【暴露】同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の特徴/評判10選/合格方法3選を徹底解説!

始めに:同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の特徴/評判10選/合格方法3選を徹底解説!

菅澤
オニ坊

同志社大学専門塾/予備校DO-PASSアシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
【暴露】同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の特徴/評判10選/合格方法3選を徹底解説!
というテーマで記事を書いていきます。

同志社大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
同志社大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の概要

菅澤

早速、同志社大学の「評判」をご紹介していこうと思うのですが、
前提として同志社大学を知らない受験生も多いでしょう。

評判・口コミを見る前に、簡単な同志社大学の概要や特徴を解説します。
既に、同志社大学を知り尽くした方はスルーで結構です!

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の学科

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部学科

グローバル・コミュニケーション学科

菅澤

同志社大学のグローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科は、グローバル化した社会に対する幅広い教養と国際的センス、強い自立心と倫理観を養わせると同時に、高度で実践的・実用的外国語運用能力を習得させることを目的としています。

この学科では、英語・中国語・日本語(外国人留学生)の3つのコースに分かれ、それぞれの言語をはじめ、社会・文化・歴史・政治・経済などを専門的に学びます。また、語学だけでなく、これからのグローバル時代に向けた新しい教養を身につける学びも充実しています。

学生が主体となってプロジェクトを遂行することにより、社会で通用する実践的なコミュニケーション能力を磨きます。また、英語・中国語コースの学生と、日本語コースの留学生がペアを組み、自分の母語や得意な言語を勉強しているパートナーをサポートする学部独自の制度もあります。

この学科では、1年間のStudy Abroad(留学)が必修となっており、長期の留学を経験しつつ、4年での卒業が可能なカリキュラムとなっています。

この学科は、同志社大学の中で一番難しい学科と言われています。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部は何を学ぶのか?

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部は何を学ぶのか?

菅澤

同志社大学のグローバル・コミュニケーション学部では、実践と教養の両方に重点を置いたカリキュラムで、実践的な外国語運用能力を段階的に強化し、言語の背景となる文化・社会に関する広範囲の知識を学びます。

3つのコース(英語、中国語、日本語)で構成されており、ビジネス、政治、文化交流、教育などあらゆる分野で活躍できる人物を育成することを目的としています。

具体的には、以下の能力を総合的に育みます。

  • 人と対話する力
  • 異文化についての教養
  • 既存の知識と外国語を通して得た知見を結びつける統合力
  • さまざまな言語や文化の違いを理解し尊重する力
  • 異なる言語・文化コミュニティーへ積極的に参加する力

また、学生はチームを組み、国際会議や文化交流などのプロジェクトを企画・運営します。さまざまな考え方を持ったチームメイトと話し合い、協力しながら学生主体でプロジェクトを推進していくことで、社会で通用する実践的なコミュニケーション能力が磨かれます。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の偏差値・その他関連情報

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の偏差値・その他関連情報

同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部 英語の偏差値は、 60.0~62.5 です。

学部学科日程偏差値
グローバル・コミュニケーション英語学部個別日程60.0
グローバル・コミュニケーション英語全学部日程文系62.5

同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部 中国語の偏差値は、 55.0~57.5 です。

学部学科日程偏差値
グローバル・コミュニケーション中国語学部個別日程55.0
グローバル・コミュニケーション中国語全学部日程文系57.5
同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の倍率

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の倍率

グローバル・コミュニケーション学部/英語コース
入試募集人数志願者数志願倍率受験者数合格者数実質倍率備考
一般選抜入学試験(全学部日程)<文系 英語重視型>50178174424.14募集人数は全学部日程、学部個別日程の合計。他に全学部日程と学部個別日程で追加合格者48名。
一般選抜入学試験(学部個別日程)<英語重視型>50338321883.65募集人数は全学部日程、学部個別日程の合計。他に全学部日程と学部個別日程で追加合格者48名。
推薦選抜入学試験(公募制)13574.3850271.85 
グローバル・コミュニケーション学部/中国語コース
入試募集人数志願者数志願倍率受験者数合格者数実質倍率備考
一般選抜入学試験(全学部日程)<文系>265858272.15募集人数は全学部日程、学部個別日程の合計。他に全学部日程と学部個別日程で追加合格者16名。
一般選抜入学試験(学部個別日程)26143142652.18募集人数は全学部日程、学部個別日程の合計。他に全学部日程と学部個別日程で追加合格者16名。
推薦選抜入学試験(公募制)7192.7119111.73 

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 1人目

菅澤

早速ですが、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判1人目を見ていきましょう!

