龍谷大学農学部に最短最速で合格する方法【入試科目別2024年度最新】龍谷大学専門塾が徹底解説

始めに:龍谷大学農学部に最短最速で合格する方法

オニ坊

龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】アシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
「龍谷大学農学部に最短最速で合格する方法【入試科目別2024年度最新】龍谷大学専門塾が徹底解説」
というテーマで記事を書いていきます。

龍谷大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
龍谷大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

オニ坊

コチラの記事では、龍谷大学合格のためにオススメの塾を5選紹介しています!

龍谷大学農学部に合格するには?

ステップ①:龍谷大学農学部の入試内容の確認と学習の優先順位を立てる

菅澤

龍谷大学農学部の合格を目指しているが、現状では偏差値が届いていない場合、全てを網羅的に勉強する時間はありません。そのため、効率的な受験対策が求められます。まず、農学部の入試情報を詳細に確認し、必要科目や配点を把握し、優先順位を決定することが重要です。

オニ坊

龍谷大学は学部ごとに入試内容が異なることは広く知られています。学部により受験科目や配点、問題の傾向が異なるため、自分が受験する学部の入試情報を把握することは必要不可欠です。

菅澤

農学部に特化した対策を立てるためには、まず入試内容を詳しく理解し、その傾向を分析することが求められます。特に「出やすい」とされる分野から優先的に学習することが、合格への最短ルートとなるでしょう。

受験勉強を効率よく進めるためには、まず結論として、戦略的な学習が不可欠です。その理由は、時間と労力を無駄にせず、効率的に得点を伸ばすためです。農学部の過去問を分析すると、特定の分野に出題が集中していることが分かります。これを参考に、出題頻度の高い分野を重点的に学習することで、短期間で効果的に成績を向上させることが可能です。

龍谷大学農学部の入試情報

菅澤

龍谷大学農学部の入試情報については、変更が生じる可能性があるため、最新の情報は大学からの公式発表をご参照ください。偏差値に関しては、河合塾のデータを参考にしています。

学科偏差値
生命科学42.5
農学42.5
食品栄養45.0
食料農業システム42.5
[農学型/一般選抜・スタンダード方式](300点満点)
  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 理科(100点):物基・物理、化基・化学、生基・生物から1科目選択
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
  • 国語(100点):国語総合・現代文B・古典B(漢文を除く)
    ※①英語・理科・数学②英語・理科・国語③英語・理科・数学または国語(高得点1科目採用)から選択
[農学型/一般選抜・高得点科目重視方式](400点満点)
  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 理科(100点):物基・物理、化基・化学、生基・生物から1科目選択
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
  • 国語(100点):国語総合・現代文B・古典B(漢文を除く)
    ※①英語・理科・数学②英語・理科・国語③英語・理科・数学または国語(高得点1科目採用)から選択
    ※高得点1科目の得点を自動的に2倍換算
[農学型/一般選抜・共通テスト併用2科目方式](300点満点)
  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 外国語(100点):「英語(リーディング・リスニング)」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」
  • 国語(100点):「国語」(近代以降の文章)
  • 数学(100点):「数I」「数Ⅰ・A」「数Ⅱ」「数II・B」「簿記・会計」「情報関係基礎」
  • 理科(100点):「物基」「化基」「生基」「地基」「物理」「化学」「生物」「地学」
    ※基礎を付した科目は2科目で1科目分とする
    ※高得点2科目を採用
[資源生物科学・食料農業システムー文系型/一般選抜・スタンダード方式](300点満点)
  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合・現代文B・古典B(漢文を除く)
  • 地歴(100点):世界史B、日本史B
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択
[資源生物科学・食料農業システムー文系型/一般選抜・高得点科目重視方式](400点満点)
  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合・現代文B・古典B(漢文を除く)
  • 地歴(100点):世界史B、日本史B
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択
    ※高得点1科目の得点を自動的に2倍換算
[資源生物科学・食料農業システムー文系型/一般選抜・共通テスト併用2科目方式](300点満点)
  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合・現代文B・古典B(漢文を除く)
  • 地歴(100点):世界史B、日本史B
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択
    ※高得点1科目を採用
  • 外国語(100点):「英語(リーディング・リスニング)」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」
  • 国語(100点):「国語」(近代以降の文章)
  • 地歴(100点):「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」
  • 公民(100点):「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」
  • 数学(100点):「数I」「数Ⅰ・A」「数Ⅱ」「数II・B」「簿記・会計」「情報関係基礎」
  • 理科(100点):「物基」「化基」「生基」「地基」「物理」「化学」「生物」「地学」
    ※基礎を付した科目は2科目で1科目分とする
    ※高得点2科目を採用、但し地歴・公民は1科目まで

