生が希望するゼミに参加するのが難しくなっていました。確かに、ゼミに所属できなかったからといって学生時代が失敗したわけではありませんが、選ばれるまでのプロセスはなかなか過酷だったと思います。

ゼミの雰囲気

私が入ったゼミに関しては、選抜が厳しく、それが一種のプレッシャーとして感じられました。しかし、一度入ると、意外と緩やかな雰囲気で、学業面での挑戦が少なかったのも事実です。単位取得自体は容易でしたが、それによって「本当に成長しているのだろうか?」という疑問を抱くことも少なくありませんでした。

ゼミ以外の学びの方法

ゼミは学生生活の中での一部に過ぎません。多くの学びや経験はゼミ外でも十分に得られるのです。実際、現実のビジネスや社会活動に直接触れる機会もたくさんあります。そのため、学生は「本当にこのゼミが自分にとって最適か?」と自問自答することが必要だと感じています。

結局、ゼミの選択は個人の価値観や目標によって大きく異なるので、自分のキャリアや将来のビジョンと照らし合わせて、慎重に選択することが大切だと思います。

立教大学経営学部の実際の評判 10人目

立教大学経営学部で満足していること:キャンパスの雰囲気

都会のオアシス

東京の中心地にあるにも関わらず、都会の喧騒から一歩離れたような静かで緑豊かなキャンパスは、心を落ち着かせてくれます。ビル群の間にひっそりと広がるこの学びの場は、まるで都会の中の秘密の森のようです。

季節の移ろいを楽しむ

春が深まると、歴史を感じさせる本館の壁には蔦がしっかりと絡みつき、新緑の美しさが際立ちます。そして、正門から食堂までの散策路には、ふかふかの芝生が広がり、夏の日差しを優しく受け止めてくれます。

休憩スポットの発見

キャンパス内に点在するベンチは、学生たちの憩いの場所として欠かせません。友人たちとの会話や、一人の読書時間など、それぞれが自分のリラックスタイムを過ごしています。ちょっとした休息にピッタリのスポットがたくさんあります。

古き良きと新しきの共存

歴史的な建物と、現代的なデザインの建築物がこのキャンパス内には調和して存在しています。そのため、お気に入りの場所を探すのがまた一つの楽しみとなっています。古い建物の趣と、新しい建築の機能性、両方を楽しむことができます。

このキャンパスは、学ぶ場所であると同時に、リラックスや自分の時間を楽しむための場所でもあります。

立教大学経営学部で不満に感じていること:大学の公式アプリ

通知のトラブル

学内の重要な情報や休講のお知らせを受け取るためのアプリがあるのですが、時々、通知が届かないトラブルが発生します。そのため、休講情報を見逃してしまうことも。また、アプリを起動しようとすると突然落ちてしまうことも頻繁にあります。

余計な通知の問題

アプリからは多くの情報が送られてきますが、その中にはあまり重要でないお知らせも含まれていることが多いです。さらに、同じ内容の通知が何度も繰り返し届くこともあり、利用者としては迷惑に感じてしまうことがあります。

学生の力を活かす提案

この大学にはプログラミングスキルを持つ学生がたくさんいます。彼らの力を活かして、もっと使いやすく、機能的なアプリを開発することができるのではないでしょうか。現状のアプリの問題点を解決し、より便利なものにするための提案として、学生同士でチームを組んで開発するアイディアもあるのではないでしょうか。

このアプリの改善が待たれますが、学生たちの提案や力を活かして、もっと使いやすいアプリにしていくことが期待されます。

最後に:立教大学に合格をするには?

菅澤

ここまで立教大学の評判を見てきましたが…

オニ坊

立教大学にどうしても行きたくなってきましたね。
実際に、立教大学経営学部に合格する方法はあるのでしょうか?

菅澤先生、立教大学経営学部に合格する方法を教えてください。

菅澤

分かりました、ここから先は立教大学経営学部の合格方法を解説していきます。
合格をしないと話は始まらないですからね。

それでは、立教大学経営学部に合格する方法を解説していきます。

❶立教大学経営学部から逆算された計画を作成する

菅澤

立教大学経営学部合格には、当たり前かもしれませんが「全ての勉強」が立教大学経営学部合格に繋がっていないといけません。

そうでなければ、立教大学経営学部合格とは程遠い勉強をしてしまう可能性が出てきます。

オニ坊

ということは、どうすればいいのでしょうか?

菅澤

立教大学経営学部から逆算された計画を作成し、一挙手一投足が全て「立教大学経営学部」に繋がっていないといけないのです。

実際、我々が運営をする立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSでは1日ごとに「今何をすれば立教大学経営学部合格に繋がるのか」を明確にした計画が存在しますが、それぐらいやらなければ「最短最速の立教大学経営学部合格」は叶いません。

オニ坊

分かりました。
立教大学経営学部合格のために「1日ごとに明確にしたカリキュラム・計画」を作成します!

