【明治大学政治経済学部】日本史対策|対策と参考書5冊を紹介します!

始めに:【明治大学政治経済学部】日本史対策

オニ坊

明治大学専門塾【鬼管理明治大学塾】アシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
「【明治大学政治経済学部】日本史対策|対策と参考書5冊を紹介します!」
というテーマで記事を書いていきます。

明治大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
明治大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

【明治大学政治経済学部】日本史

入試難易度: 4.0

入試情報:配点100点 時間60分

菅澤

時代を問わず多岐にわたる範囲から問題が選ばれるため、受験生は各時代について均等に学習を進めることが求められます。

政治や経済史が主な焦点であることが多いものの、外交や文化の側面からの問題も珍しくありません。試験は概ね40問程度で構成され、特に注目すべきは第一の大問です。この部分では、多くの場合、未見の史料が提示され、それに基づいた論述問題が出題されます。

オニ坊

これらの史料問題は、史料に精通していなければ知識だけで解答するのは難しいとされています。また、論述問題は以前は40文字程度の解答が一般的でしたが、最近ではやや長めの解答を要求する傾向にあります。

この試験は教科書の内容を超えた知識を要する場合も少なくなく、詳細な参考書の学習などを通じて深い理解を得なければ高得点を目指すことは困難です。

菅澤

このような試験形式は、学生に幅広い時代の歴史に対する理解を求めるとともに、特定の史料に関する深い知識と解釈能力を試しています。

例えば、ある史料が明治時代の社会変動に関連している場合、その史料から読み取れる情報を基に、当時の政治的、社会経済的背景について論じることが求められるかもしれません。
この場合、史料の提示する事実だけでなく、それがどのように当時の日本社会に影響を与えたかを理解し、論述する必要があります。これには、単に教科書レベルの知識を超えた、さらに詳細な学習が必要となります。

試験の特徴を理解し、それに適切に対応するためには、広範な時代にわたる知識を均等に身につけることが不可欠です。また、未知の史料に対する分析能力や、より複雑で詳細な論述を求められる傾向にも対応するためには、教科書を超えた参考書や資料に基づいた学習が重要となります。これにより、受験生は試験で高得点を獲得するために必要な深い理解と分析能力を身につけることができます。

【明治大学政治経済学部】日本史の対策

【明治大学政治経済学部】日本史の対策①
論述問題では、基本用語の習得から始め史料を読み込んでいく

菅澤

明治大学政治経済学部での日本史試験における論述問題へのアプローチについては、初歩的なステップから始めるべきです。特に、重要な用語や概念の習得が基礎を形成します。

この学部の試験では、史料を基にした問題が頻繁に出されるため、各歴史的事象の背景や結果、そしてそれらがどのように相互に関連しているかを理解しておくことが不可欠です。この理解を深めるためには、論述問題に特化した参考書を使用した学習や、実際に論述を書いてみる練習が推奨されます。論述力を養う上で、教員や専門家による添削や指導を受けることが理想的です。

オニ坊

この試験対策の重要性は、史料に基づいた問題への対応能力を養うことにあります。

例えば、ある時代の政治変動に関連する史料が出題された場合、その史料が示す時代背景や政治的意義を解析し、その影響を論じる必要があります。このプロセスでは、用語の正確な理解だけでなく、それらが歴史の大きな流れの中でどのように機能しているかを説明する能力が求められます。

従って、論述問題に対する準備として、用語の暗記を超えた、深い理解と分析、そしてそれを明確に表現する能力の養成が必要になります。

明治大学政治経済学部の日本史論述問題に効果的に対策するには、まずは基本用語の習得から始め、それをもとに史料の深い理解へと進むことが重要です。そして、その知識を用いて論述を構築する練習を重ね、可能であれば専門家のフィードバックを得ることで、論述力を高めることができます。このアプローチにより、史料に基づく問題に対する深い理解と、それを効果的に論述する能力を身につけることができるでしょう。