ステップ②:龍谷大学農学部の入試傾向を知り頻出分野から対策をする

菅澤

龍谷大学の農学部入試では、教科書レベルの基本問題が多く出題されます。そのため、試験準備においては、まず授業で使われる教材の徹底した理解が求められます。これにより、基本的な概念がしっかりと身に付き、試験においても自信を持って問題に取り組むことができます。

オニ坊

例えば、過去の入試問題を繰り返し解くことで、出題傾向と対策が把握でき、試験で良い成績を収めるための重要なステップとなります。また、同じ教科書レベルの参考書を使っての勉強は、教科書の内容をより深く理解する助けとなります。このように基礎から確実に学び、高い難易度の問題に挑む前に、まずは基本をマスターすることが重要です。

これにより、龍谷大学の農学部入試では、基本的な教科書の内容をしっかりと理解していることが、合格への大きな鍵となります。基本から徹底的に学ぶことで、どんな問題にも対応できる力を養うことができるのです。

龍谷大学農学部9科目の入試傾向と対策法

英語の入試傾向と対策法
大問数4題
解答形式マークシート方式
試験時間70分
菅澤

龍谷大学の農学部における一般入試の英語試験は、4つのセクションから成り立ち、70分の制限時間内で解答するマークシート方式が採用されています。2020年の入試を例にとると、試験は以下のカテゴリーに分かれて出題されました。

オニ坊

まず、長文読解の問題が2題設けられており、テキストの空白部分を埋めたり、単語や文の意味を解釈したり、パラグラフ全体の内容を理解する能力が問われます。このセクションでは、文章を迅速に読み取るスキルが求められ、設問ごとに異なる難易度が設定されていますが、文章自体は理解しやすい構造となっているため、じっくりと内容を吟味することが重要です。

菅澤

次に、日常的な会話表現を問う会話文の問題があり、ここでは生活の中で頻繁に使われる表現が中心となります。この部分に対する準備としては、様々な会話の表現を覚えることが有効です。

オニ坊

最後に、文法と語彙のセクションでは、単語の並べ替え問題が主となります。ここでは英文の構造や様々な構文、イディオムの理解がクリティカルで、これらを把握していれば問題を解くことができます。

このように、各セクションの特性を理解し、それぞれに適した準備をすることが、効果的な試験対策となるでしょう。各問題の形式と内容を把握し、適切な対策を講じることで、全体の試験に臨む姿勢が整います。特に、速読力と語彙力を養うことが、長文読解での成功には不可欠です。また、日常会話で使用される表現を学び、文法問題での構文理解を深めることも、英語力の向上に寄与します。

数学の入試傾向と対策法
大問数3題
解答形式記述式
試験時間60分
菅澤

龍谷大学農学部の数学入試では、3つのメイン問題から成る記述式の試験が実施されており、試験時間は60分と設定されています。2020年の試験では以下のような分野から問題が出題されました。

オニ坊

数学I・IIおよびA・B(数列とベクトルを含む)を扱う文系型の問題構成を採用しており、具体的には次のような問題が含まれています。

  • 第1問目:三角関数、
  • 第2問目:指数関数と対数関数、
  • 第3問目:微分法に関する問題
菅澤

試験はすべて記述式で、各問題について詳細な途中式の記載が求められます。時間は1問あたり約20分と計算されますが、40問の総数を考えると、実際のところ各問題に迅速に取り組む必要があります。特に三角関数、指数・対数関数、微分法といった頻出トピックスでは、基本的な概念から応用問題まで幅広くカバーされ、定期的に出題されることから、これらのエリアにおける確固たる理解と準備が求められます。

オニ坊

学生は、教科書の章末問題や追加の問題集を通じて、これらの分野における基礎的な知識と解法をしっかりと身に付けることが推奨されます。

これらの事実を踏まえると、数学の試験では、問題の理解と解答の正確性が鍵を握ります。具体的には、各トピックの基本事項の徹底した理解に加えて、適切な途中式の記載が成功の決め手となるでしょう。教科書や補助教材を用いた綿密な準備を通じて、学生たちは各問題に対するアプローチ方法を確実に理解し、試験時間内に効率的に解答を導き出す能力を養うことが必要です。

