【青山学院大学に受かるためには…】青山学院大学に受かるための3つの方法と受かりやすい穴場学部3選を暴露

始めに:青山学院大学に受かるための3つの方法と受かりやすい穴場学部3選

始めに:青山学院大学に受かるための3つの方法と受かりやすい穴場学部3選
オニ坊

青山学院大学専門塾/予備校AO-PASSアシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
「【青山学院大学に受かるためには…】青山学院大学に受かるための3つの方法と受かりやすい穴場学部3選を暴露」
というテーマで記事を書いていきます。

青山学院大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
青山学院大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

青山学院大学の概要と魅力3選

青山学院大学の概要と魅力3選

青山学院大学の概要

住所
  • 青山キャンパス:東京都渋谷区渋谷4-4-25
  • 相模原キャンパス:神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
学部
  • 青山キャンパス:文学部、教育人間科学部 、経済学部、法学部、経営学部、国際政治経済学部、総合文化政策学部
  • 相模原キャンパス:理工学部、社会情報学部、地球社会共生学部、コミュニティ人間科学部

青山学院大学の魅力3選

青山学院大学の魅力①:立地がよい
菅澤

青山学院大学の最大の魅力の一つは、その絶好の立地にあります。特に青山キャンパスは、渋谷駅から徒歩10分、表参道駅から徒歩5分という位置にあり、アクセスのしやすさが際立っています。この立地により、学生は文化と情報の発信地である渋谷地区に4年間通うことができます。これは、最先端の文化や情報に触れる機会が豊富にあることを意味し、青山学院大学の学生にとって大きな利点となります。

オニ坊

例えば、渋谷という地域は様々な文化イベントや情報発信の場として知られており、学生たちは学業の傍らで最新のトレンドに容易に触れることができます。また、多様な人々との交流の場も豊富にあり、これらは学生たちの視野を広げ、多様な価値観に触れる機会を提供します。このように、青山学院大学の立地は、学生たちが学外での経験を通じてさまざまな知識やスキルを習得するのにも大きく貢献します。

この立地の良さは、青山学院大学が提供する教育の質を高め、学生たちにとって有益な学びの場を提供します。都市部の中心に位置することによって、学生たちは学問だけでなく、実社会での実践的な経験も積むことができるのです。このように、青山学院大学の立地は、学生たちの教育と成長にとって大きな魅力となっています。

青山学院大学の魅力②:頭のいい人が多い
菅澤

青山学院大学の学生の学力は、偏差値60の平均値を超える能力を持つ者が多いです。この大学は、一般的には頭が良いとされる偏差値の範囲に位置していますが、実際にはその数字以上に優秀な学生が集まっています。例えば、早慶や中堅国公立大学への合格が惜しくも叶わなかった学生が多く入学しています。これらの学生は、高い学力を持っていることが多く、青山学院大学の教育環境に貢献しています。

オニ坊

また、青山学院大学には、青山学院高等部からの内部進学生も多くいます。青山学院高等部の偏差値は70近くあり、ここから進学する学生は、高いポテンシャルと地頭の良さを持つことが一般的です。これらの内部生は、青山学院大学においても高い学力を発揮し、学問的な環境を豊かにしています。

これらの事実から、青山学院大学には偏差値が示す以上の能力を持つ学生が多く存在すると言えます。早慶や中堅国公立大学の受験経験者や、青山学院高等部からの進学生など、多様なバックグラウンドを持つ学生たちが、青山学院大学の学問的なポテンシャルを高めています。このように、青山学院大学は偏差値を超える学生たちの集まりであり、その教育環境は非常に充実していると言えるでしょう。

青山学院大学の魅力③:おしゃれな学生が多い
菅澤

青山学院大学の学生には、美人やおしゃれな人が多いというのは一般的な認識です。実際に、この大学の学生は、ファッションや外見に気を使う人が多いと言われています。特に女子学生は可愛く、綺麗な人が目立ち、男子学生も他の大学に比べてオシャレな人が多い傾向にあります。

オニ坊

これは、青山学院大学の学生たちが、日常的にファッションや外見に気を配る文化が根付いているからです。例えば、キャンパス周辺の街並みやカフェ、ショッピングエリアなど、おしゃれな環境に囲まれていることも、学生たちのファッション意識を高める一因となっています。また、学生たちの間で流行するファッションや美容に関する情報交換も活発で、これがおしゃれな雰囲気を醸成しています。