【明治大学政治経済学部】日本史の対策②
史料問題対策は、まず史料関連の問題集などに取り組む

菅澤

効果的な史料問題対策のためには、まず、史料関連の書籍や問題集に取り組むことが欠かせません。これにより、史料におけるキーポイントを把握し、重要な情報を記憶することが可能となります。

特に、異なる大学や学部への受験を検討している人にとっては、この方法が特に有効です。しかし、明治大学政治経済学部を志望している場合、史料の時代背景やそれが指し示す事件との関連性を理解し、それらをどう読み解くかがさらに重要になります。

オニ坊

明治大学政治経済学部においては、史料問題がほぼ初見のもので構成されていることが一般的です。したがって、未知の史料に遭遇した際に、それがどの時代に属し、何について言及しているのかを迅速に判断する能力が不可欠です。

これを実現するためには、広範な時代背景や事件に関する知識が求められ、その上で適切な論述を展開することが期待されます。特に大問1のような難易度の高い問題を解くことができれば、試験での優位性を確保することができます。

菅澤

このアプローチの根底にあるのは、史料問題に対する深い理解と分析能力の養成です。例えば、特定の政治変動を扱った史料を分析する際には、その史料が提示する情報を時代背景や関連する事件と照らし合わせ、その意義を解き明かす必要があります。

この過程では、史料の読み取りだけでなく、それを論理的に結びつけ、論述として表現する能力が試されます。従って、史料問題への対策としては、単に情報を覚えることを超え、史料を深く理解し、それをもとにした論述能力を高めることが求められます。

オニ坊

具体的な例として、近代日本の開国や明治維新に関連する史料が出題された場合、その史料がどのような背景を持ち、どのような意味合いを持つのかを理解しているかが問われます。

このような史料を読み解く能力は、教科書や資料集での学習、そして問題集を通じた実践練習によって養われます。

明治大学政治経済学部の史料問題に対する有効な対策は、史料集や参考書による学習を基礎とし、史料の深い読み解きと分析能力の養成に重点を置くことです。このような準備を通じて、初見の史料に対しても迅速かつ正確に対応できる能力を身につけ、試験での成功に繋げることが可能となります。

【明治大学政治経済学部】日本史のおすすめ参考書5冊

菅澤

おすすめの参考書を偏差値別に紹介します。

偏差値40程度

日本史のおすすめ参考書①高校とってもやさしい日本史

高校とってもやさしい日本史

菅澤

日本史に苦手意識を持っている人、特に偏差値が50以下で授業の内容がなかなか頭に入らない人に対して、特定の日本史の参考書が非常に役立ちます。

この参考書は、各時代の概要を簡潔にまとめたセクションから始まり、読者がその時代の全体像を掴むことができるようになっています。続いて、穴埋め式の問題を通じて詳細な解説が展開されるため、学習者は能動的に知識を吸収することができます。
さらに、確認問題や地図・図表を使用したセクションもあり、これらは日本史の学習において視覚的な資料がどれほど重要かを理解するのに役立ちます。

オニ坊

このような参考書の利用は、日本史の学習に苦労している人にとって、複数の面でメリットがあります。まず、各時代のまとめから始めることで、大きな歴史的流れを捉えることが容易になります。この全体像の理解は、細部にわたる事象や人物、年代を学ぶ際の基盤となります。

次に、穴埋め式の問題は、学習者が自ら情報を再構築する過程を経験することを可能にし、これによって記憶の定着を促進します。また、地図や図表を用いることで、地理的な位置関係や時代ごとの重要な出来事を視覚的に理解することができ、これが記憶に長く残りやすくなります。

菅澤

具体的には、例えば江戸時代の初期について学ぶ際に、大名や幕府の政治構造、文化の発展など、様々な側面を網羅的に学ぶことができます。この時、穴埋め問題を解きながら、江戸時代の政治システムや文化的特徴についての理解が深まります。

