【明治大学政治経済学部】日本史対策|対策と参考書6冊を紹介します!

始めに:【明治大学政治経済学部】日本史対策

オニ坊

明治大学専門塾【鬼管理明治大学塾】アシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
「【明治大学政治経済学部】日本史対策|対策と参考書6冊を紹介します!」
というテーマで記事を書いていきます。

明治大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
明治大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

【明治大学政治経済学部】入試情報

菅澤

明治大学政治経済学部では、英語を利用した受験が可能です。

受験生は、単に明治大学の出題傾向を把握するだけではなく、政治経済学部特有の試験の流れや各科目の独自性にも注目し、徹底した準備を心がけるべきです。

オニ坊

まずは、明治大学政治経済学部の受験に関する基本情報をご説明します。 受験の全体像を把握し、具体的な準備計画を立てるための情報を提供します。

【明治大学政治経済学部】入試方式と科目

菅澤

明治大学政治経済学部への入学を目指すには、大学入学共通テスト利用選抜または学部独自の選抜試験を通過することが必須です。

以下で、各受験形態における科目及びその配点について詳しく解説しますので、ご確認ください。

大学入学共通テスト利用入学試験

大学入学共通テスト利用入学試験

菅澤

大学入学共通テストでは、受験生は3科目制と7科目制のどちらかを選ぶことができます。3科目制を選ぶ場合、以下の科目が受験対象となります。

  • 国語(200点満点)
  • 外国語(300点満点)
  • 地理歴史、数学、理科の中から1科目を選択(200点満点)

一方、7科目制を選択する場合の受験科目は以下のようになります。

  • 国語(200点)
  • 外国語(200点)
  • 数学ⅠA(100点)
  • 数学ⅡB(100点)
  • 理科の中から1科目を選択(100点)
  • 地理歴史または公民の中から2科目を選択(各100点)
オニ坊

受験方式に関わらず、国語と外国語は必須科目として受験する必要があります。選択科目に関しては、受験生の得意な分野や進学希望先の要件に応じて選ぶことが推奨されます。

学部別入学試験

学部別入学試験

菅澤

大学の学部専門試験において、受験者は以下の3つの科目から成る試験に挑みます。

  • 外国語(150点)
  • 国語(100点)
  • 地理歴史または公民、数学の中から1科目選択(100点)
オニ坊

この選考方法では、特に外国語に高い配点が設定されていることから、外国語重視の評価が行われることが明らかです。

【明治大学政治経済学部】偏差値

菅澤

明治大学の政治経済学部では、各学科によって入学難易度にわずかな差が見られます。

・政治経済学科62.5
・経済学科60.0
・地域行政学科60.0

菅澤

明治大学内の他の学部と比較して、政治経済学部がやや高い偏差値の傾向にあります。

【明治大学政治経済学部】入試の倍率

菅澤

治大学政治経済学部への入学競争率は、選択される入試制度によって変動します。

具体的には、大学入学共通テストを用いた入試では、競争率が1.9から6.6の範囲で比較的高くなる傾向にあります。これに対して、学部独自の選抜試験を受ける場合の競争率は、3.2から3.4とやや低めです。

オニ坊

これらの数値は、年度ごとに変動するため、受験生は予備試験や模擬試験の結果を参考にしながら、安定した合格力を築いていくことが勧められます。

【明治大学政治経済学部】日本史の概要と特徴

菅澤

明治大学政治経済学部の日本史試験では、試験時間として設定されている60分の間に、複数形式の問題に答えることが求められます。

特に、大学入学共通テストでは選択肢をマークする形式が採用されていますが、政治経済学部独自の入学試験では、記述式の問題も含まれる点が特徴的です。試験では通常、4つの大問が出題され、その中には記述式の回答を要求される問題が少なくとも1つ含まれることが一般的です。

【明治大学政治経済学部】日本史の配点

菅澤

明治大学政治経済学部での日本史試験の得点配分は、受験する入学試験の形態によって異なる設定がされています。

具体的には、大学入学共通テストを利用する入試方式では、受験生が選択する科目の組み合わせにより、日本史の配点が変動します。
3科目方式を選択した場合、日本史は200点満点で計算されるのに対し、7科目方式を選択した場合は100点満点となります。一方、明治大学政治経済学部独自の入学試験では、日本史の配点は一律100点と設定されています。