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:図書館

キャンパスの誇り: ラーネッド図書館

京田辺キャンパスの心臓部に位置するラーネッド記念図書館は、その豪華な外観で学内で一番の注目スポットとなっています。この図書館の建物は目を引くデザインで、キャンパスのランドマーク的存在です。

最新の設備と美しい内装

図書館は時代とともに進化し続けており、定期的なリニューアルや改修が施されています。そのため、その美しさは内部にも及び、学生たちに快適な学習空間を提供しています。

勉強する学生の最良の味方

期末試験の前やレポート提出の時期など、多くの学生がこの図書館を利用して自習に励みます。多彩な蔵書や広々とした自習スペースが特徴で、深夜まで学生たちの熱心な学びの場となっています。

必要な資料も安心のサポート

もし図書館に希望の資料が無い場合でも、他のキャンパスや学部の図書館から取り寄せることができます。卒業研究を進める学生たちにとって、このサービスは非常に役立つものとなっています。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で不満に感じていること:交通の便

山の上のキャンパス

坂を上がった場所にキャンパスが広がっており、その立地から通学が少し大変だと感じる学生もいます。山の上のキャンパスは景色はいいものの、通学の足が一つの課題となっています。

電車でのアクセス

多くの学生が利用するのは、JRと近鉄線の2つの路線です。しかし、どちらの駅もキャンパスからは少し距離があります。JRの場合、最寄りは同志社前駅。近鉄線では興戸駅となります。

坂道の挑戦

これらの駅からキャンパスまでの道のりには、坂道が待ち受けています。特に夏場は炎天下の中、坂を上がるのはかなりの運動量となります。10分以上の歩行を覚悟しておく必要があります。

電車の本数に注意

キャンパス周辺は都心部とは言えないため、電車の本数も限られています。ピーク時間以外はあまり多くの電車が通っていないので、時間の確認と計画的な移動が欠かせません。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 2人目

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:設備

地下鉄と直結のキャンパス

今出川キャンパスの魅力の一つは、地下鉄の『今出川駅』と直接つながっていること。改札を出たら、すぐにキャンパスへのアクセスが可能で、雨の日でも濡れることなく移動できるのは大きな利点です。

学生のためのスペース

各キャンパスには学生たちが自由に使える場所が設けられています。特に今出川キャンパスの『ラーニング・コモンズ』は人気のスポット。ここには、ゆったりとしたソファ席があり、グループ学習やプロジェクト作業にぴったり。多くの学生たちがこの施設を利用して、効率的に学習を進めています。

落ち着いて学びたいなら図書館へ

もし、完全な静寂の中で集中して勉強や研究をしたいと考えているなら、図書館は最適な場所です。静かな雰囲気の中、広々としたスペースでのびのびと作業を進めることができます。多くの学生たちが、試験勉強やレポート作成の際にこの場所を選んでいます。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で不満に感じていること:ラウンジ

ラウンジの騒がしさ

今出川キャンパスの特定のラウンジ、特にパン屋の隣にあるものは、頻繁に騒がしくなることがあります。そこでの学習に集中するのは難しく、時折、サークル活動のメンバーや友人同士が楽しく談笑している姿を目にします。

適切な使用を求めて

ラウンジは基本的には学習や休憩を目的とした場所だと考えます。しかし、現状はその本来の目的から少し逸脱しているように感じます。他の人への配慮が大切だと思うので、騒がしい会話や大声での笑い声は避けるように心がけてほしいと思います。

学内のマナー向上を望む

キャンパス内のどの場所であっても、他の学生や教職員への配慮が必要です。大勢で集まって騒ぐ行動は、その場にいない他の学生の邪魔になることもあるため、公共の場所での振る舞いには気をつけるべきだと考えます。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 3人目

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:深い学び

密接な授業体験

クラスの規模が小さいため、よりパーソナルな学びの体験ができます。この環境であれば、学びたいと思う学生と教員との間に生まれる緊密な関係は、質の高い教育を受ける鍵となります。

フレキシブルなサポート

授業終了後も、教員に質問をすることが容易です。一部の教員は、学生の要望に応じて補足的な学習サポートを行ってくれる場合もあります。

授業への取り組み

学んだ内容の理解を深めるために、頻繁に小テストや課題が出されます。しかし、このような取り組みが学習内容の吸収を助ける一方で、欠席や遅刻は学業成績に影響を与えるので注意が必要です。

大学の授業というよりは、高校に近いアプローチで教育が行われます。このような環境は、先生と生徒の間の距離を縮めることができ、真摯に学びたい学生には最良の場と言えるでしょう。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で不満に感じていること:就職への意識

就活のサポートが不足?