さらに、当時の日本地図を見ることで、大名の領土分布や主要な交通路など、地理的な側面からもその時代を理解することができます。

日本史に苦手意識を持つ人、特に基礎的な理解が難しいと感じている人にとって、このような構造を持つ参考書は、歴史の全体像を掴むための非常に効果的なツールです。各時代の概要を簡潔にまとめ、穴埋め問題を通じた詳細な解説、そして確認問題や地図・図表を用いることで、日本史の複雑な流れを段階的に理解することができます。これは、日本史をより深く、かつ効率的に学ぶ上で非常に有益なアプローチと言えるでしょう。

高校とってもやさしい日本史の使い方

菅澤

学習初期においては、参考書を徹底的に暗記しようとするよりも、大まかに内容を把握し、理解を深めていくアプローチを推奨します。この段階では、穴埋め問題が完璧に解けなくても構いません。

解答が分からない場合は迅速に答え合わせをし、記憶に残るよう努めることが重要です。勉強を始めたばかりの時期には、学んだ内容を忘れがちになるかもしれませんが、それに挫けずに学習を継続することが大切です。
繰り返し学習することにより、徐々に知識が身につき、最初は理解できなかった部分も「あ、これは以前見た内容だ」と思い出せるようになります。

オニ坊

この学習法の背景には、新しい知識を習得する過程での心理的負担を軽減し、学習効率を高める狙いがあります。具体的には、歴史の大きな流れや重要な出来事をざっくりと理解することが、細かい事実や年代を覚える前の重要なステップとなります。

たとえば、江戸時代の社会構造や文化について初めて学ぶ場合、全ての詳細を即座に覚えるのは困難ですが、大名や武士、農民などの身分制度の概要を理解することから始めることで、徐々に具体的な事例や文化的な背景についても理解が深まっていきます。

菅澤

繰り返し読むことで、当初は覚えることができなかった情報も、次第に「あ、これは覚えている」というレベルまで到達します。

例えば、特定の歴史的事件や人物に関する初見の情報は、最初は記憶に残りにくいものですが、何度か読み返すことで、徐々に詳細が記憶に定着し、「以前に学んだことがある」という認識につながります。

歴史学習においては、厳密な暗記よりも内容の大まかな理解と、繰り返しを通じた徐々の記憶定着を目指す方法が有効です。このアプローチにより、学習者は知識を無理なく、かつ効果的に身につけることが可能となり、最終的には自信を持って「あ、これは知っている」と思えるレベルに達することができます。

偏差値40~55程度

日本史のおすすめ参考書②金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

菅澤

三部作で構成されており、日本史の広範囲を網羅しています。

第一巻は日本の原始から古代を扱い、第二巻では中世から近世にかけての歴史を解説し、最後の第三巻は近代から現代に至るまでをカバーしています。各巻は、概説から始まり、その後に理解を深めるための確認テスト、さらには入試レベルの問題に挑戦する構造となっています。

オニ坊

確認問題は「なぜ」ある出来事が起こったのかという原因から「結果」を導き出す形式を取っており、単に歴史上の用語や事象を記憶するのではなく、それらがどのように繋がり、影響し合っているかの流れや因果関係を理解することを目的としています。

このため、各用語について極めて詳細な説明がなされているわけではありませんが、歴史の大きな流れを捉える上での重点的な記述がなされています。

菅澤

この教材のもう一つの大きな特徴は、付属のCDによるサポートがある点です。CDには、教材の内容が要約され、朗読された音声が収められており、学習者はこれを利用することで視覚だけでなく聴覚を通じても情報を吸収することができます。

特に復習の際には、読むだけではなく聞くことで記憶の定着を促進させる効果が期待できます。

オニ坊

このように、教材は単なる事実の羅列に留まらず、歴史の流れを理解し、その背後にある因果関係を把握することに重きを置いて構成されています。

例えば、幕末期の日本が開国に至った背景とその後の明治維新への影響を学ぶ際には、ただ事件名や年代を覚えるのではなく、その時代の国際情勢や内政の変化といった背景を含め、どのような因果関係があったのかを理解することが重要です。付属のCDを活用することで、こうした内容をより深く、かつ柔軟に理解することが可能になります。