オニ坊

この配点の設定は、英語や国語など他の科目と比較しても、日本史が試験全体において占める重要性を示しています。

英語や国語の配点が比較的高く設定されていることから、受験生はこれらの科目に対する対策を優先しがちですが、日本史の得点もまた合格に大きく影響するため、適切な学習計画と対策が必要です。

菅澤

効果的な日本史の学習方法としては、まず、教科書や参考書を用いて基本的な歴史知識を網羅的に学習することが基本です。

加えて、過去の入試問題に取り組むことで、試験の傾向と対策を理解し、時間配分や問題へのアプローチ方法を習得することが推奨されます。また、日本史の重要テーマや出来事に関連する追加資料を読み、深い理解を目指すことも有効です。

明治大学政治経済学部の日本史試験で高得点を目指すためには、入学試験の形態に応じた配点を理解し、日本史の学習に適切な時間と労力を割くことが重要です。英語や国語の学習も重要ですが、日本史に対する充分な対策を行うことで、合格への道をより確実なものにすることができるでしょう。このようなアプローチを通じて、受験生は試験の全科目にわたってバランスよく得点を積み重ねることが可能になります。

【明治大学政治経済学部】日本史の難易度

菅澤

明治大学政治経済学部で要求される日本史の試験では、基礎知識の範囲は広くないにもかかわらず、試験の難易度は高めに設定されています。この高い難易度は、主に教科書や一般的な資料集ではカバーされていない、未知の史料を読解し分析する問題が含まれることに由来します。

試験では、これらの新規史料に基づいて、既存の知識と史料内容を関連づけて考察し、回答を導き出す能力が求められます。従って、受験生は単に事実を暗記するだけでなく、史料から情報を読み取り、それを基に論理的に思考し解答を構築する連想力が必要とされます。

オニ坊

このような問題への対応には、まず基本的な歴史知識の確実な習得が基礎となります。しかし、それだけでは不十分で、未知の史料に遭遇した際に、その史料から重要な情報を抽出し、既知の知識と結びつけて解釈する能力を養う必要があります。

例えば、幕末期に書かれた未知の外国人の日記から、当時の日本の社会状況や外国との関係を読み解く問題が出された場合、受験生は幕末の基本的な歴史事実に加えて、その時代の国際関係や文化的背景に関する理解を活用して、日記の記述を分析し、評価する必要があります。

菅澤

効果的な学習方法としては、教科書での基礎学習に加えて、幅広い史料に触れる練習を積極的に行うことが推奨されます。また、史料分析の技術を向上させるためには、歴史的背景や文脈を考慮しながら、史料の中の情報をどのように解釈し、結論に結びつけるかの訓練も重要です。

明治大学政治経済学部の日本史試験では、基本的な歴史知識を越えた、未知の史料に対する読解力と分析力が重要視されます。史料からの情報抽出と既知の知識との関連付けによる解答構築能力を養うことが、試験での成功に繋がる鍵となります。このためには、歴史的史料に対する広範な接触と、それらを分析し解釈するための継続的な訓練が必要です。

論述形式の問題が頻繁に出題される傾向

菅澤

明治大学政治経済学部の日本史試験においては、論述形式の問題が頻繁に出題される傾向にあります。これらの問題は、一部が指定されたキーワードや史料を基に、その周辺情報を詳細に説明するか、あるいは提供された史料から重要な情報を抽出し、それをもとにその時代の背景や文脈を論じる形式で構成されています。

このような問題に対処するには、単に日本史の事実や年代を記憶するだけでなく、史料からの情報の正確な読み取りと解釈のスキルが必要とされます。

オニ坊

この試験形式は、受験生が歴史的事実を単に暗記するだけではなく、より深い理解と分析能力を持っているかを試す目的があります。

例えば、江戸時代の終わりに書かれた外国人の記録から、当時の日本の政治状況や社会環境について論述する問題が出されるかもしれません。この場合、受験生は記録の内容を正確に解釈し、その時代の歴史的背景に結びつけて論じる能力が求められます。

菅澤

効果的な準備のためには、日本史の全体的な流れと主要な出来事に関する堅固な知識基盤の上に、さまざまな史料を読み、それらから情報を引き出し、解釈する練習を積むことが推奨されます。

