【立教大学の難易度はどれくらい…?】立教大学のプロが難易度を徹底解説【25年度入試】

始めに:【立教大学の難易度はどれくらい…?】立教大学のプロが難易度を徹底解説【25年度入試】

菅澤

立教大学に特化した大学受験塾
立教専門塾/予備校RIKYO-PASS
を運営しております
代表の菅澤です!

オニ坊

立教専門塾/予備校RIKYO-PASSアシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は【立教大学の難易度はどれくらい…?】立教大学のプロが難易度を徹底解説【25年度入試】
というテーマで記事を書いていきます。

立教大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
立教大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

オニ坊

立教大学で最も難易度が高い学部は?

菅澤

立教大学では、異文化コミュニケーション学部経営学部が特に高い難易度で知られています。これらの学部が他の学部よりも受験難易度が高いとされる理由は、「偏差値」と「倍率」の2つです。

➀偏差値

➀偏差値

菅澤

立教大学の異文化コミュニケーション学部と経営学部は、その学問的なレベルと社会的評価において非常に高い位置にあります。これらの学部が高い評価を受けている一因として、偏差値の高さが挙げられます。具体的には、これらの学部の偏差値が65に達していることからも分かるように、学問の深さと学生のアカデミックな能力が非常に高いことが示されています。

オニ坊

例えば、日本の大学においては偏差値が高いほど入学競争が激しく、学生の学力水準も高いとされています。早稲田や慶応、上智といった一流大学群の偏差値が64~70の範囲に集中している中で、立教大学のこれらの学部も同様の偏差値を持つことから、教育の質や学生のレベルがそれらの大学と同等であると言えます。

菅澤

この偏差値情報は、各大学の競争率や学部の選抜レベルを示す重要な指標となります。たとえば、立教大学異文化コミュニケーション学部の学生たちは、高い言語能力と文化間コミュニケーション能力を求められ、経営学部の学生たちは厳しいビジネス教育を通じて経営戦略やマーケティングの専門知識を深める必要があります。

オニ坊

このように、立教大学の異文化コミュニケーション学部と経営学部の偏差値が65に達していることは、これらの学部が提供する教育の高い水準と、入学する学生の優れた能力を反映しています。これらの事実は、立教大学が早慶上智に匹敵する教育機会を提供していることを示しており、受験生にとってこれらの学部が非常に魅力的な選択肢であることを強調しています。

②倍率

②倍率

菅澤

立教大学の異文化コミュニケーション学部と経営学部の入試における倍率の高さは、これらの学部が持つ難易度の高さを示すもう一つの重要な指標です。これらの学部が早慶上智の大学群と比肩するほどの評価を受ける理由の一つは、偏差値の高さだけでなく、競争率の高さにもあります。

オニ坊

これらの学部の倍率が高いという事実は、受験生の間での人気と競争の激しさを反映しています。例えば、最近の入試データによると、異文化コミュニケーション学部と経営学部の倍率はそれぞれ他の多くの学部よりも顕著に高く、これが受験の際の厳しい選抜過程を示しています。

菅澤

特に、2023年度と2022年度のデータを比較すると、これらの学部の人気が安定していること、またはさらに高まっていることが確認できます。

異文化コミュニケーション学部2023年度倍率2022年度倍率
個別入試18.721.6
共通テスト利用84.171.2
経営学部2023年度倍率2022年度倍率
個別入試24.217.5
共通テスト利用21.933.6
オニ坊

立教大学の異文化コミュニケーション学部と経営学部は、他の多くの学部と比較して非常に高い倍率を記録しています。これらの学部の実質倍率は、一般的なGMARCHの倍率よりもはるかに高いことが観察されます。

菅澤

例えば、2023年度には異文化コミュニケーション学部の実質倍率が9.6倍、経営学部の個別入試方式でさえ24.3倍に達しており、前年度の倍率もそれぞれ18.7倍17.5倍と非常に高い数字を記録しています。

オニ坊

このような高倍率は、これらの学部が提供する教育の質や卒業後のキャリア機会に対する高い評価が反映されているためです。異文化コミュニケーション学部では、国際的なビジネスや外交のフィールドで活躍するための教育が行われ、経営学部では、実践的なビジネススキルと理論が深く学べるカリキュラムが受験生から高い関心を集めています。

立教大学で狙い目の穴場学部は?