歴史を学ぶ上での理解を深めるための有効なツールです。事象の背後にある原因と結果を理解すること、そして視覚的な学習に加えて聴覚からの情報も取り入れることで、歴史の知識をより豊かに、かつ長期的に記憶に留めることができます。そのため、歴史の大きな流れを捉え、因果関係を理解することに重点を置いたこの教材は、学習者にとって非常に価値のあるリソースと言えるでしょう。

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本の使い方

菅澤

日々の学習計画において、毎日一章ずつ教材を進める方法は、学習の継続性と効率性を高めるために非常に有効です。

このアプローチでは、用語や人物名など、初めて接する情報が多く含まれることが予想されます。これらの新しい情報に対して馴染みがない場合は、より基礎的な内容を扱った参考書で知識の土台を固めることが推奨されます。

オニ坊

毎日の章読みは、既に持っている知識と新たに学ぶ情報との間のつながりを見出し、歴史的な出来事や人物間の因果関係を理解することに挑戦する良い機会を提供します。

不明な用語が出てきた場合には、それを学び、記憶することが重要であり、このプロセスは知識の深化に寄与します。

菅澤

この学習法の背後には、定期的かつ段階的に学習内容を進めることで、複雑な歴史的情報や概念を徐々に理解し、内面化することができるという考えがあります。例えば、日本史の織田信長の時代を学ぶ際、最初は多くの人物名や用語が出てきて理解が追いつかないかもしれません。

しかし、基礎的な参考書で事前に織田信長の背景や関連する歴史的出来事について学んでおくことで、一章を読み進める際に、信長がどのように天下統一に向けて動いたのか、その動きが当時の社会や他の武将とどのような因果関係にあったのかを理解することが容易になります。

オニ坊

このプロセスを繰り返すことで、初めは全く新しい情報であった用語や人物名も徐々に覚え、それらの歴史的な背景や相互関係を自然と把握できるようになります。

たとえば、毎日の読書で戦国時代の様々な大名や戦いについて学ぶことで、その時代の政治的・社会的な流れや、文化的な発展を理解することができるようになります。

毎日一章ずつ学習を進める方法は、歴史学習において深い理解と知識の拡張を促します。新しい情報に対する初期の戸惑いを乗り越え、基礎から応用までの知識を段階的に構築することで、複雑な歴史の流れや人物間の因果関係を自然と理解できるようになります。この学習戦略は、効果的な歴史の学び方を提供し、学習者が歴史に対する豊かな理解を築くのに役立ちます。

日本史のおすすめ参考書③時代と流れで覚える!日本史B用語

時代と流れで覚える!日本史B用語

菅澤

この参考書は、左側のページで各トピックについての要点が図表を用いて整理されており、右側のページでは穴埋め問題を通じて学んだ内容の確認ができるように設計されています。特に、左ページには理解を助けるための図表や、場合によっては地図も提供されているため、単に用語を暗記するだけでなく、その背景や意味も同時に学ぶことができます。

オニ坊

この学習方法は、用語や歴史的事象の単純な記憶を超えて、その背後にある文脈や意味を理解することを目指しています。たとえば、戦国時代の大名に関する学習では、左ページの図表で主要な大名の関係や領土を一目で理解できるようになっており、右ページの穴埋め問題を解くことで、それら大名の名前や重要な戦いについての記憶を確認することができます。

さらに、地図が用いられることで、各大名がどの地域を支配していたか、戦いがどこで行われたかという地理的な理解も深まります。

菅澤

このようにして、学習者は用語や事象だけでなく、それらがどのように関連しているか、どのような影響を及ぼしたかという因果関係や背景も一緒に学ぶことができます。

例えば、江戸時代の社会制度に関して学ぶ場合、左ページの表で身分制度の概要を把握し、右ページの穴埋め問題を解くことで、それぞれの身分が持っていた役割や権利、制限を具体的に理解することができます。