さらに、史料から得られる情報をもとに、時代背景や歴史的文脈を論述する際には、論理的な思考と明快な表現力が不可欠です。

明治大学政治経済学部の日本史試験では、高い割合で出題される論述問題に対応するためには、幅広い知識に加えて、史料の読み解きと分析のスキルが求められます。史料を用いた論述訓練を通じて、これらの能力を磨くことが、試験での成功に繋がる鍵となります。このアプローチにより、受験生は歴史の事実を深く理解し、それを論理的に組み立てて説明する力を養うことができるでしょう。

【明治大学政治経済学部】日本史の傾向

菅澤

明治大学政治経済学部の日本史の分析を行い、その傾向と特色を明らかにします。 試験成功のためにはこれらのポイントを理解し、適切な準備を行うことが重要です。

史料問題に重きを置いた問題の割合が高い

菅澤

明治大学の政治経済学部における日本史試験では、史料問題に重きを置いた問題の割合が顕著に高いです。
他学部を含めた大学全体で見ても、日本史における史料問題の出題頻度は特に高く、世界史と比較してもその傾向は明らかです。

このため、受験生は、教科書や既存の資料集だけでは対応しきれない、未知の史料に基づいた問題への準備が不可欠となります。出題される史料は、教科書で学習する範囲を超えた内容を含むことが多く、初めて目にする史料を解析する機会も少なくありません。このような試験特性に対応するためには、単純な用語暗記を超えた、時代背景や歴史的文脈を踏まえた深い理解と分析能力が求められます。

オニ坊

効果的な対策としては、まず、幅広い時代とテーマにわたる史料に触れることから始めることが推奨されます。これには、様々な歴史書や専門書、オンラインの資料庫など、教科書以外の情報源を積極的に活用することが含まれます。

例えば、平安時代の日記文学や江戸時代の町人文化を反映した史料など、多様な文献を読み解くことで、時代ごとの特色や歴史的事象の背景をより深く理解することができます。

菅澤

さらに、史料から必要な情報を抽出し、それを基に歴史的解釈を行う訓練を重ねることが重要です。これには、史料に記された事実や記述の意味を正確に読み取り、それを現代の視点からではなく、当時の社会状況や文化的背景を考慮して解釈する能力が必要になります。

また、史料問題の際には、批判的思考を駆使して、史料の信頼性や偏りを評価するスキルも磨くことが有効です。

明治大学政治経済学部の日本史試験で成功を収めるためには、史料問題への対策が極めて重要です。これには、教科書の範囲を超えた史料に対する広範な接触と、それらの史料を深く理解し分析するための高度なスキルの習得が必要となります。このようなアプローチを通じて、受験生は未知の史料に基づく問題にも柔軟に対応できるようになり、試験での高いパフォーマンスを発揮することが可能になるでしょう。

幅広い時代にわたる知識が要求される

菅澤

明治大学政治経済学部での日本史試験準備では、幅広い時代区分にわたる知識が要求されます。他の学部が近代および近現代の出題に重点を置くのに対し、政治経済学部では古代から現代に至るまでの広い範囲から問題が出題される傾向にあります。

このため、受験生はどの時代にも偏りなく、全体的な日本史の流れを把握し、理解している必要があります。さらに、東南アジア史や朝鮮史など、特定の地域に焦点を当てた問題が設定される年もあるため、特定の国や地域の歴史についても詳細な学習が求められます。

オニ坊

この広範な出題範囲に対応するため、受験生はまず、日本史全体の大枠を理解することから始めるべきです。これには、古代の国家形成から中世の武家政権、近世の江戸時代、そして明治維新を経て近現代の歴史まで、時代ごとの主要な出来事や変遷を学ぶことが含まれます。

また、日本史のみならず、世界史の流れとの関連性を理解することも重要であり、特に日本が外国とどのように関わってきたかという国際関係の観点から学ぶべきです。

菅澤

さらに、特定の国や地域に関する問題に対処するためには、教科書や一般的な参考書の範囲を超えて、専門的な書籍や資料にも目を向ける必要があります。

例えば、東南アジアの貿易史や朝鮮半島の政治変動に関する深い知識は、専門的な文献から得られることが多いです。このような学習を通じて、受験生は日本史の幅広い知識を習得し、さまざまな角度からの問題に対応できるようになります。