他の大学にも美人やおしゃれな学生はいますが、青山学院大学ではこれらの特徴が平均的に顕著であり、多くの学生がファッションや外見に気を使う傾向にあります。この点が、青山学院大学の特徴的な魅力の一つと言えるでしょう。青山学院大学の学生の美意識やファッション意識の高さは、そのキャンパスライフや文化の一部となっており、学生生活の魅力を高める要素となっています。

青山学院大学の入試制度をご紹介

青山学院大学の入試制度をご紹介
菅澤

青山学院大学に入学するための主な方法は、大きく分けて三つあります。これらは一般選抜、大学入学共通テスト利用、推薦や特別入学の方法です。今回は特に一般入試に焦点を当てて詳細を見ていきましょう。

オニ坊

一般入試には、全学部入試と個別学部入試の二つの形式が存在します。全学部入試は、青山学院大学の全学部を対象にしており、受験生は広範な知識と学力が求められます。これに対して、個別学部入試は特定の学部や学科に特化した形式で、特定の分野における専門知識や能力が重視されます。

菅澤

例えば、全学部入試では、学生は幅広い科目からの問題に対応する必要がありますが、個別学部入試では、その学部特有の科目や内容に関する深い理解が求められます。たとえば、理工学部の場合、数学や理科の詳細な知識が要求される可能性が高いです。

このように、青山学院大学への入学方法は多岐にわたり、受験生は自分の強みや志望学部に応じて、最適な入試方法を選択することが重要です。一般入試では、全学部入試と個別学部入試のどちらを選択するかによって、その準備と対策が異なるため、受験生は自身の学力や興味・関心に応じた戦略を立てることが求められます。

全学部入試ってなに?

菅澤

青山学院大学の全学部入試は、すべての学部・学科が同じ日程で試験を実施するという特徴を持っています。この試験形式では、各教科・科目においてマークシート方式が採用されており、一貫した解答形式が用いられています。また、青山学院大学の全学部入試では、青山キャンパスだけでなく、地方の横浜、名古屋、福岡にも試験会場が設けられています。この点が他の入試と異なり、特に全学部入試のみに特有の特徴となっています。

オニ坊

例えば、地方に住む受験生にとっては、地方の会場で試験を受けることができるため、遠方からのアクセスに関する負担が軽減されます。これにより、受験生はより安心して試験に臨むことができ、地方の受験生にとっても青山学院大学を選択しやすくなっています。

このように、青山学院大学の全学部入試は、全学部・学科が同じ日程で行われ、統一されたマークシート方式を採用し、さらに地方での試験会場が設けられている点が大きな特徴です。これにより、受験生はどの地域に住んでいても青山学院大学を受験しやすくなっており、受験生にとって利便性が高い入試方法と言えるでしょう。

青山学院大学の全学部入試の特徴

菅澤

青山学院大学の全学部入試は、比較的問題が簡単であることが特徴の一つです。この試験の難易度はセンター試験レベルと言われるほどであり、多くの受験生が高得点を獲得することが一般的です。しかし、この点には落とし穴が存在します。

オニ坊

その落とし穴は、全学部入試の合格最低点が非常に高いことにあります。通常の個別入試では約7割程度の得点で合格することが可能ですが、全学部入試の場合、受験者数に対して募集枠が限られており、さらに問題が簡単であるため、合格には9割近い得点が必要とされることがあります。これは、受験する学部によって変わることもありますが、一般的な傾向として言えるでしょう。

それでも、全学部入試は受験の機会を増やすという点で、多くの受験生にとって魅力的な選択肢となっています。毎年、多数の受験生が全学部入試を受験する理由の一つは、この点にあります。簡単な問題であっても、合格最低点が高いことを理解し、適切な対策を行うことが重要です。このように、全学部入試の特徴を理解し、その上で効率的な学習計画を立てることが、合格への鍵となるでしょう。

青山学院大学の個別学部入試の特徴

菅澤

青山学院大学の個別学部入試にはいくつかの特徴があります。まず、A、B、Cの三つの方式が存在し、これらはそれぞれ異なる入試形式を持っています。特に注目すべき点は、B方式において外部英語試験を利用した入試が存在することです。