国語の入試傾向と対策法
大問数3題
解答形式マークシート方式
試験時間60分
菅澤

龍谷大学農学部の一般入試において、国語試験は3つの主要なセクションから構成されており、試験時間は合計で60分です。2020年の試験では、以下のような問題が含まれていました。

オニ坊

具体的には、第1問では評論文(約2000~3000字)が出題され、漢字の書き取り、空白箇所の補充、文章内容の説明などが求められました。第2問では文学的な随筆(同じく2000~3000字程度)が取り上げられ、内容の説明やテキストの主旨を解明する問題が設けられています。第3問では、古文(主に歴史物語)を対象に、文法解析、口語訳、内容説明、人物指摘、文学史に関連する問題が組み込まれていました。

菅澤

この試験形式は、農学系と文系の学生どちらも受験することができ、特に資源生物科学科と食品栄養学科の学生は文系型の問題を選択するオプションがあります。試験の構成は、通常現代文の2問(評論文と随筆各1問)と古文の1問で構成されていますが、年度によっては評論文が2問出題されることもあります。

オニ坊

現代文では、各段落を丁寧に読み解きながら全体の主旨を掴む能力が重要視されます。解きにくい場合には、過去問を用いて正解と不正解の理由を詳細に分析することが推奨されます。古文では、基本的な古文単語や文法に関する問題が多く、文学史に関する知識も問われます。ここでの学習には教科書と資料集を活用し、重要なポイントを確実に理解し記憶することが効果的です。

このように、国語試験の成功は問題の種類とそれぞれの問題に適した対策を施すことに大きく依存しています。特に現代文のセクションでは段階的に情報を把握し、文の流れを理解することが重要で、古文では文法と歴史的背景の知識がクリティカルです。これらの要素を踏まえた上で、過去問を使った練習を通じて試験技術を磨くことが、成績向上への鍵となるでしょう。

物理の入試傾向と対策法
大問数3題
解答形式マークシート方式
試験時間60分
菅澤

龍谷大学の農学部一般入試における物理試験は、三つの主要問題で構成され、すべてマーク式の形式を取り、試験時間は60分です。2020年の試験では次のような内容が各大問で扱われました。

オニ坊

第1問は力学に関する斜方投射、第2問では電磁気学から直流回路が、そして第3問は熱力学における熱気球の問題が出題されました。これらの問題は、物理学の基本的な範囲内で、教科書に基づいた問題集で対策可能です。

菅澤

物理試験は農学部志望者が選択することができ、一般的に力学、電磁気、波動、または熱力学から各々の問題が出されます。これらの問題は時には難易度が高いものの、基本公式を利用して解くことが多く、教科書や補助教材の練習問題をこなすことで、基本知識をしっかりと身につけることが推奨されます。また、解答選択肢から不適切なものを除外する消去法を用いるアプローチも有効です。

オニ坊

このような試験構成を踏まえると、物理試験の成績を向上させるためには、適切な準備が必須です。具体的には、斜方投射や直流回路、熱気球といったトピックに対して、基本的な物理法則や公式を活用することが重要です。

菅澤

例えば、斜方投射の問題では運動の方程式を、直流回路ではオームの法則やキルヒホッフの法則を、熱気球については理想気体の法則を利用することが求められます。これらの法則をしっかりと理解し、教科書や問題集で繰り返し練習することで、試験での効率的な解答が可能になります。

結果的に、物理の試験においては、しっかりとした基礎知識と、それを応用するための練習が成功への鍵となります。適切な準備と戦略的な解答方法を用いることで、試験の全問題に対して確実に対応することが可能です。

化学の入試傾向と対策法
大問数4題
解答形式マークシート方式
試験時間60分
菅澤

龍谷大学農学部の化学入試では、試験は4つの大問から成り、全てマーク式の問題で、与えられた時間は60分です。2020年度の試験内容は、受験生の選んだ入試の形式によって多少の違いはありますが、主要な問題は以下の通りです。

オニ坊

第1問では「アスコルビン酸の酸化還元滴定」に関する計算が必要な理論問題、第2問は「溶液の電気分解」に関する計算を含む理論問題、第3問は「レアメタルや合金、鉄の性質」に焦点を当てた無機化学の問題、そして第4問は「糖質の構造とその性質」を扱う有機化学及び計算問題が出題されました。

