中央大学の受かりやすい穴場学部TOP3を暴露。中央大学8学部の偏差値や倍率から穴場学部を分析

始めに:中央大学の受かりやすい穴場学部TOP3を暴露

始めに:中央大学の受かりやすい穴場学部TOP3を暴露
菅澤
オニ坊

中央大学専門塾/予備校CHU-PASSアシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
「中央大学の受かりやすい穴場学部TOP3を暴露。中央大学8学部の偏差値や倍率から穴場学部を分析」というテーマで記事を書いていきます。

中央大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
中央大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

オニ坊

中央大学8学部の偏差値/共通テスト得点率を比較

中央大学8学部の偏差値/共通テスト得点率を比較

中央大学8学部の偏差値

順位学部名偏差値
第1位国際経営学部60.0
第1位国際情報学部60.0
第3位法学部57.5~62.5
第3位総合政策学部57.5
第5位商学部55.0~60.0
第6位経済学部55.0~57.5
第7位文学部52.5~57.5
第8位理工学部52.5~57.5
菅澤

中央大学は多様な学部を擁し、学生たちに幅広い選択肢を提供しています。特に新設された国際経営学部と国際情報学部は、高い人気を誇り、競争率も上昇しています。これは、これらの学部が持つ高い教育水準と、将来性のある分野へのアクセスを提供しているためです。

オニ坊

さらに、法学部は中央大学の中心的な存在であり、司法試験の高い合格率がその名声を支えています。学生たちには最適な学習環境が提供されており、司法試験に向けて集中的に学べる環境が整っています。

菅澤

一方で、総合政策学部は、国際色豊かで、多様な国籍の学生が学び、英語での授業が豊富に行われています。こうした特色は、学生たちがグローバルな視点を身につけるための素晴らしい機会を提供しています。

オニ坊

また、商学部や経済学部などのビジネス関連の学部も、実践的な教育を通じて学生たちのキャリア形成をサポートしています。これらの学部は、産業界との連携も強く、即戦力となる人材の育成に注力しています。

菅澤

文学部や理工学部も、それぞれの分野で独自の教育を展開しており、学生たちが自分の興味や将来の目標に合わせて学べる環境が整っています。ただし、これらの学部では、年度や専攻によって入学難易度にバリエーションがあるため、入学を目指す学生は模擬試験などを参考にして、自分の実力を正確に把握し、適切な準備をすることが重要です。

中央大学は、その多様な学部構成によって、幅広い分野での学習機会を提供しており、学生一人ひとりが自分の関心と目標に合わせて学べる環境が整っています。これらの学部は、それぞれが特色を持ち、学生たちに対して高い教育水準と多様な学習機会を提供しているのです。

中央大学の学科別共通テスト得点率

菅澤

中央大学の各学部・学科・専攻における共通テストの得点率は、それぞれの学部の特色や難易度を示す重要な指標です。特に、経済学部や商学部に関しては、共通テストの得点率が高い傾向にあります。これは、これらの学部が共通テストの内容にマッチしたカリキュラムを提供している可能性があることを示唆しています。

オニ坊

具体的には、経済学部や商学部では、数学や統計学などの共通テストで重要な科目に重点を置いた教育が行われている可能性があります。これは、共通テストで高得点を狙う学生にとって非常に有利な条件です。また、これらの学部は実社会との関連性が高いため、現実のビジネスシーンに即した教育内容が共通テストの出題範囲と重なることも多いのです。

そのため、共通テストを利用して入学を希望する学生にとって、経済学部や商学部は特に検討すべき選択肢です。共通テストの得点率が高いことは、これらの学部が学生に提供する教育の質や、試験への対応力が高いことを意味しています。共通テストを利用する入試を考える学生にとっては、こうした情報は重要な参考材料となるでしょう。

文学部
国文学専攻80%
英語文学文化専攻78%
ドイツ語文学文化専攻77%
フランス語文学文化専攻80%
中国言語文化専攻77%
日本史学専攻78%
東洋史学専攻76%
西洋史学西洋80%
哲学専攻80%
社会学専攻79%
社会情報学専攻78%
心理学専攻79%
学びのパスポート80%
法学部
法律学科86%
国際企業関係法学科82%
政治学科79%
総合政策学部
政策科学科80%
国際政策文化学科76%
経済学部
経済学科80%
経済情報システム学科76%
国際経済学科78%
公共・環境経済学科78%
国際経営学部
国際経営学科80%
商学部
経営学科77%
会計学科73%
国際マーケティング学科73%
金融学科78%
理工学部
数学科75%
物理学科77%
都市環境学科75%
精密機械工学科77%
電気電子情報通信工学科75%
応用化学科78%
ビジネスデータサイエンス学科78%
情報工学科77%
生命科学科82%
人間総合理工学科73%
国際情報学部
国際情報学部76%