用語や事象の単純な暗記を超えて、歴史的背景や文脈の理解を深めることを目的としています。図表や地図を用いた視覚的な情報と、穴埋め問題を通じた能動的な学習を組み合わせることで、日本史の複雑な流れや因果関係をより効果的に、かつ網羅的に学ぶことが可能になります。この学習方法は、特に基礎知識の定着に苦労している人や、より深い理解を目指す学習者にとって、非常に有益なアプローチと言えるでしょう。

『時代と流れで覚える!日本史B用語』を使うタイミング

菅澤

学習の進行において、『石川晶康の日本史B講義実況中継』を一度完了させた後に、「時代と流れで覚える!日本史B用語」の参考書を取り入れるのが最適なタイミングです。

初めに「石川晶康の日本史B講義実況中継」で全体的な内容と概念を学んだ後、二回目以降の読み返しの際に「時代と流れで覚える!日本史B用語」を使って、学んだ用語や概念を再確認する方法は、日本史の重要用語や概念を効率的に、かつ確実に身につけるのに役立ちます。
特に、「石川晶康の日本史B講義実況中継」のみを使った学習では、覚えたと思っていても実際には記憶に定着していないことが多いため、この二つの教材を組み合わせることで、学習効果を高めることが可能です。

オニ坊

この学習法の効果は、特に早稲田や慶應義塾大学などの偏差値60前後の難関大学を目指している受験生にとって顕著です。入試までの期間が限られている中で、このように効率的な学習法を取り入れることにより、短期間での成績の向上が見込めます。

たとえば、特定の歴史的事件や人物に関連する用語を、「石川晶康の日本史B講義実況中継」で初めて学んだ後に、「時代と流れで覚える!日本史B用語」で再度確認することで、その用語の意味や背景をより深く理解し、長期記憶に移行させることができます。

「時代と流れで覚える!日本史B用語」を、「石川晶康の日本史B講義実況中継」を一度読み終えた後に利用することは、日本史の学習において用語や概念を効率的にかつ確実に理解し、記憶するための最適な方法です。この学習法は、特に時間が限られている中で最大限の学習成果を上げたい受験生にとって、非常に有効なアプローチと言えるでしょう。

偏差値55~65程度

日本史のおすすめ参考書④石川の日本史実況中継

石川の日本史実況中継

菅澤

日本史の概念や出来事を会話形式で解説している参考書は、その分野における高度な理解を求める学習者にとって非常に有用です。この種の教材は、特に実況中継シリーズに見られるように、学習内容を対話や語り口の形式で提示することで、歴史の流れや重要な因果関係を視覚的にも理解しやすくしています。

ただし、日本史の勉強がこれまで一切ない初学者にとっては、このレベルの教材を最初から用いることはかなりの挑戦となります。

オニ坊

この教材を活用する主な理由は、早稲田大学や慶應義塾大学といった高偏差値大学の入試に対応するための深い知識と理解が必要だからです。

話し言葉を用いた説明は、歴史の複雑な因果関係をより直感的に、そして覚えやすくすることができるため、難易度の高い入試問題にも対応可能な知識の構築を支援します。

菅澤

例えば、早慶の入試でよく見られる難解な正誤問題に対処するためには、単に事実を覚えるだけでなく、それらがどのように関連し合っているかの理解が不可欠です。この参考書は、日本史の様々な時代や出来事を繋げる糸として因果関係を強調し、それを話し言葉で表現することにより、学習者が複雑な歴史的背景や事件のつながりを自然に理解できるようにします。