菅澤

これらの問題には、理論と計算が主に問われ、特に後期日程ではこの科目を選択することができないため、農学部を志望する受験生は特に準備が求められます。

オニ坊

これらの事実を踏まえると、化学の試験においては準備が非常に重要です。具体的には、アスコルビン酸の滴定や溶液の電気分解など、理論と計算が必要な問題が多く、これらの問題では速さと正確さが求められます。

菅澤

例えば、アスコルビン酸の酸化還元滴定では、正しい反応式を立て、必要な計算を迅速に行う能力がテストされます。溶液の電気分解の問題では、イオンの移動や反応に必要な電圧の計算が含まれるため、これらの計算に慣れることが不可欠です。糖質の構造に関する問題では、多くの化合物の構造式を覚え、それらの性質について理解しておく必要があります。

したがって、受験生は、これらのトピックに関して教科書や追加の資料を用いて徹底的に学習し、問題集での反復練習を行うことが推奨されます。このようにして、化学反応式や構造式を正確に書き、その背景にある理由を説明できるようになることが、試験での成功に繋がるのです。

生物の入試傾向と対策法
大問数4題
解答形式マークシート方式
試験時間60分
菅澤

龍谷大学の農学部一般入試で行われる生物学の試験は、4つのセクションで構成され、全てマーク式の問題で60分間の試験時間が設定されています。2020年度の試験では以下のような分野が各セクションで取り上げられました。

オニ坊

第1問はDNAとRNA、遺伝子組み換えに関する計算問題、第2問は動植物の生物時計や光周性に関する問題、第3問は目や耳の構造に関する計算問題、そして第4問はハーディ-ワインベルクの法則や遺伝的浮動といった進化と系統分類に関連する計算問題が含まれています。これらの問題は理工学の入試と同様の問題構成で出題され、特に進化と系統分類に関する問題は毎年必ず出題されるため、その準備が不可欠です。

菅澤

この試験構成を踏まえた上で、試験の成功は適切な準備に依存します。具体的には、遺伝情報に関する計算問題や動物の感覚器官の構造についての詳細な理解、さらに進化理論に基づく計算問題など、各問題の基本から応用までを網羅する学習が求められます。

オニ坊

たとえば、ハーディ-ワインベルクの法則を用いた遺伝的浮動の計算問題では、遺伝子頻度の変動を正確に計算する能力がテストされます。このような問題に効果的に対処するためには、教科書や追加の資料で基本概念をしっかりと理解し、問題集での繰り返し練習が必要です。

したがって、生物学の試験では、各トピックに関する十分な予備知識と計算スキルが、良い成績を収めるための鍵となります。これには、教科書での学習を中心に基本的な内容を押さえつつ、計算問題に対する迅速かつ正確な対応能力を養うことが重要です。このアプローチにより、時間内に多くの問題に正確に答えることが可能となり、試験での成功へとつながります。

日本史の入試傾向と対策法
大問数3題
解答形式マークシート方式
試験時間60分
菅澤

龍谷大学農学部の一般入試で日本史の試験は、3つの大問からなり、合計40問がマーク式で出題され、試験時間は60分とされています。

オニ坊

この試験は、文系の学生が選択することができ、特に資源生物科学科と食料農業システム学科の学生が前期日程で、食料農業システム学科の学生だけが中期と後期日程で受験することが可能です。

菅澤

試験内容としては、古代から中世、そして近代にわたる歴史が各大問で扱われ、史料解析の問題が2題設けられています。また、地図や美術作品を使った問題も出題されることがあり、これらの問題には資料集を用いた事前の準備が不可欠です。

オニ坊

出題の傾向として、政治史が中心でありつつ、文化史や社会経済史が組み合わさった問題も見られます。これらの問題を解く上で、基本事項の理解はもちろん、それらの情報を関連付けて詳細に覚えることが重要です。

菅澤

これらの事実を踏まえて、日本史の試験において高い成績を目指すためには、充分な準備が必要です。例えば、史料問題では、文献だけでなく地図や美術作品からも情報を引き出す能力が求められます。これは、歴史的文脈を理解し、それを具体的な問題に応用するためには、広範な知識とともに、資料の解釈能力も必要であることを示しています。