明治大学政治経済学部の日本史試験では、古代から現代に至るまでの広範囲の時代区分に加え、特定の国や地域に関する詳細な知識が求められます。受験生は、網羅的かつ多角的な視点からの学習を通じて、これらの要求に応える準備をすることが必要です。このアプローチにより、受験生は試験での成功を目指すことができるでしょう。

論述問題が多い

菅澤

明治大学政治経済学部の日本史試験における論述問題は、受験生にとって重要な要素です。この部分では、一般的に50~100文字の範囲で回答を求められ、限られた文字数の中で必要な情報を簡潔に伝える能力が試されます。

この種の問題では、核心をつかんだ短文での回答が求められるため、情報の選択と整理、そしてそれを効果的に表珀する技術が必須となります。さらに、問題作成者が期待するキーワードやポイントを見逃すと、満点を得ることができず、部分点に留まる可能性があるため、試験作成者の意図を読み解く力も重要です。

オニ坊

このような論述問題に対処するには、まず、日本史の広範な知識に基づき、重要な事実や概念を明確に理解していることが前提となります。しかし、それだけでは不十分で、限られた文字数で効率的に情報を伝えるための書き方を習得することが求められます。

例えば、江戸時代の政治体制の特徴や、明治維新の影響を説明する際に、どのようなキーワードが不可欠であるかを把握し、それを中心に簡潔ながらも包括的な回答を構成する訓練が必要です。

菅澤

効果的な学習方法としては、日本史に関連する論述練習を頻繁に行い、さらに専門の参考書や過去問を用いて、実際の試験で求められる回答スタイルを身につけることが推奨されます。

これには、過去に出題された論述問題を解析し、優秀な回答例を研究することが含まれます。また、採点基準や評価のポイントを理解するために、採点者の視点から問題にアプローチする練習も有効です。

明治大学政治経済学部の日本史試験で高得点を目指すには、単に歴史的知識を有しているだけではなく、それを短文で効果的に伝える技術を磨くことが不可欠です。限られた文字数内で求められる情報を的確に提供する能力は、専門の参考書を活用した継続的なトレーニングを通じて養われることでしょう。

【明治大学政治経済学部】日本史の対策

菅澤

ここでは、さらに具体的に、各単元における学習方法を検討します。 明治大学政治経済学部の受験を見据えた効果的な対策を実施することで、試験成功に必要な能力を養うことができるでしょう。

論述

論述

菅澤

明治大学政治経済学部の日本史試験では、短文の論述形式の問題が一貫して出題される傾向にあります。これらの問題では、50~100文字の制限内で、核心を突くような回答を求められます。そのため、受験生は、指定されたキーワードを適切に用いて、短くも内容豊かな文章を構成する技術を習得する必要があります。

この種の問題に対応するには、日本史の各用語が指す事象の時代背景、原因と結果、関係する人物、舞台となった場所、及びその事象が後の歴史に与えた影響を、一つの用語に込めて理解し表現する練習が求められます。

オニ坊

このような練習を行うには、まず基本的な歴史知識の習得が前提となります。しかし、それだけでは不十分で、知識をどのように結びつけ、短文で効果的に表現するかのスキルも同時に養う必要があります。

例えば、明治維新について論述する際には、「維新」というキーワードを中心に、幕末の不安定な政治状況、主要な志士たち、江戸から東京への都の移転、そして明治維新がもたらした日本の近代化への影響などを繋げて考え、50~100文字で簡潔に表現する能力が試されます。

菅澤

効果的な学習方法としては、教科書や参考書を用いた広範囲の学習に加え、特定のテーマや時代を横断して関連づける練習を行うことが推奨されます。

さらに、実際に過去問題に取り組み、短文論述の練習を重ねることで、試験で求められるレベルの回答を書く技術を習得できます。

明治大学政治経済学部の日本史試験で成功するためには、50~100文字の短文論述問題に効果的に対応できるよう、関連する知識を複合的に理解し、それを短く精確に表珀する技術を身に付けることが不可欠です。これを実現するためには、歴史用語の深い理解に基づく練習と、それらを短文で表現するための継続的なトレーニングが必要となります。

史料問題

史料問題

菅澤

明治大学政治経済学部の日本史試験における史料問題は、しばしば受験生にとって初めて目にするものが出題されるため、未知の史料に対する解析能力が求められます。このような問題に対応するためには、広範囲の史料に慣れ親しむことが必須です。