たとえば、江戸時代末期の国内情勢の変化と、それが明治維新へとどのように繋がったかを理解することは、多くの入試問題で求められる能力です。

高度な理解と分析能力を求める早慶レベルの入試に対応するために極めて有効です。話し言葉を通じて歴史の因果関係を明確に理解できるようにすることで、学習者は難易度の高い問題にも適切に対応できるようになります。したがって、このレベルの教材を目指し、適切な準備を行うことが、難関大学の入試成功に向けた重要なステップとなるでしょう。

石川の日本史実況中継の使い方

菅澤

参考書の第一巻の序章では、学習者に対して「全てを完璧に覚えようとするのではなく、最初に100の情報を学び、そのうち20を忘れても、残りの80を保持することができれば成功につながる」というアプローチを推奨しています。

この学習法は、一度に全てを理解しようとするのではなく、段階的に知識を積み上げていくことの重要性を強調しています。最初の読み通しでは、各時代の全体像や重要な出来事のイメージを掴むことを目標に設定し、その後の読み返しでは、具体的な用語や事象の詳細な記憶に焦点を当てることが勧められています。

オニ坊

この学習戦略の背後にある理念は、情報の過負荷を避けつつも、重要な知識の継続的な強化を通じて、徐々に理解を深めていくというものです。
例えば、日本史の学習において、最初に古代から現代までの歴史の流れをざっくりと把握した後、次のステップとして特定の人物や事件に関連する用語や漢字を重点的に覚えていくことが有効です。

特に、難解な漢字や専門用語については、繰り返し練習することで記憶に定着しやすくなりますが、初回の学習で全てを覚えようとする必要はありません。

菅澤

この学習プロセスを通じて、学習者は第二回、第三回の読み返しを経るごとに、以前に比べてより多くの情報を覚え、理解していることに気付くでしょう。

たとえば、戦国時代の主要な武将や、明治維新に至る社会的背景など、初めは曖昧だった知識が、繰り返し学習することで明確かつ具体的なものに変わっていきます。

「全てを一度に覚える」ことを目指すのではなく、「段階的に理解を深めていく」ことが重要です。最初は大枠を把握し、その後で細部にわたる知識を徐々に追加していくことで、効率的かつ効果的に学習内容を身につけることができます。このアプローチは、学習者が持続的に知識を積み重ね、最終的には高い理解度と記憶の定着を達成するための確かな方法と言えるでしょう。

日本史のおすすめ参考書⑤HISTORIA日本史精選問題集

HISTORIA日本史精選問題集

菅澤

現行の入試形式に合わせて精密に構成されており、実際の入試で出題された問題に加え、新しいカリキュラムに適応するためのオリジナル問題も含まれています。

解説は細かく丁寧に行われており、各大学の難易度別に問題が分類されているため、受験生は自身が目指す大学レベルに応じて学習範囲を選択しやすくなっています。

オニ坊

例えば、早稲田大学や慶應義塾大学などの最難関大学を目指す受験生は、より高度な問題に挑戦することが推奨され、GMARCHなどの難関大学を目指す受験生は、それに適したレベルの問題に焦点を当てることができます。

さらに、史料問題に対する対策も可能で、重要な資料が多数問題文中に含まれていますが、史料に関してはこの問題集だけではカバーしきれないため、補足的な学習資料を利用する必要があります。

菅澤

このような構成は、受験生が自らの学習目標に応じて効率的に学習を進めるための指針を提供します。

具体的には、江戸時代の政治システムに関する深い理解を求める問題や、現代社会における日本の国際関係に関する複雑な問題など、様々な難易度の問題が収録されており、これらを通じて受験生は実力を着実に向上させることができます。

オニ坊

特に、解説部分では、なぜその答えが正しいのか、また間違った選択肢を選んでしまう典型的な誤解は何かについても詳細に説明されており、受験生は自身の理解度を深めるとともに、考え方を修正する機会を得ることができます。