学生たちが卒業後の進路を決める重要な時期に、適切なサポートが受けられないのは大きな課題です。一部の教授は、就職活動に対して十分な理解を持っていないようで、それが学生たちのモチベーションを低下させる要因ともなっています。

就職実績の現状

卒業後の就職先の実績を見ても、特段、トップ企業への進出が多いわけではありません。これは、多くの学生があまり高い目標を持って就職活動を行っていないことを示しているかもしれません。

高みを目指す学生の不足?

キャンパス内でのアンケートや話題の中心からも、大手企業や人気のある職種を目指す学生が少ないという印象を受けます。この傾向が継続すると、学校のブランド力や評価にも影響する可能性があります。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 4人目

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:学習が捗る環境

専用スペースの提供

学部専属として、ラウンジや自習スペースが整備されています。これらの場所は、学生同士の交流や学びの深化のために特別に提供されており、充実した学生生活をサポートします。

また、自習室には先端技術を取り入れた最新のパソコンが設置されています。これにより、情報検索やレポート作成が格段に効率的に行えます。

リソースの豊富さ

さらに、このスペースには多くの参考書や文献が備え付けられており、研究や学習活動を行う際に大変参考になります。これらのリソースを活用することで、学問の深化や課題の充実が期待できます。

プレゼンテーション環境

そして、プレゼンテーションを行うための特別な部屋も用意されています。これにより、学生はプレゼンテーションの技術を磨くことができ、実践的な経験を積むことができます。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で不満に感じていること:校舎が古い

校内の古い施設

学内の建物や設備に関して、多くが経年劣化しており、新しいものとは言えません。特に主要な施設や教室に関しては、長い歴史を持つ一方で、最新の設備や機能が備わっていないため、使いづらさを感じる学生も少なくありません。

一部の施設の改善

一方で、協会やその他の一部の施設に関しては、最近のリノベーションや拡張工事により、綺麗で機能的にも使いやすくなっています。しかし、それだけで全体の満足度が高まるわけではなく、総体的な改善が求められています。

学生からのフィードバック

多くの学生からは、日常の授業や活動を行う主要施設に関して、「使いにくい」という意見やフィードバックが寄せられています。学内での学びや活動をより充実させるためには、これらの声に耳を傾け、適切な対応が求められます。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 5人目

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:就職率

新設学部の実績

創立からわずか4年という新しい学部にも関わらず、卒業生の就職内定率は素晴らしい数字で、毎年ほぼ100%を記録しています。この数字は、学部の教育方針や取り組みが社会や業界から高く評価されていることを示しています。

企業からの注目

多くの企業がこの学部の学生に高い関心を示しており、学部の存在が広く認知されていると言えます。実際に、企業側からの情報も入ってくるほど、この学部の学生への注目度は非常に高いと感じられます。

早期からのキャリアサポート

学部では、学生が大学生活の初めの段階から将来のキャリアについて具体的に考えるためのサポートが提供されています。1年次から開催される就職セミナーを通じて、学生は自らの進路についての理解を早い段階で深めることができるのです。このような取り組みが、高い就職内定率を実現している要因の一つであると考えられます。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で不満に感じていること:忙しい時期が被る

就活の困難さ

多くの学生が期待するような、十分な就職支援が提供されていないのが現状です。多くの学生が将来のキャリアを考える上で大切なこの時期に、十分なサポートやガイダンスが受けられないことは、学生の不安や悩みを増幅させています。

ゼミのピークタイム

さらに、就活の重要な時期がゼミの最も多忙な時期と重なってしまうため、学生は二重のプレッシャーを感じています。研究やゼミの活動と就活の両立は容易ではなく、その結果、学生のストレスは高まっています。

4年生の重負荷な授業

4年生になると、プロジェクト科目という内容・負荷が大きな授業が組み込まれています。この授業の重要性は理解しているものの、それが就活の大切な時期と被ることで、時間やエネルギーの管理が難しくなっています。そのため、この期に適切なバランスを取ることが求められ、学生はさらなる困難に直面しているのです。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 6人目