オニ坊

最近の大学入試の傾向として、外部英語試験を利用するケースが増加しています。青山学院大学では、国際政治経済学部や総合文化政策学部などの特定の学部において、B方式で外部資格試験のスコアを出願資格として採用しています。これは、学生の英語力をより実践的に評価するための取り組みと言えます。

菅澤

具体的に必要とされる外部資格試験は、TEAP、英検、IELTS、GTEC、TOEFL iBT、TOEICなど多岐にわたります。これらの試験は、それぞれ異なるスキルを測定するため、受験生は自分の英語力に合った試験を選択することが重要です。例えば、英検は日本国内で広く受けられている一方で、IELTSやTOEFL iBTは国際的な英語力を測定するための試験です。

このように、青山学院大学の個別学部入試においては、外部英語試験のスコアを利用することで、受験生の英語力を多角的に評価し、幅広い英語スキルを持つ学生の受け入れを目指しています。この入試方式は、学生たちが国際的な視野を持ち、グローバルな環境で活躍するための基盤を築くことに寄与するでしょう。

外部英語試験利用のメリット

菅澤

青山学院大学での外部英語試験利用入試のメリットは、その低い倍率にあります。受験枠が限られているため、受験者の数も少なく、競争率が比較的低いことが多いです。これは、受験生にとっては非常に狙いやすい機会と言えます。

オニ坊

ただし、注意すべき点は、青山学院大学で受験資格として認められる外部資格試験のスコアが、他の大学でそのまま使えるとは限らないことです。各大学が設定する合格点数は異なるため、ある大学では資格として認められても、別の大学では足りない場合があります。例えば、A大学では必要なスコアを満たしていても、B大学ではそのスコアが不足しているというケースが起こり得ます。

しかし、これは裏を返せば、高得点を取ることができれば、他の大学でも利用できる選択肢が増えるということです。高得点を獲得することで、受験生はより多くの大学での入学機会を持つことができます。このように、外部英語試験利用入試は、受験生にとって低い競争率を利用するチャンスであり、また、高い英語力を持つことで多くの大学への道が開かれる可能性があると言えるでしょう。この入試方式を戦略的に利用することで、受験生はより幅広い選択肢を持つことができます。

青山学院大学に受かるための攻略法3選

青山学院大学に受かるための攻略法3選
攻略法①:外部資格試験を利用する
菅澤

外部資格試験を利用する入試方式を選ぶことは、青山学院大学の受験戦略として非常に有効です。主な理由は、この入試方式の倍率が低いため、受験生にはより良いチャンスが与えられるという点にあります。低い倍率は、受験生にとって合格の可能性が高まることを意味し、特に競争が激しい大学入試においては、このような戦略的な選択が重要になります。

オニ坊

具体的な例として、英検やTOEFLなどの外部資格試験は、多くの大学生が将来の留学を考える際にも必要とされる資格です。したがって、受験生が早い段階でこれらの試験を受け、そのスコアを入試に利用することは、大学入学後の留学への準備にもなります。このような点から、外部資格試験を利用する入試は、受験生にとって将来的な利点を持つ選択肢となり得ます。

このように、外部資格試験を利用する入試方式は、倍率の低さからくる合格のチャンスの増加と、将来の留学のための準備という二重の利点を受験生に提供します。そのため、受験生はこの入試方式を戦略的に選択することで、成功の可能性を高めることができるでしょう。この戦略は、特に国際的な視野を持ち、将来海外での経験を積みたいと考える学生には特に有効な選択と言えます。

攻略法②:英語以外の科目で点数を落とさない
菅澤

青山学院大学を攻略するための重要な戦略の一つは、英語以外の科目で高得点を獲得することです。青山学院大学は「英語の青学」として知られるほど、英語の試験難易度が高いとされています。しかし、この高い難易度のために、英語の試験では受験生間での得点差が大きく開くことは少ないと言われています。

オニ坊

そのため、国語や社会科目での得点率が非常に重要になります。青山学院大学の国語と社会科目は、基本的な問題が多く出題されるため、得点源として活用することが可能です。逆に言えば、これらの科目で点数を落とすと、合格への道は厳しくなる可能性があります。