具体的には、教科書や資料集に収録されている史料を徹底的に学習するだけでなく、他の大学の入試問題で使用された史料にも積極的に取り組むことが推奨されます。このアプローチにより、様々なタイプの史料に触れることができ、未知の史料を見た際にも動じずに解析するスキルを養うことができます。

オニ坊

さらに、日本史の史料問題に対する対策としては、特に史料問題の出題傾向が厳しいとされる國學院大學や立正大学などの過去問を解くことが有効です。

これらの大学では、日本史の深い理解と高度な分析力を要求する史料問題が頻出するため、これらの問題に挑戦することで、史料に関する知識と解析力を一層深めることが可能です。

菅澤

また、多様な問題に取り組むことで、予期せぬ問題形式や視点からの出題にも柔軟に対応できる能力を身につけることができます。

明治大学政治経済学部の日本史試験で高得点を目指すためには、初見の史料に対する解析能力の向上が欠かせません。これを実現するためには、教科書や資料集の史料に加え、他大学の史料問題にも幅広く取り組み、多様な史料への対応力を養うことが重要です。特に、史料問題が難しいとされる大学の過去問を積極的に解くことで、史料分析の技術を磨き、未知の史料に冷静に対応する力を身に付けることが推奨されます。

正誤問題

正誤問題

菅澤

明治大学政治経済学部の日本史試験では、複雑な空所補充問題や正誤判断を要求する問題が頻出することが特徴です。これらの問題に対応するためには、まず基本的な日本史の用語や概念をしっかりと暗記することが基盤となります。

しかし、それだけでは不十分で、歴史的事象の年号、登場人物、地理的な背景など、それらの用語が関連する具体的な情報を広範囲にわたって記憶し、理解することが重要です。この段階では、既に学習した内容の再確認と拡張を目的として、関連する詳細情報を繋げて覚える作業が推奨されます。

オニ坊

多くの受験生が日本史の勉強を単純な用語暗記と捉えがちですが、実際には、その用語や事象が生まれた歴史的背景や文化的、社会的なコンテクストの理解がより重要です。

例えば、特定の政治動向や文化的変遷を理解することで、単なる年号や人名を超えた深い理解が可能になり、複雑な問題への対応力も向上します。

菅澤

効果的な学習方法としては、教科書や参考書に加え、史料や研究書を活用して、日本史の広い視野から各用語や事象の背後にあるストーリーを学ぶことが推奨されます。

また、時代ごとの主要な出来事や流れを横断的に捉えることで、関連する知識の繋がりを深めることができます。

明治大学政治経済学部の日本史試験対策においては、用語や事象の背後にある歴史的背景や文化的意味を理解することが、単純な暗記を超えた効果的な学習戦略となります。

【明治大学政治経済学部】日本史のおすすめ参考書6冊

菅澤

明治大学政治経済学部の日本史に臨む受験生のため、特におすすめの参考書を各分野から2冊ずつ選定しました。これから勉強資料を探している方は、以下のリストを参照してください。

記述対策のおすすめの参考書

菅澤

短文記述を強化するための学習資料をお勧めします。詳細な長文よりも、短くて要点を押さえた記述に焦点を当て、根本的な学力の向上に努めることが重要です。

記述対策のおすすめの参考書①『”考える”日本史論述―「覚える」から「理解する」へ』

河合出版『”考える”日本史論述―「覚える」から「理解する」へ』(石川晶康)

菅澤

単に歴史の事実を暗記するのではなく、それらをどのように理解し、問題解決に応用するかに焦点を当てた学習資料です。論述問題への対策はもちろんのこと、新たな史料や未知の問題に直面した際の思考力や対応能力を養うのに適しています。

特に、明治大学法学部のような特定の試験に対する学習計画を立てる際には、論述問題への取り組みを一つの重要なステップと見なし、その他の問題タイプにも十分な学習時間を割くことが推奨されます。

記述対策のおすすめの参考書②『実力をつける日本史100題[改訂第3版]』

Z会『実力をつける日本史100題[改訂第3版]』(Z会出版編集部)

菅澤

各時代に分けて詳細な知識を問う形式で構成されており、特に短文記述式の問題への対策に力を入れています。

日本史全体の流れを把握し、キーワードや重要な概念を自らの言葉で説明できる能力を身につけることを目指している人に最適です。さらに、解答にかけるべき時間の目安が示されているため、実際の試験環境を想定した効率的な学習が可能となります。