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:周囲との関係

夢を追う友達

このキャンパスには、明確な目標や夢を持って頑張る学生が多いのが特徴です。そのため、周りの友人と刺激を受け合いながら、共に努力する環境が築けるのが素晴らしい点です。友人との競争心ではなく、互いの夢を応援し合える関係性が自然と生まれます。

コンパクトなコース

私が所属するコースは、学生の総数が比較的少ないため、それぞれの学生と深い関係を築くことができます。このような規模感は、大きなキャンパスや多人数のクラスでは得がたい経験となります。互いの顔と名前を覚え、一人ひとりとの絆を深めることができるので、学外の活動や勉強に関することなど、さまざまな話題で交流が盛んになります。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で不満に感じていること:実践系の授業が少ない

受動的な学びの現状

授業の中で、ただ情報を受け取るだけの形式が多いと感じることがあります。その結果、学ぶ内容を十分に理解や体験することが難しい状況にあると感じています。

教授陣の情熱と現状のギャップ

多くの教授たちは学生の学びを真剣に考えていて、その熱意は伝わってきます。しかし、その情熱と授業内容との間には、ある種の乖離を感じることがあり、非常に残念に思っています。

時代のニーズに対応する授業の不足

近年の技術進化を考慮すると、ブロックチェーンやIoT、そしてプログラミングのような分野は今後の社会において不可欠なスキルとなります。しかし、そのような未来志向の授業が提供されていないことは、大学としての教育内容の課題と言えるでしょう。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 7人目

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:対話型の授業

濃密な講義内容

少人数制のクラスなので、講義の内容が充実しています。学ぶ内容が密で、講師と学生との間に深い対話が生まれるため、ただ聞くだけでなく、理解を深めることが可能です。このような環境下では、学びの質が高まります。

活発な議論の場

授業は一方的なものではありません。生徒同士、または教師と生徒の間での意見交換やディスカッションが頻繁に行われるので、各トピックに対する深い理解や視点の広がりを得ることができます。

英語での学び

授業は基本的に英語で進行します。これにより、専門知識を深めると同時に、英語のスキルも自然と向上します。グローバルな視点での学びが求められる現代において、このような英語の授業環境は大きな強みとなります。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で不満に感じていること:ネット環境

Wi-Fiのつながりについて

校内のWi-Fi環境には改善の余地があると感じます。特に授業で必要とされる建物や屋外スペースでは、安定して接続ができることが期待される中、現状は不安定な接続が続いています。この問題を解決するための改善が求められています。

ジムの立地問題

学生の健康を考え、無料で利用できるジムが提供されている点は大変評価しています。しかし、校内におけるその位置は少し遠いと感じる場所にあります。より多くの学生が利用しやすい場所に配置することで、その利用率を上げることができるのではないでしょうか。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 8人目

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:留学

言語に特化した授業

こちらのプログラムでは、英語、中国語、日本語の3つの言語の中から、自分の興味や目的に合わせて特定の言語を深く学ぶことができます。各言語コースは、その言語の文化や背景を理解するための専門的なカリキュラムが組まれています。

英語コースの魅力

英語コースを選ぶと、英語のスキルを次のレベルに引き上げるための様々な学びの機会が提供されます。例えば、プレゼンテーションの技術やアカデミックなリサーチペーパーの作成方法など、実践的な英語能力を養うための授業が豊富に用意されています。さらに、ネイティブスピーカーの教師による英語での授業は、真の英語環境でのコミュニケーション能力を磨くのに最適です。

留学経験の価値

英語コースに登録する学生は、2年目に約1年間、英語を話す国へ留学します。この留学経験は、言語能力を高めるだけでなく、異文化を理解し、国際的な視野を広げるための重要なステップです。最初の数か月は、語学学校での集中的な言語トレーニングを受けます。その後、現地の大学にて現地の学生とともに授業を受講することで、実践的な英語の使用と異文化体験を同時に得ることができます。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で不満に感じていること:イベントが少ない

学校のイベント事情

学内でのイベント開催回数はそれほど多くありません。そして、実際に開催されるイベントにも参加者が集まりにくい傾向が見られます。

宣伝活動の問題点

イベントの成功には情報の発信が不可欠ですが、現在の宣伝手法では十分な露出や参加者を呼び込むことが難しいようです。効果的なプロモーション方法の検討や、学生たちが興味を持ちやすい内容にすることで、より多くの参加者を集められる可能性があります。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 9人目

