【法政大学】英語を学部ごと5つにわけて解説!入試傾向と対策を紹介します!

始めに:【法政大学】英語を徹底解説!

菅澤
オニ坊

法政大学専門塾/予備校HO-PASSアシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
「【法政大学】英語を学部ごと5つにわけて解説!入試傾向と対策を紹介します!」というテーマで記事を書いていきます。

法政大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
法政大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

オニ坊

法政大学

菅澤

法政大学は、東京の中心部に位置する市ヶ谷にキャンパスを構える大規模な教育機関です。GMARCHの一角を成すこの大学は、3万人を超える学生数を抱え、多様な教育プログラムを提供しています。

オニ坊

特に留学生の受け入れに力を入れており、国際交流の機会が豊富にあります。

また、学生自身が海外留学する割合も高く、グローバルな視野を持った教育が行われています。これにより、法政大学の学生は、学内外でさまざまな文化背景を持つ人々と交流し、国際的な視野や人間関係を深めることが可能です。

菅澤

このような環境は、学生にとって多様な視点を養う絶好の機会となります。グローバル化が進む現代社会において、異文化理解や国際交流の経験は、今後のキャリア形成において大きなアドバンテージとなるでしょう。

法政大学は、このような国際的な教育環境を提供することで、学生に広い視野と多様性を理解する能力を育てています。

法政大学のキャンパス

菅澤

法政大学は、東京都内に複数のキャンパスを持つ広範な大学です。

市ヶ谷キャンパス、多摩キャンパス、小金井キャンパスの3つの主要なキャンパスが存在し、各キャンパスには特色ある学部が配置されています。

オニ坊

市ヶ谷キャンパスには、法学部、文学部、経営学部、国際文化学部、人間環境学部、キャリアデザイン学部、デザイン工学部、そしてGIS(グローバル教養学部)が設置されています。

ここでは、法律から文学、経営学、国際文化、デザインに至るまで、多様な分野の学問が学べます。

菅澤

多摩キャンパスでは、経済学部、社会学部、現代福祉学部、スポーツ健康学部が所在しており、経済から社会学、福祉、スポーツ科学に至るまで幅広い学びが可能です。

オニ坊

小金井キャンパスには、情報科学部、理工学部、生命科学部が設置され、コンピュータ科学や機械工学、生命科学などの技術系分野を学べます。

各キャンパスの特色と設置されている学部によって、学生は自分の興味やキャリア目標に合った学びを選択することができます。法政大学はその多様性と広がりにおいて、学生に幅広い選択肢を提供する大学と言えます。

法政大学のA方式入試

菅澤

法政大学のA方式入試では、学部・学科ごとに別々の日程で入学試験を実施しています。

そのため、同一試験日では1つの学部・学科のみに出願できます。試験日が異なる場合は、同一学部であっても併願が可能です。

法政大学の英語対策

法政大学の受験英語の傾向と対策:
法学部(法律学科・政治学科)、国際文化学部(国際文化学科)、キャリアデザイン学部(キャリアデザイン学科)

法学部(法律学科・政治学科)、国際文化学部(国際文化学科)、キャリアデザイン学部(キャリアデザイン学科)

試験時間 90分
回答形式 マークシート方式
大問数 5つの大問

長文読解のみ

菅澤

約800字程度の長文読解が主要な出題形式として採用されています。この試験の特徴として、長文の前半部分では空所補充の問題が多く見られ、後半部分では文章の内容を理解して答える問題が設けられています。

オニ坊

この傾向を詳しく見ると、前半の空所補充問題では、文脈を理解し、適切な単語や表現を挿入する能力が求められます。

例えば、文中の空白部分に適した単語を選ぶ問題や、与えられた語句を正しい形に変化させて文に埋める問題などが出題されることがあります。

菅澤

一方で、後半部分の内容理解問題では、長文全体の理解を試されます。ここでは、主題や論点の把握、文章の流れを追いながら重要な情報を見つける能力が必要です。

具体的には、文章の要約や特定の情報に基づく質問への答えを求める問題が設けられます。

法政大学のA方式の英語試験は、長文読解を中心に、空所補充問題と内容理解問題の両方に対応する能力を要求します。受験生は、これらの出題傾向に対応するために、単語・文法の知識と共に、文章全体の理解を深める訓練を行う必要があります。