菅澤

もし、自分で作成が難しい…うちの子が計画を作成できるとは思えない、と考えられた場合は立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSにお任せを。立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSが立教大学経営学部合格に導きます。

少しでもご興味があれば幸いです。

❷立教大学経営学部【最短最速合格】には「自学自習」しかない。

菅澤

立教大学経営学部の受験を考えている受験生で「学校や塾の授業を聞いているだけ」の受験生はいませんか?正直言うと、合格は厳しいと言わざるを得ないです。

なぜかというと「授業を聞いているだけ」では絶対に成績が上がらないからです。

オニ坊

なぜでしょうか?

菅澤

例えばですが、アナタは「誰かが自転車に乗っている様子」を見て、「自転車が乗れるようになった」という経験はありますか?多分ないと思います。

アナタが自転車に乗れるのは、「アナタが自転車に乗ったから」だと思います。
ものすごく当たり前の話ですが…。

つまり、これは勉強でも同じで「他人の説明を聞く」だけでは「出来るようにはならない」のです。
アナタが「成績を上げる」「経営学部に合格する」には、「自分で勉強をしようとしない限り」厳しいのです。

オニ坊

授業がNGなのであれば、受験生はどのように勉強をしないといけないのでしょうか?

菅澤

授業ではなく「自学自習」で立教大学経営学部に合格しましょう。
自学自習の習慣が無ければ成績が上がることもなければ、立教大学経営学部に合格することもありません。
立教大学経営学部のために「自分で勉強をする習慣」を付けるのです。

オニ坊

とはいっても、どのように自学自習をすればいいのか分かりません。

菅澤

もちろん、試行錯誤はしてほしいですが
自分で勉強ができるようになる指導、今何を自学自習をすればいいのかを立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSは「鬼管理」しますので、立教大学経営学部合格に自信がない方でも大丈夫。
少しでも立教大学経営学部に合格したい場合は、共に立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSと立教大学文学部を目指しましょう。

❸立教大学経営学部の合格レベルを「簡単」にする

オニ坊

立教大学経営学部のレベルを「簡単」にする、とはどういうことでしょうか?

菅澤

何を言っているんだ?という感じかもしれませんが、立教大学経営学部を「難しい」と思っている以上は合格もそれ相応に「難しい」と言えます。

だからこそ、立教大学経営学部を「簡単だと思えるレベル」まで「下げる」のが必要なのです。

オニ坊

その方法とは?

菅澤

結論、立教大学経営学部のレベル以上の勉強をすることです。
つまりは、1ランクの上の勉強を基準にして勉強をすることで、立教大学経営学部が相対的に簡単・普通レベルに下がります。

アナタも経験があるのではないでしょうか。
小学生低学年当時は「九九」が難しかった…。
しかし、様々な学習をすることで相対的に九九の計算は「簡単」になったはずです。
難易度は「絶対的」ではなくて「相対的」なのです。

これと立教大学経営学部の難易度は同じです。
立教大学経営学部以上の勉強をゴールにして勉強をすると、試験本番に「笑って」解けるようになります。
なぜなら、立教大学経営学部の難易度は「相対的」だからです。

実際、大学受験生の大半が「志望大学のワンランク下の大学に進学している事実」が存在しています。
これは、なぜかというと「志望大学が難しい」状況で試験本番に臨んでいるからです。

ということを考えると、逆に立教大学経営学部よりもワンランク上の学習をしてしまえば立教大学経営学部のレベルが相対的に簡単になるので、理にかなっていると言えます。

菅澤

実際、立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSでもワンランク上の学習をカリキュラムに組み込むことで「試験本番に立教大学経営学部が簡単に思える」ような計画を作成しております。

アナタのライバルである立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSの塾生が「ワンランク上の勉強をしている」訳ですので、合格を狙うのであればそのような計画を作成するのは必須です。

もちろん、計画作成が難しいというのであれば立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSがサポートをしますのでお気軽にご相談下さいね。

オニ坊

以上が立教大学経営学部合格に合格をする方法でした!
この方法を中心に、立教大学経営学部合格を狙ってください!

菅澤

「受かりたいという気持ち」が少しでもあるなら
アナタの合格を立教大学専門塾/予備校RIKYO-PASSが応援します。

気になる「立教大学第一志望の方」は下の画像をクリックしてください。
ここまでご覧いただきまして誠にありがとうございました!

オニ坊

立教大学対策方法を知りたい受験生はコチラのサイトをご覧ください。

シンゲキ株式会社 代表取締役社長
「鬼管理」をコンセプトとした「鬼管理専門塾」を運営。
大学受験・高校受験・英検指導・総合型選抜に幅広く展開しており、日本全国に受講生が存在している。

出演番組:カンニング竹山のイチバン研究所ええじゃないかBiz
CM放送:テレビ東京など全国15局に放映

この記事を書いた人

aki lamelaaki lamela