史料問題のおすすめの参考書

菅澤

史料問題への対応を強化するため、特に明治大学政治経済学部の日本史試験向けに推奨される参考書の紹介を行います。

政治経済学部では、一貫して史料を基にした問題が含まれており、これらの問題への確実な対応が受験生には求められます。史料問題は、与えられた文献や資料から重要な情報を読み取り、それを基にして問題の回答を導き出す能力を試すものであり、そのためには史料自体の理解だけでなく、それをどのように歴史的文脈に位置づけ、解釈するかのスキルが必要とされます。

史料問題のおすすめの参考書①『日本史史料問題分析と解説―史料をよむ』

山川出版社『日本史史料問題分析と解説―史料をよむ』(會田康範)

菅澤

史料問題に関する深い解説を提供することに焦点を当てた参考書で、読者に教科書では触れられない多くの興味深い事実や知識を提供します。全体の約半分が実際の問題演習に割り当てられており、残りの部分では、日本史にまつわる様々な疑問に答える形式で、読者の理解を深める内容が展開されます。

特に、一問一答形式で学んだ事項をさらに深く理解し、未知の史料にも対応できるようになるための知識と技術を身に付けるのに適しています。

史料問題のおすすめの参考書②『日本史 図版・史料読みとり問題集: 大学入学共通テスト・国公立2次・私立大対応』

山川出版社『日本史 図版・史料読みとり問題集: 大学入学共通テスト・国公立2次・私立大対応』(菅野祐孝)

菅澤

特に図版や史料に焦点を当てた学習資料です。この参考書は二つのセクションに分けられており、最初の部分では、受験生が基本的な図版や史料の読み解き方に慣れることを目的とした、大学入学共通テスト向けの問題を提供しています。

第二のセクションでは、より高度な国公立大学の二次試験や難易度が高い私立大学入試向けの問題を扱い、各図版や史料に対する詳細な解説とともに、どのような視点で資料を分析し、何に注目すべきかを具体的に説明しています。全体で58問もの問題を収録しており、史料問題に特化した対策を行いたい受験生にとっては、明治大学政治経済学部の日本史試験準備に最適な資源となります。

オニ坊

この参考書を活用することで、受験生は初見の図版や史料に遭遇した際に、重要な情報を見極め、その歴史的背景や意味を正確に読み取る能力を高めることができます。

特に明治大学政治経済学部のような、史料問題の比重が高い入試では、史料から求められる情報を効率的に抽出し、それを基にした論述を行うスキルが重要となります。この参考書に掲載されている問題を解く過程で、史料の種類や時代背景に応じた読み方を学び、史料問題に対する理解を深めることが期待されます。

大学入学共通テストから国公立大学の二次試験、難関私立大学の入試に至るまで、幅広いレベルの史料問題に対応するための理想的な参考書です。この参考書を利用することにより、受験生は史料問題の解答に必要な分析力と論述力を養い、明治大学政治経済学部の日本史試験で求められる高度な対応能力を身に付けることができるでしょう。

正誤問題のおすすめの参考書

菅澤

空所補完問題に効果的に対処するために推奨される参考資料をご紹介します。
一問一答形式での復習にも適しており、これを通じて基本的な学力を地道に築き上げることが大切です。

正誤問題のおすすめの参考書①『時代と流れで覚える! 日本史B用語』

文栄堂『時代と流れで覚える! 日本史B用語』(鈴木和裕)

菅澤

受験生が頻出する日本史の用語を効率的に学習できるように設計された参考書です。この書籍は、用語の学習を3段階のプロセスに分けてアプローチしており、読者が情報を段階的に理解し、記憶に定着させるのを助けます。

各セクションの最後には、学習した内容を確認するための穴埋め問題が用意されており、単に暗記するだけでなく、実際の問題解決能力を高めるためにも役立ちます。

オニ坊

この参考書では、左側のページにはそれぞれの用語に関連する時代背景や地理的な情報が詳細に記述されており、読者が歴史的コンテクストを深く理解するのに役立ちます。

一方、右側のページでは、その用語が歴史上でどのように位置づけられ、どのような影響を与えたかを、物語形式で解説しています。これにより、読者は単一の事実を暗記するだけでなく、歴史の大きな流れの中で用語がどのような役割を果たしているかを包括的に理解することができます。