対策

菅澤

法政大学の英語試験における長文読解の対策として、5題程度の長めの文章が出題される傾向に対応することが重要です。

これらの文章は、文系から理系まで多様なテーマにわたっており、幅広い分野に対する読解能力が求められます。

オニ坊

試験に適したアプローチをとるためには、効率的な読解スキルが必要です。これは、長文を速く、かつ正確に理解する能力を意味します。

具体的には、文章の主旨を早い段階で把握し、重要なポイントに注目しながら読むことが求められます。たとえば、段落ごとの要点をつかむ訓練や、重要な情報をマーキングする練習が有効です。

菅澤

さらに、様々な分野の長文に触れることで、幅広い知識と読解スキルを身につけることが大切です。

例えば、科学記事、経済報告、歴史的論文など、多種多様なジャンルの長文を読む練習をすることで、様々なテーマに対応できる柔軟性を養うことができます。

これらの対策は、法政大学の英語試験における長文読解に効果的に取り組むための重要な手段です。速読と正確な理解、さまざまなジャンルの長文への慣れがキーとなります。

法政大学の受験英語の傾向と対策:
法学部(国際政治学科)、文学部(英文・地理・心理学科)、経営学部(経営戦略・市場経営)

法学部(国際政治学科)、文学部(英文・地理・心理学科)、経営学部(経営戦略・市場経営)

試験時間 90分
回答形式 マークシート方式
長文読解4つ

菅澤

法政大学のA方式入試における英語試験では、この日程では大問が4つだけ出題されます。特筆すべきは、この中に含まれる大問4が、1000語を超える非常に長い文章を読解する問題であるという点です。

オニ坊

このような超長文読解は、受験生にとって相当な挑戦を意味します。一つの長文を通して、内容の理解と詳細の把握が求められるため、高い読解力と集中力が不可欠です。

例えば、社会、政治、歴史、科学など、さまざまな分野からの長文が出題される可能性があるため、これらの分野に関する知識と読解力を身につける必要があります。

菅澤

受験生は、このような超長文に対応するために、長文を効率的に読み進めるスキルを磨く必要があります。これには、文章の主旨を迅速に把握し、重要なポイントや細部にも注意を払う訓練が求められます。

また、時間管理も重要で、長文に割く時間とその他の問題に割く時間のバランスを考慮する必要があります。

特に超長文読解に対する準備が重要です。これは、1000語を超える文章の理解が求められるため、事前に多様なジャンルの長文に触れ、読解スキルを高めることが成功の鍵となります。

対策

菅澤

文章量が非常に多いことが特徴です。このため、効果的な読解方法を身につけることが重要です。

まず、長い文章を読む際は、速読技術を駆使して内容を迅速に理解することが求められます。これには、文章の主旨や要点を素早く把握し、重要な情報を見逃さないようにする能力が必要です。例えば、段落ごとの要約やキーワードの特定などの技術が役立ちます。

オニ坊

また、試験では内容理解の問題だけでなく、下線部の意味解釈や文章中の空所補充問題も頻出します。これらの問題は、文脈を正確に読み取り、適切な単語やフレーズを選ぶ能力を試されます。そのため、事前にさまざまなタイプの問題に慣れ親しむことが有効です。

多量の文章に対応するためには、速読と正確な理解、さまざまな問題形式への対応力を養うことが重要です。これらのスキルを磨くことで、長文読解における時間の有効活用が可能となり、試験全体のパフォーマンスを高めることができます。

法政大学の受験英語の傾向と対策:
文学部(哲・日本文・史学科)、人間環境学部(人間環境学科)、経営学部(経営学科)

文学部(哲・日本文・史学科)、人間環境学部(人間環境学科)、経営学部(経営学科)

文学部(哲学・日本文学・史学科) 60分
人間環境学部(人間環境学科)、経営学部(経営学科) 90分
大問数 4つ(全て長文読解)
*文学部志望者は大問1~3を解答
経営学部または人間環境学部志望者は大問1~4まですべてに解答

対策

菅澤

法政大学の文学部におけるA方式入試では、大問数が限られていますが、試験時間は60分と設定されており、800~1000語に及ぶ比較的長い長文が出題される傾向があります。