オニ坊

特に、政治史中心の問題を解答する際には、その背後にある文化的または経済的な要因を理解し、どのようにこれらが互いに影響を及ぼしているのかを詳細に把握する必要があります。

したがって、日本史の試験では、単に事実を暗記するだけでなく、それらがどのように結びついているのかを深く理解し、多角的な視点から問題にアプローチすることが、良い成績を得るための鍵となります。教科書や資料集を熟読し、過去問を解いてみることで、試験で求められる複雑な問題に効果的に対応する能力を身につけることができるでしょう。

世界史の入試傾向と対策法
大問数3題
解答形式マークシート式
試験時間60分
菅澤

龍谷大学農学部の一般入試で実施される世界史の試験は、合計40問のマーク式で、3つの大問に分かれています。試験時間は60分と定められています。2020年度の入試で取り上げられた具体的な内容は以下の通りです。

オニ坊

第1問では中国の古代史が、第2問では16世紀から18世紀にかけてのスペインとオランダの歴史が、第3問では18世紀から19世紀にかけての清とイギリスの関係を地図を用いて問う問題が出題されました。この試験は、資源生物科学科と食料農業システム学科の学生が前期日程で受験可能であり、食料農業システム学科の学生のみが中期および後期日程でも受験できます。

菅澤

出題される問題は主にヨーロッパと中国の歴史を中心に、その時代や人物、地理的な事項に関連する正誤問題が多いです。特に、重要人物の業績やその文化的背景に関連する問題が頻出し、これらの問題を解くためには、関連する歴史的事実を詳細に記憶しておく必要があります。

オニ坊

このような試験構成を踏まえた上で、世界史の試験における成功は十分な準備に依存します。たとえば、清とイギリスの関係を問う地図問題では、当時の地政学的な状況や両国間の重要な事件の地理的位置を正確に把握しておく必要があります。また、16~18世紀のスペイン・オランダ史を扱う問題では、当時の政治的変動や文化的な影響を理解することが不可欠です。

菅澤

このような知識は、教科書や追加の資料を使って確実に学習し、問題集や過去問を通じて実践的な演習を行うことで、さらに深めることができます。

したがって、世界史の試験で高い成績を得るためには、詳細な歴史的事実の記憶とそれに関連する地理的、政治的、文化的な理解を深めることが重要です。これにより、試験問題の解答に必要な幅広い知識と理解を持つことができ、効果的に問題にアプローチすることが可能となります。

公民の入試傾向と対策法
大問数3題
解答形式マークシート式
試験時間60分
菅澤

龍谷大学農学部の一般入試における公民(政治・経済)科目は、三つの大問から構成されており、試験は40問のマーク式で、試験時間は60分です。

オニ坊

この試験は文系の学生が選択でき、資源生物科学科と食料農業システム学科の学生が前期日程で、後者の学科の学生のみが中期および後期日程で受験することが可能です。試験の内容は政治と経済の二つの分野に渡り、グラフ分析を含む問題も含まれることがあります。

菅澤

試験対策としては、教科書を中心に基本から応用までの知識を習得し、過去問を通じてその知識をどのように問題に適用するかの練習が重要です。また、現代の政治や経済の動向を把握するために新聞やニュースを定期的にフォローすることも勧められています。

オニ坊

このような試験構造を考えると、公民の試験で良い成績を得るためには適切な準備が必須です。具体的な例としては、経済学部分でのグラフを使用した問題では、経済の傾向や変動をグラフに表し、それを解釈する能力が問われます。このような問題では、教科書で学んだ経済理論を実際のデータと関連付けて考える必要があります。

菅澤

また、政治の部分では、政策の変更がどのように社会に影響を与えるかを分析する問題も出題されるため、最新の政治状況に対する理解も必要です。

したがって、公民科目の試験では、広範囲にわたる基本的な知識の習得とともに、時事問題に関する最新の情報を取り入れることが成績向上に直結します。教科書や参考書を用いた基礎学習に加えて、新聞やニュースを活用して現実世界の政治経済と教室での学びを結びつけることが、試験における成功への鍵となるでしょう。

龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】の龍谷大学農学部専門対策とは?

❶龍谷大学に完全特化!1日ごと/1週間ごと/1カ月ごとのカリキュラムを作成します!