菅澤

この参考書を用いることの主な利点は、日本史の用語を単なる名前や出来事としてではなく、それらが生まれた背景や歴史的な意味合いを踏まえて学ぶことができる点にあります。

特に、日本史の用語を時代の流れとともに学び、それらが相互にどのように関連しているかを理解することは、受験生が試験で求められる深い理解と分析の能力を養う上で非常に有効です。

日本史の用語を包括的に学びたいと考える受験生にとって理想的な学習ツールです。この書籍を活用することで、受験生は歴史的事象の背後にある物語や意味を理解し、明治大学政治経済学部の日本史試験をはじめとする多くの史料問題や論述問題に対して、より深く、かつ効果的に対応することができるようになるでしょう。

正誤問題のおすすめの参考書②『入試に出る 日本史B 一問一答 (入試に出る 一問一答)』

Z会『入試に出る 日本史B 一問一答 (入試に出る 一問一答)』(Z会出版編集部)

菅澤

大学入試で直面する日本史の問題に対処するために設計された、効果的な学習ツールです。この参考書は、過去の入試で実際に出題された問題形式を基にした用語の暗記に焦点を当てています。

ただの用語の丸暗記にとどまらず、参考書は学習者が日本史全般を通して、テーマ別の知識、史料の分析、そして特に難易度の高い問題への対応力を養うことができるように段階的な学習プロセスを提供しています。

オニ坊

特に明治大学政治経済学部のような、史料問題の出題比重が特に高い試験においては、この参考書が提供する史料問題に関する学習は非常に有益です。史料から必要な情報を読み取り、それを基にした問題解決の練習を通じて、受験生は試験で求められる解析力を身につけることができます。

また、用語の頻出度を示す4段階の表示があり、学習者は自分の学習計画をより効率的に立てることができ、限られた時間の中で重要な部分に焦点を絞って勉強することが可能になります。

菅澤

この参考書を使用することの主な利点は、受験生が日本史の広範囲にわたる知識を網羅的かつ効率的に学習できることです。

さらに、通史の流れを把握すること、特定のテーマに関連する事象を理解すること、そして史料を分析してその背景や意味を解き明かす能力を同時に養うことができます。このアプローチにより、受験生は日本史の複雑な問題に対して、より深い理解と高い分析力をもって臨むことができるようになります。

明治大学政治経済学部を含む様々な大学の日本史試験に向けて、用語の暗記だけでなく、史料問題への対応能力を含めた全方位的な対策をしたい受験生にとって理想的な学習資源です。この参考書を利用することで、受験生は試験での成功に不可欠な知識とスキルを総合的に身に付けることができるでしょう。

最後に:明治大学に合格をするには?

最後に:明治大学に合格をするには?
菅澤

ここまで明治大学政治経済学部の日本史対策について見てきましたが…。

オニ坊

明治大学にどうしても行きたくなってきましたね。
でも願っていれば明治大学に合格できるわけではありません。

1人で勉強するのが苦手、何から始めたら良いかわからないという受験生もいますよね。自分自身の希望する学部に合格するために、それ相応の対策が明治大学では必要です。

菅澤

そんな明治大学に合格するためには?
と考える受験生のために現在、明治大学専門塾【鬼管理明治大学塾】という塾を運営中。
もし少しでも「明治大学に合格したい」と考える受験生は共に明治大学を目指しましょう。
現状のレベルが「偏差値30~40」でも大丈夫。

「受かりたいという気持ち」が少しでもあるなら
アナタの合格を明治大学専門塾【鬼管理明治大学塾】が応援します。

気になる「明治大学第一志望の方」は下の画像をクリックしてください。

オニ坊

明治大学対策方法を知りたい受験生はコチラのサイトをご覧ください。

本記事監修者 菅澤 孝平

シンゲキ株式会社 代表取締役社長
「鬼管理」をコンセプトとした「鬼管理専門塾」を運営。
大学受験・高校受験・英検指導・総合型選抜に幅広く展開しており、日本全国に受講生が存在している。

出演番組:カンニング竹山のイチバン研究所ええじゃないかBiz
CM放送:テレビ東京など全国15局に放映

この記事を書いた人

Writer_kaneko