菅澤

多くの人がGMARCHの中でも特に競争が激しいと見なす立教大学において、穴場の学部が存在するという事実は意外に思われるかもしれません。しかし、立教大学には文系学部の中でも特に入学しやすい「コミュニティ福祉学部」と「スポーツウェルネス学部」があります。

オニ坊

この2つの学部が狙い目となる理由は「偏差値」と「立地」の2つが挙げられます。

➀偏差値
菅澤

コミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学部の偏差値が比較的低いという事実は、GMARCHグループの他の学部と比べても、これらがアクセスしやすいオプションであることを示しています。

オニ坊

具体的には、コミュニティ福祉学部の最近の偏差値が57.5、スポーツウェルネス学部が55と報告されており、これはGMARCHの平均的な偏差値範囲58-63よりも低い数値です。このデータは、これらの学部が他のより競争の激しい学部に比べて入学試験が比較的容易である可能性があることを示唆しています。

②立地
菅澤

立教大学のコミュニティ福祉学部スポーツウェルネス学部が穴場とされる理由には、これらの学部が位置するキャンパスの立地が大きく関係しています。これらの学部は池袋キャンパスではなく、新座キャンパスに位置しており、この点が意外と思われるかもしれませんが、多くの受験生にとっては敬遠される要因となっています。

オニ坊

立教大学を志望する多くの学生が、都心に位置する池袋キャンパスの魅力に惹かれる一方で、新座キャンパスは立地がやや郊外にあり、通学の利便性やキャンパスライフのイメージが異なるため、一部の学生には不人気となりがちです。実際に、新座キャンパスに通うことを避ける学生は少なくないため、こうしたキャンパスの立地が競争率を抑える要因になっています。

菅澤

さらに、コミュニティ福祉学部は「福祉系」というカテゴリーであることから、商業や工業など他のより一般的な分野に比べて関心を持つ学生が少ないという状況も見られます。同様に、スポーツウェルネス学部も、スポーツを専門的に学びたいという特定のニーズを持つ学生以外には、必ずしも魅力的とは捉えられていないようです。

最後に:立教大学に合格をするには?

菅澤

ここまで【立教大学の難易度はどれくらい…?】立教大学のプロが難易度を徹底解説【25年度入試】
を見てきましたが…。

オニ坊

1人で勉強するのが苦手、何から始めたら良いかわからないという受験生もいますよね。自分自身の希望する学部に合格するために、それ相応の対策が立教大学では必要です。

菅澤

そんな立教大学に合格するためには?
と考える受験生のために現在、立教専門塾RIKYO-PASSという塾を運営中。
もし少しでも「立教大学に合格したい」と考える受験生は共に立教大学を目指しましょう。
現状のレベルが「偏差値30~40」でも大丈夫。

「受かりたいという気持ち」が少しでもあるなら
アナタの合格を立教専門塾RIKYO-PASSが応援します。

気になる「立教大学第一志望の方」は下の画像をクリックしてください。

オニ坊

立教大学対策方法を知りたい受験生はコチラのサイトをご覧ください。

本記事監修者 菅澤 孝平

シンゲキ株式会社 代表取締役社長
「鬼管理」をコンセプトとした「鬼管理専門塾」を運営。
大学受験・高校受験・英検指導・総合型選抜に幅広く展開しており、日本全国に受講生が存在している。

出演番組:カンニング竹山のイチバン研究所ええじゃないかBiz
CM放送:テレビ東京など全国15局に放映

この記事を書いた人

Goda Shinnosuke