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:サークル

サークル活動の魅力

この学校のサークルの種類は驚くほど豊富で、それぞれの興味や趣味に合わせてさまざまな活動ができます。多くの学生は複数のサークルに参加し、多岐にわたる経験を積んでいます。しかし、初めて参加したサークルが思っていたものと異なることもあるようです。

サークル選びのコツ

新入生のための新歓期間は、多くのサークルが自己紹介や宣伝活動を行っている大切な時期です。この時期に積極的にさまざまなサークルの活動をチェックし、自分の興味や目的に合ったサークルを見つけることが、充実した学生生活を送るための一つの秘訣です。

文化祭のハイライト

当校の文化祭は非常に盛大で、キャンパス毎に2回開催されるのが特徴です。特に、人気芸能人が登場するトークショーは大変人気で、チケットを手に入れるためには早起きして並ぶ必要があるほどです。このような特別なイベントは、学生たちの学生生活をさらに華やかにしてくれます。

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の実際の評判 10人目

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部で満足していること:学生が個性豊か

女子学生の特徴

この学校の女子学生たちは非常に活気があり、個々の特色や才能が際立っているのが特徴です。様々な背景や経験を持った彼女たちは、互いに刺激を受けながら日々の学生生活を楽しんでいます。

男子学生の魅力

一方、男子学生たちも負けず劣らずユニークで、彼ら独自の情熱やこだわりを持っています。そのため、交流する中で新しい発見や驚きがあることも少なくありません。興味深いエピソードや価値観を共有しながら、友情を深めることができます。

学内の恋愛事情

この学校には、恋愛を楽しむカップルも少なくありません。学びの中で育まれる共通の興味や目標を共有する中で、自然と感情が芽生えることも。学生生活の中でのこのようなロマンスも、一生の思い出として刻まれることでしょう。

学生生活の楽しさ

全体的に、この学校の学生生活は多彩で充実しています。友人や恋人との出会いはもちろん、学びや活動を通じて得られる経験は計り知れないものがあります。毎日が新しい発見や驚きに満ちており、一瞬一瞬を大切に過ごすことができる環境です。

最後に:同志社大学グローバル・コミュニケーション学部に合格をするには?

菅澤

ここまで同志社大学の評判を見てきましたが…

オニ坊

同志社大学にどうしても行きたくなってきましたね。
実際に、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部に合格する方法はあるのでしょうか?

菅澤先生、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部に合格する方法を教えてください。

菅澤

分かりました、ここから先は同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の合格方法を解説していきます。
合格をしないと話は始まらないですからね。

それでは、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部に合格する方法を解説していきます。

❶同志社大学グローバル・コミュニケーション学部から逆算された計画を作成する

菅澤

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部合格には、当たり前かもしれませんが「全ての勉強」が同志社大学グローバル・コミュニケーション学部合格に繋がっていないといけません。

そうでなければ、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部とは程遠い勉強をしてしまう可能性が出てきます。

オニ坊

ということは、どうすればいいのでしょうか?

菅澤

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部から逆算された計画を作成し、一挙手一投足が全て「同志社大学グローバル・コミュニケーション学部」に繋がっていないといけないのです。

実際、我々が運営をする同志社大学専門塾/予備校DO-PASSでは1日ごとに「今何をすれば同志社大学グローバル・コミュニケーション学部合格に繋がるのか」を明確にした計画が存在しますが、それぐらいやらなければ「最短最速の同志社大学グローバル・コミュニケーション学部合格」は叶いません。

オニ坊

分かりました。
同志社大学グローバル・コミュニケーション学部合格のために「1日ごとに明確にしたカリキュラム・計画」を作成します!

菅澤

もし、自分で作成が難しい…うちの子が計画を作成できるとは思えない、と考えられた場合は同志社大学専門塾/予備校DO-PASSにお任せを。同志社大学専門塾/予備校DO-PASSが同志社大学グローバル・コミュニケーション学部合格に導きます。

少しでもご興味があれば幸いです。

❷同志社大学グローバル・コミュニケーション学部【最短最速合格】には「自学自習」しかない。

菅澤

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の受験を考えている受験生で「学校や塾の授業を聞いているだけ」の受験生はいませんか?正直言うと、合格は厳しいと言わざるを得ないです。

なぜかというと「授業を聞いているだけ」では絶対に成績が上がらないからです。

オニ坊

なぜでしょうか?