また、法政大学の英語試験では、一部の問題文が英語で記述されていることも特徴的です。

オニ坊

このような試験形式に効果的に対応するためには、まず、長文読解のスキルを強化することが必要です。長文を効率的に読み、理解するためには、文章の構造を素早く把握し、重要な情報を見極める能力が求められます。

例えば、段落ごとの要点をまとめる練習や、キーワードを特定する訓練が有用です。

菅澤

さらに、英語で記述された問題文に慣れることも重要です。英語の問題文を理解し、適切な解答を導くためには、英語での説明や指示を正確に理解する能力が不可欠です。

そのためには、様々なタイプの英文問題に触れ、解釈力を高める練習が必要です。

さらに、英語で記述された問題文に慣れることも重要です。英語の問題文を理解し、適切な解答を導くためには、英語での説明や指示を正確に理解する能力が不可欠です。そのためには、様々なタイプの英文問題に触れ、解釈力を高める練習が必要です。

法政大学の受験英語の傾向と対策:
経済学部、社会学部、スポーツ健康学部

経済学部、社会学部、スポーツ健康学部

試験時間 90分
回答形式 マークシート方式

大問
空所補充(短文穴埋め)
長文読解(空所補充)
長文読解
長文読解

菅澤

大問1は、語群から適切な単語を選ぶ形式の適語補充問題です。このタイプの問題は、文脈に合った語彙の理解と選択を試されます。
大問2では、3パラグラフ程度の長文から文脈に沿った単語や活用を選ぶ問題が出題され、文中での単語の使用法や文法の理解が重要となります。

さらに、大問3と4では、約1000語に及ぶ超長文から内容理解を問う問題が出題されますが、ここでは基本的な読解力が対策の鍵となります。

オニ坊

大問1の適語補充問題では、与えられた語群から正しい単語を選ぶことが求められます。たとえば、与えられた文において空白部分に最も適切な語を選択することが要求され、語彙力と文脈理解の両方が試される形式です。

菅澤

大問2では、短い長文の中で単語の適切な使用法や文法の知識が重要となります。ここでは、文の流れに沿って適切な単語や活用形を選択する能力が試され、文脈の理解が重要です。

大問3と4の超長文読解問題では、長い文章を通じて文章全体の理解が求められます。この部分では、文章の主旨や詳細を把握する基本的な読解力が重要となり、文章全体の流れや要点を正確に捉える能力が必要です。

これらの大問に対応するためには、幅広い語彙の習得、文法の理解、および長文読解のスキルが不可欠です。特に、長文読解では、文章の流れや主旨を素早く理解する能力が重要となります。基本的な読解力を養い、文脈に沿った語彙の選択や文法の適用能力を高めることが、法政大学の英語試験での成功の鍵となります。

対策

菅澤

大問1において基本的な文法知識と語彙力が問われるため、ここをしっかり対策することが重要です。

例えば、参考書「Vintage」や「ネクステ」などを使って、基本文法と語彙を確実にマスターすることが推奨されます。これらの参考書は、基本的な英語の構造や多く使われる単語を網羅的にカバーしているため、大問1での正答率を高めるのに役立ちます。

オニ坊

大問2では、文脈を読み解き、文中の空所に適切な単語や活用形を選ぶ能力が求められます。ここでは、文章全体の流れを理解し、前後の文脈から最も適切な選択を行うことが鍵となります。

例えば、長文読解の練習を通じて、文章の流れや文脈に基づく語句選択のスキルを磨くことが有益です。

菅澤

大問1と2は、全体のスコアを大きく左右するため、これらの部分で確実に得点を獲得することが、試験全体の成功につながります。

したがって、これらの大問においては、効率的なアプローチを取り、時間を有効に活用することが不可欠です。特に、前半部分の空所補充問題を迅速に処理し、後半の長文読解に十分な時間を割くことが重要です。

法政大学の英語試験では、基本的な文法と語彙の徹底した習得、文脈に基づく語句選択のスキルの向上が重要となります。これにより、試験全体にわたって効率的な時間配分と得点戦略を展開することが可能となります。

法政大学の受験英語の傾向と対策:
GIS(グローバル教養学部)

GIS(グローバル教養学部)