早慶レベルを含む難関大学を目指す受験生が、限られた時間の中で最大限の学習成果を上げるための重要なツールです。ただし、その高い難易度と充実した内容を最大限に活用するためには、受験生が自己の学習スタイルに適した使い方を見つけ、必要に応じて史料学習のための追加資料を用いることが求められます。このアプローチにより、受験生は自身の目標達成に向けて、より一層の努力を重ねることができるでしょう。

HISTORIA日本史精選問題集の使い方

菅澤

まずは問題に取り組むことが推奨されます。しかし、それに先立って、「石川晶康の日本史B講義の実況中継」のような資料を利用して基礎知識を身につけることが重要です。

学習プロセスは「解説の読み込み→記憶→確認」のサイクルで構成され、問題集を用いることで学んだ知識の確認を行います。問題集に初めて挑戦した際に予想以上に解けない問題があっても焦る必要はありません。

オニ坊

重要なのは、自分がどの範囲を理解していないのかを明確にし、難易度の高い問題集を選択することで、知識のギャップを埋めていくことです。

ただし、問題集での正解率が極端に低い場合や、簡単な問題も解けない状況であれば、再度基礎からの学習に戻るか、より易しい問題集への変更が必要です。

菅澤

特に史料問題では、問題集に含まれる史料だけでなく、未知の史料に出会った際は史料集を参照して確認することが推奨されます。

早稲田大学や慶應義塾大学などの上位校受験を目指す場合は、史料の概観だけでなく、内容の深い理解も求められます。また、用語の確認や文化史に関連する写真の学習も重要で、基本的な知識が欠けていると入試で不利になる可能性があるため、事前にしっかりと覚えておくことが大切です。

オニ坊

解説の詳細さが問題集の選択において重要な要素となりますが、解説を読むだけで時間を費やし過ぎないよう注意が必要です。最初に問題集を使う際は、解ける問題を増やすことに集中し、さらに高度な内容は二回目や三回目の学習で取り組むことが良いでしょう。

学習の進め方としては、初回で30%の問題が解ければ良く、二回目で60%、三回目で80%が目安です。日本史学習は繰り返しを通じて徐々に知識を広げていくことが鍵となります。

初めに基礎知識の確認を行い、その後、段階的に理解を深めることが効果的です。最初から完璧を目指すのではなく、繰り返し学習を通じて徐々に知識を拡大していくことが、日本史の学習における成功への道です。このアプローチは、学習者が自分に適したペースで学習を進め、より深い理解と記憶の定着を実現するための有効な戦略と言えるでしょう。

最後に:明治大学に合格をするには?

最後に:明治大学に合格をするには?
菅澤

ここまで明治大学政治経済学部の日本史対策について見てきましたが…。

オニ坊

明治大学にどうしても行きたくなってきましたね。
でも願っていれば明治大学に合格できるわけではありません。

1人で勉強するのが苦手、何から始めたら良いかわからないという受験生もいますよね。自分自身の希望する学部に合格するために、それ相応の対策が明治大学では必要です。

菅澤

そんな明治大学に合格するためには?
と考える受験生のために現在、明治大学専門塾【鬼管理明治大学塾】という塾を運営中。
もし少しでも「明治大学に合格したい」と考える受験生は共に明治大学を目指しましょう。
現状のレベルが「偏差値30~40」でも大丈夫。

「受かりたいという気持ち」が少しでもあるなら
アナタの合格を明治大学専門塾【鬼管理明治大学塾】が応援します。

気になる「明治大学第一志望の方」は下の画像をクリックしてください。

オニ坊

明治大学対策方法を知りたい受験生はコチラのサイトをご覧ください。

本記事監修者 菅澤 孝平

シンゲキ株式会社 代表取締役社長
「鬼管理」をコンセプトとした「鬼管理専門塾」を運営。
大学受験・高校受験・英検指導・総合型選抜に幅広く展開しており、日本全国に受講生が存在している。

出演番組:カンニング竹山のイチバン研究所ええじゃないかBiz
CM放送:テレビ東京など全国15局に放映

この記事を書いた人

Writer_kaneko