菅澤

例えば、国語では漢字や文学的な知識、社会科目では歴史や地理の基本的な事項についての理解が求められます。これらの科目では、他の受験生も比較的得点しやすいため、これらの科目で点数を落とすと、他の受験生との得点差が大きくなる可能性があります。

したがって、青山学院大学の入試では、英語の難易度を考慮しつつも、国語や社会科目でしっかりと得点を確保することが、合格に向けた重要な戦略の一つとなります。英語以外の科目で高得点を獲得することが、他の受験生との差別化につながり、合格に一歩近づくことになるでしょう。

攻略法③:穴場学部を受験する
菅澤

青学への進学を志す学生にとって、受験は単なる試験ではなく、戦略的なアプローチが必要な挑戦となります。理想とする学部への直接的な進入が困難である場合もありますが、これは決して諦める理由にはなりません。

オニ坊

特に、MARCHレベルの学力を有しているが、青学への強い志望がある学生は、その夢を叶えるために異なる方法を模索することが重要です。たとえば、一般的に知られていないが魅力的な学部を選択するなど、戦略的な選択肢は多く存在します。

このように、穴場の学部を狙うことで、競争率が低い可能性があり、成功のチャンスを高めることができるのです。

青山学院大学の穴場学部3選

青山学院大学の穴場学部3選
穴場学部①②:社会情報学部 A方式、B方式
菅澤

社会情報学部は、理系と文系の融合した特色ある学部です。一般的に理系と見なされがちな相模原キャンパスに位置していますが、この学部は実際には文理両分野を包含する特殊な枠組みを持っています。数学だけでなく社会科目を用いた受験も可能なので、幅広い選択肢が提供されています。

オニ坊

また、偏差値が57.5と青学内で比較的低めであるため、意外な穴場として注目されています。A方式では英語、国語、社会を使用し、B方式では国語、英語、数学で受験できます。

特に国語試験は現代文のみで構成されており、古文や漢文に苦手意識がある受験生にとっても魅力的です。

穴場学部③:経済学部経済学科 A方式
菅澤

経済学科A方式は、受験戦略を考える上で非常に魅力的な選択肢です。この方式の一番の利点は、受験日程に隠されています。具体的には、経済学科A方式の試験が行われる2月17日は、同時に早稲田大学教育学部の試験日でもあります。早稲田の教育学部は、その偏差値が比較的低めであることから、多くの受験生がこの日に集中する傾向があります。

オニ坊

その結果、青学と似たレベルの受験生が早稲田に流れることで、青学の経済学科A方式に挑戦する受験生は相対的に少なくなるのです。また、試験内容も記述問題は含まれていますが、経営学部などの他の試験と比較して解きやすい問題が多いという特徴があります。

これらの要素が組み合わさることで、経済学科A方式は狙い目の穴場と言えるでしょう。

最後に:青山学院大学に合格をするには?

最後に:青山学院大学に合格をするには?
菅澤

ここまで青山学院大学に受かるための方法と勉強法を見てきましたが…。

オニ坊

青山学院大学にどうしても行きたくなってきましたね。
でも願っていれば青山学院大学に合格できるわけではありません。

1人で勉強するのが苦手、何から始めたら良いかわからないという受験生もいますよね。自分自身の希望する学部に合格するために、それ相応の対策が青山学院大学では必要です。

菅澤

そんな青山学院大学に合格するためには?
と考える受験生のために現在、青山学院大学専門塾/予備校AO-PASSという塾を運営中。
もし少しでも「青山学院大学に合格したい」と考える受験生は共に青山学院大学を目指しましょう。
現状のレベルが「偏差値30~40」でも大丈夫。

「受かりたいという気持ち」が少しでもあるなら
アナタの合格を青山学院大学専門塾/予備校AO-PASSが応援します。

気になる「青山学院大学第一志望の方」は下の画像をクリックしてください。

オニ坊

青山学院大学対策方法を知りたい受験生はコチラのサイトをご覧ください。

本記事監修者 菅澤 孝平

シンゲキ株式会社 代表取締役社長
「鬼管理」をコンセプトとした「鬼管理専門塾」を運営。
大学受験・高校受験・英検指導・総合型選抜に幅広く展開しており、日本全国に受講生が存在している。

出演番組:カンニング竹山のイチバン研究所ええじゃないかBiz
CM放送:テレビ東京など全国15局に放映

この記事を書いた人

aki lamelaaki lamela