菅澤

例えばですが、アナタは「誰かが自転車に乗っている様子」を見て、「自転車が乗れるようになった」という経験はありますか?多分ないと思います。

アナタが自転車に乗れるのは、「アナタが自転車に乗ったから」だと思います。
ものすごく当たり前の話ですが…。

つまり、これは勉強でも同じで「他人の説明を聞く」だけでは「出来るようにはならない」のです。
アナタが「成績を上げる」「グローバル・コミュニケーション学部に合格する」には、「自分で勉強をしようとしない限り」厳しいのです。

オニ坊

授業がNGなのであれば、受験生はどのように勉強をしないといけないのでしょうか?

菅澤

授業ではなく「自学自習」で同志社大学グローバル・コミュニケーション学部に合格しましょう。
自学自習の習慣が無ければ成績が上がることもなければ、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部に合格することもありません。
同志社大学グローバル・コミュニケーション学部のために「自分で勉強をする習慣」を付けるのです。

オニ坊

とはいっても、どのように自学自習をすればいいのか分かりません。

菅澤

もちろん、試行錯誤はしてほしいですが
自分で勉強ができるようになる指導、今何を自学自習をすればいいのかを同志社大学専門塾/予備校DO-PASSは「鬼管理」しますので、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部合格に自信がない方でも大丈夫。
少しでも同志社大学グローバル・コミュニケーション学部に合格したい場合は、共に同志社大学専門塾/予備校DO-PASSと同志社大学グローバル・コミュニケーション学部を目指しましょう。

❸同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の合格レベルを「簡単」にする

オニ坊

同志社大学グローバル・コミュニケーション学部のレベルを「簡単」にする、とはどういうことでしょうか?

菅澤

何を言っているんだ?という感じかもしれませんが、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部を「難しい」と思っている以上は合格もそれ相応に「難しい」と言えます。

だからこそ、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部を「簡単だと思えるレベル」まで「下げる」のが必要なのです。

オニ坊

その方法とは?

菅澤

結論、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部のレベル以上の勉強をすることです。
つまりは、1ランクの上の勉強を基準にして勉強をすることで、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部が相対的に簡単・普通レベルに下がります。

アナタも経験があるのではないでしょうか。
小学生低学年当時は「九九」が難しかった…。
しかし、様々な学習をすることで相対的に九九の計算は「簡単」になったはずです。
難易度は「絶対的」ではなくて「相対的」なのです。

これと同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の難易度は同じです。
同志社大学グローバル・コミュニケーション学部以上の勉強をゴールにして勉強をすると、試験本番に「笑って」解けるようになります。
なぜなら、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部の難易度は「相対的」だからです。

実際、大学受験生の大半が「志望大学のワンランク下の大学に進学している事実」が存在しています。
これは、なぜかというと「志望大学が難しい」状況で試験本番に臨んでいるからです。

ということを考えると、逆に同志社大学グローバル・コミュニケーション学部よりもワンランク上の学習をしてしまえば同志社大学グローバル・コミュニケーション学部のレベルが相対的に簡単になるので、理にかなっていると言えます。

菅澤

実際、同志社大学専門塾/予備校DO-PASSでもワンランク上の学習をカリキュラムに組み込むことで「試験本番に同志社大学グローバル・コミュニケーション学部が簡単に思える」ような計画を作成しております。

アナタのライバルである同志社大学専門塾/予備校DO-PASSの塾生が「ワンランク上の勉強をしている」訳ですので、合格を狙うのであればそのような計画を作成するのは必須です。

もちろん、計画作成が難しいというのであれば同志社大学専門塾/予備校DO-PASSがサポートをしますのでお気軽にご相談下さいね。

オニ坊

以上が同志社大学グローバル・コミュニケーション学部に合格をする方法でした!
この方法を中心に、同志社大学グローバル・コミュニケーション学部合格を狙ってください!

菅澤

「受かりたいという気持ち」が少しでもあるなら
アナタの合格を同志社大学専門塾/予備校DO-PASSが応援します。

気になる「同志社大学第一志望の方の方」は下の画像をクリックしてください。
ここまでご覧いただきまして誠にありがとうございました!

オニ坊

同志社大学対策方法を知りたい受験生はコチラのサイトをご覧ください。

シンゲキ株式会社 代表取締役社長
「鬼管理」をコンセプトとした「鬼管理専門塾」を運営。
大学受験・高校受験・英検指導・総合型選抜に幅広く展開しており、日本全国に受講生が存在している。

出演番組:カンニング竹山のイチバン研究所ええじゃないかBiz
CM放送:テレビ東京など全国15局に放映

この記事を書いた人

Writer-kitamura