中央大学の入試倍率を学科・試験ごとに比較

中央大学の入試倍率を学科・試験ごとに比較
法学部
学科倍率(4教科型)倍率(3教科型)
法律学科2.9倍8.2倍
国際企業関係方学科5.7倍3.4倍
政治学科1.3倍3.2倍
経済学部
学科倍率
経済学科4.5倍
経済情報システム学科4.6倍
国際経済学科5.0倍
公共・環境経済学科5.4倍
商学部
学科倍率
学科自由選択4.0倍
文学部
専攻倍率
国文学専攻3.1倍
英語文学文化専攻3.0倍
ドイツ語文学文化専攻2.6倍
フランス語文学文化専攻2.1倍
中国言語文化専攻2.0倍
日本史学専攻5.3倍
東洋史学専攻3.8倍
西洋史学先専攻2.7倍
哲学専攻3.2倍
社会学専攻1.9倍
社会情報学専攻5.7倍
教育学専攻2.9倍
心理学専攻4.2倍
総合政策学部
学科倍率
政策科学科3.6倍
国際政策文化学科2.7倍
国際経営学部
入試方式倍率
4教科型2.9倍
3教科型4.9倍
国際情報学部
学科倍率
国際情報学科3.4倍
理工学部
学科倍率
数学科2.2倍
物理学科2.4倍
都市環境学科2.9倍
精密機械工学科3.0倍
電気電子情報通信工学科3.3倍
応用化学科2.4倍
ビジネスデータサイエンス学科4.0倍
情報工学科3.9倍
生命科学科2.9倍
人間総合理工学科4.8倍

偏差値/倍率/得点率から見る中央大学の穴場学部3選

偏差値/倍率/得点率から見る中央大学の穴場学部3選
穴場学部①:理工学部
菅澤

中央大学の理工学部は、その特徴的な位置づけと入試傾向において、多くの受験生にとって魅力的な選択肢です。この学部は中央大学内で唯一の理系学部であり、偏差値が比較的低めに設定されていることが多いです。その結果、多くの学生にとって受験しやすい学部となっています。

オニ坊

2022年の時点では、この理工学部が都心キャンパスに位置していることが、学部の魅力をさらに高めています。都心に位置することにより、キャンパスへのアクセスの良さや都市部での学生生活を望む受験生にとって、理工学部は特に魅力的に映るでしょう。また、この立地により少し倍率が上がる傾向がありますが、入試の難易度は比較的平易なレベルに保たれているため、多くの受験生にとっては挑戦しやすい学部です。

菅澤

さらに、理工学部の入試は、急激な倍率の変化が少なく、出題の傾向も予想しやすいという特徴を持っています。このため、第一志望としても、併願オプションとしても、多くの受験生にとって理想的な選択肢となります。このような入試の特徴は、受験生が自信を持って挑戦できる環境を提供しています。

結局のところ、中央大学の理工学部は、その低めの偏差値、都心キャンパスの立地、そして平易な入試レベルという特徴から、多くの受験生にとってアクセスしやすく、挑戦しやすい学部となっています。これらの要素は、受験生にとって理想的な選択肢として理工学部を位置づけており、多くの学生がこの学部を目指す理由となっています。

穴場学部②:文学部
菅澤

中央大学の文学部には、多様な専攻があり、それぞれが異なる受験競争率を示しています。一部の専攻では、受験生にとって意外な「穴場」となることがあります。たとえば、東洋史学専攻、フランス語文学専攻、中国言語文化専攻は、他の専攻に比べて受験競争率が低い年度が多く、この傾向は受験生にとって有利な選択肢となり得ます。

オニ坊

一方で、社会情報学専攻、国文学専攻、ドイツ語文学文化専攻、日本史学専攻などは、倍率が高いことが多く、これらの専攻を目指す受験生はより一層の努力が求められます。これらの専攻は人気が高いため、競争が激しくなりがちです。

菅澤

さらに、心理学専攻や教育学専攻のように、就職に有利な資格を取得しやすい専攻も存在します。これらの専攻は、倍率は高くないものの、毎年安定した人気を誇っています。これは、学生たちが就職後のキャリアを見据えて、実用的なスキルや資格を身につけることができる専攻として評価しているからです。