試験時間 90分
解答形式 マークシート方式 + 記述方式
大問数 6つ
※問題文は英語
空所補充×2
長文読解×4

菅澤

すべての授業が英語で行われることから、問題形式が多様で文章量が多いことが特徴的です。この試験の特性を理解し、適切な対策を講じることが重要です。

オニ坊

大問1の空所補充問題では、通常よりも長い1パラグラフ程度の英文を読み、その中の空欄を埋める必要があります。これは、文脈理解と語彙力が重要になり、一つのパラグラフ全体の意味を正確に捉える必要があります。

具体的には、文全体の流れを理解し、キーワードや文脈に基づいて適切な語句を選択する力を養うことが求められます。

菅澤

大問2は記述問題で、パラグラフの最後の部分を自ら記述する形式です。これは読解力だけでなく、作文力も要求されるため、文章の全体的な流れを理解し、適切な文脈での作文能力を発揮する必要があります。

例えば、与えられた文章を読んで主旨をつかみ、それに合うような文を構築する練習が有効です。

オニ坊

また、大問3から6では、それぞれ1000語を超える長文の読解が出題されます。これらの長文を効率よく理解するためには、パラグラフごとに要約しながら読むことが有効です。

こうすることで、全体の流れを理解しやすくなり、重要な情報を把握することが容易になります。

一つ一つのパラグラフを深く理解し、全体の流れを把握する読解力と、与えられた文脈に基づいて適切な内容を記述する作文力が鍵となります。長文読解のスキルを磨き、文脈を正確に捉える力を養うことが、試験成功のための重要な要素です。

対策

菅澤

日常生活で英語の読解に慣れることが非常に重要です。これには、新聞や本など、さまざまな英文素材を読む習慣を身につけることが推奨されます。
日常的に英文に触れることで、速読力が向上し、試験時に長文を迅速に読み解く能力が身につきます。

これは、法政大学の試験に限らず、他の大学の英語試験においても有効な対策となります。速読力が向上すると、長文読解における時間管理が容易になり、余裕を持って問題に取り組むことが可能になります。

オニ坊

また、記述式問題では、与えられた英文に基づいて簡潔ながらも適切な英文を作成する能力が求められます。

このタイプの問題では、独特のアプローチが必要とされ、単に長文を理解するだけでなく、文脈に合わせた適切な文の構築が重要です。このため、過去問を用いて実践的な練習を行い、このタイプの問題に慣れることが大切です。

菅澤

実際に、過去問を解く際には、与えられた英文の内容を正確に理解し、それに基づいて適切な文を作成する練習を行います。これにより、記述式問題への適応力を高めることができます。

また、新聞や本などの様々な英文素材を読むことで、幅広いトピックに対する理解力を養うことができます。こうした日常的な読解練習は、速読力だけでなく、英文の内容理解や適切な表現力の向上にも寄与します。

新聞や本などを用いた日常的な読解練習に加えて、過去問を使った実践的な練習が推奨されます。これにより、試験における速読力の向上と記述式問題への適応力を同時に高めることが可能になります。

最後に:法政大学に合格をするには?

最後に:法政大学に合格をするには?
菅澤

ここまで法政大学の入試英語について見てきましたが…。

オニ坊

1人で勉強するのが苦手、何から始めたら良いかわからないという受験生もいますよね。自分自身の希望する学部に合格するために、それ相応の対策が法政大学では必要です。

菅澤

そんな法政大学に合格するためには?
と考える受験生のために現在、法政大学専門塾/予備校HO-PASSという塾を運営中。
もし少しでも「法政大学に合格したい」と考える受験生は共に法政大学を目指しましょう。
現状のレベルが「偏差値30~40」でも大丈夫。

「受かりたいという気持ち」が少しでもあるなら
アナタの合格を法政大学専門塾/予備校HO-PASSが応援します。

気になる「法政大学第一志望の方」は下の画像をクリックしてください。

オニ坊

法政大学対策方法を知りたい受験生はコチラのサイトをご覧ください。

シンゲキ株式会社 代表取締役社長
「鬼管理」をコンセプトとした「鬼管理専門塾」を運営。
大学受験・高校受験・英検指導・総合型選抜に幅広く展開しており、日本全国に受講生が存在している。

出演番組:カンニング竹山のイチバン研究所ええじゃないかBiz
CM放送:テレビ東京など全国15局に放映

この記事を書いた人

Writer_kaneko