結論として、中央大学の文学部は、専攻によって大きく異なる受験競争率を示しており、受験生は自身の興味や将来のキャリアプランに合わせて、最適な専攻を選択することが重要です。穴場とされる専攻から、倍率が高い人気専攻、さらには就職に有利な専攻まで、多様な選択肢が用意されており、学生たちは自分に合った学びの場を見つけることができるのです。

穴場学部③:経済学部
菅澤

中央大学の経済学部には、特定の学科で入学が比較的容易な傾向が見られます。例えば、国際経済学科や公共・環境経済学科では、他の学科と比べて受験倍率が低いことが多いです。これは、これらの学科が特定の分野に特化しているため、特定の関心を持つ受験生にとって魅力的な選択肢となります。

オニ坊

しかし、これらの学科に入学するには、一般入試で350点満点中223~238点程度の得点が必要です。この得点基準は、学生が経済学部での学習に必要な基本的な知識と能力を有していることを確認するためのものです。

菅澤

実際に、模試や過去問でこの得点範囲を楽にクリアできる受験生は、中央大学経済学部への合格可能性が高いと考えられます。これは、既に基本的な知識と解答能力を身につけている証拠であり、入学試験で必要とされるレベルをクリアしていることを意味します。

結論として、中央大学経済学部の特定学科は、受験倍率が低いため入学のチャンスが高いものの、一定の得点基準を満たすことが求められます。受験生がこの得点基準を満たすことができれば、入学の可能性は十分に高いと言えるでしょう。これは、受験生にとって、入学のための具体的な目標を設定し、効果的な学習計画を立てる上で重要な指標となります。

中央大学の志願者数が激減⁉定員割れしたって本当?

中央大学の志願者数が激減⁉定員割れしたって本当?
菅澤

中央大学理工学部の一部の入試形態では、定員割れが発生している状況が見られます。特に、2022年の理工学部数学科「学部別選抜(英語外部試験利用方式)」では、定員に対して出願者が少なく、定員割れが起こっていることが確認されています。このような状況は、一見すると受験生にとって有利に思えるかもしれません。

オニ坊

しかし、実際には出願した受験生全員が不合格となり、合格者がゼロの状態で試験が終了しています。このことから、中央大学が定員割れが起きたとしても、簡単に入学者を受け入れず、アドミッション・ポリシーに合致しない学生は不合格とする厳格な姿勢を取っていることがわかります。中央大学は、学生の質を重視し、中大ブランドを守るために、高い基準を満たした学生のみを受け入れています。

菅澤

同様に、理工学部物理学科でも合格者ゼロの入試が行われたことがあります。これも、中央大学が質の高い教育を提供し、その名声を維持するために、基準に満たない学生を受け入れないという方針を示しています。

このように、中央大学理工学部では、他の入試形態で定員割れが起きていないため、受験生は十分な準備と対策をすることが重要です。定員割れが起きているからといって、簡単に合格できるわけではなく、高い基準を満たす必要があります。この情報は、受験生が中央大学理工学部への入試を考える際に、十分に留意すべき重要なポイントです。

最後に:中央大学に合格をするには?

最後に:中央大学に合格をするには?
菅澤

ここまで中央大学の穴場学部について見てきましたが…。

オニ坊

1人で勉強するのが苦手、何から始めたら良いかわからないという受験生もいますよね。自分自身の希望する学部に合格するために、それ相応の対策が中央大学では必要です。

菅澤

そんな中央大学に合格するためには?
と考える受験生のために現在、中央大学専門塾/予備校CHU-PASSという塾を運営中。
もし少しでも「中央大学に合格したい」と考える受験生は共に中央大学を目指しましょう。
現状のレベルが「偏差値30~40」でも大丈夫。

「受かりたいという気持ち」が少しでもあるなら
アナタの合格を中央大学専門塾/予備校CHU-PASSが応援します。

気になる「中央大学第一志望の方」は下の画像をクリックしてください。

オニ坊

中央大学対策方法を知りたい受験生はコチラのサイトをご覧ください。

本記事監修者 菅澤 孝平

シンゲキ株式会社 代表取締役社長
「鬼管理」をコンセプトとした「鬼管理専門塾」を運営。
大学受験・高校受験・英検指導・総合型選抜に幅広く展開しており、日本全国に受講生が存在している。

出演番組:カンニング竹山のイチバン研究所ええじゃないかBiz
CM放送:テレビ東京など全国15局に放映

この記事を書いた人

Writer-kitamura