菅澤

龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】は龍谷大学に特化した龍谷大学専門塾/予備校です。

オニ坊

龍谷大学農学部合格のために、1日ごとのカリキュラムを作成して「龍谷大学農学部第一志望の受験生」を合格に導きます。1日ごと・1週間ごと・1カ月ごとに「何をすれば龍谷大学農学部に合格できるのか」を「鬼管理」するので、「今何をすればいいのか」迷うことが無くなります。

■今、龍谷大学農学部まで何をすればいいのか分からない
■龍谷大学農学部合格には何が必要なのか分かっていない

菅澤

そのような受験生は龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】の「龍谷大学農学部」特化のカリキュラムで共に合格を目指しませんか?

オニ坊

以下のボタンは「龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】」の公式サイトと入塾説明会に参加できる「公式LINE」になります。

❷龍谷大学合格・龍谷大学農学部合格まで「365日鬼管理」

菅澤

龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】では、龍谷大学・龍谷大学農学部合格まで365日鬼管理をする体制を設けております。

❶先述の1日ごとのカリキュラムを元に、1日ごとに「龍谷大学に最短距離で合格できる課題」を課し
❷その課題ができたかどうかを確認する「最大週7回の確認テスト」
❸毎日の勉強が習慣化される365日開講のZoom自習室
❹毎日の勉強を報告しないといけない「勉強報告フォーム」

等、龍谷大学農学部まで最短距離で合格するために「1日ごとに」龍谷大学農学部合格のための課題を課しながら、テストやその後の改善策提案、毎日の勉強習慣化までフルサポートを行います。

オニ坊

龍谷大学農学部まで1日ごとに「何をすればいいのか」分かるから龍谷大学農学部合格が「実感」できます。

詳細:以下をクリックすると「指導の仕方」「合格への導き方」を更に知ることができます!
そもそも「鬼管理」とは何か?
指導の特徴について詳しく知る。
指導の流れについて詳しく知る。

オニ坊

「龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】がイメージできない…」
という場合は公式サイトで詳しく解説しておりますので以下のボタンをクリックしてみてください。

❸なぜ間違えたのかを分析改善する/最大週7日行う「問題発見ミーティング」

❸なぜ間違えたのかを分析改善する/最大週7日行う「問題発見ミーティング」
菅澤

龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】では龍谷大学農学部合格のために「問題発見ミーティング」という課題の分析改善が行われます。

つまり、毎週レベルでテストをしてそれで終わりではなくて、
❶なぜ間違えたのか
❷何をすれば次は間違えないか
を徹底的に分析・改善することで「毎日成績向上をする」「龍谷大学農学部に近づく」状況を設けます。

オニ坊

成績は「出来ない問題を出来るようにする」状況を作って初めて上がります。
出来ない問題を見つける「テスト」をする「だけ」では「意味がない」のです。

菅澤

「出来るようにする」その瞬間に初めて、成績は上がり龍谷大学農学部合格に近づきます。
最大週7日「問題発見ミーティング」を行いますので、龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】にご入塾いただければアナタは毎日の勉強が「龍谷大学農学部に近づく」こと、間違いなしです。

詳細:以下をクリックすると「指導の仕方」「合格への導き方」を更に知ることができます!
「問題発見ミーティング・分析改善」を詳しく知る!

■龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】の指導の特徴を解説します!

■龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】の指導の流れを解説します!

龍谷大学合格実績

【合格実績】
龍谷大学文学部
龍谷大学心理学部
龍谷大学経済学部
龍谷大学経営学部
龍谷大学法学部
龍谷大学政策学部
龍谷大学国際学部
龍谷大学先端理工学部
龍谷大学社会学部
龍谷大学農学部

龍谷大学に合格したい受験生を、「龍谷大学合格」まで鬼管理する「龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】」だからこその結果です!少しでも「龍谷大学農学部」に合格したい受験生は「自分の目で」合格実績を確かめてみてください!↓↓↓

龍谷大学農学部に合格した講師がアナタを指導します!

菅澤

龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】の講師は全員龍谷大学レベル以上の講師が担当。
龍谷大学に合格した経験のある講師か、龍谷大学以上の大学に合格をした講師がアナタを「龍谷大学農学部」まで導きます。

オニ坊

一般的な塾ですと、龍谷大学農学部に合格したいと言っても、龍谷大学合格レベルではない講師が担当になったり、龍谷大学をそもそも知らない講師が担当をする等、受験生にとって最適ではない指導が横行しています。

龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】は「龍谷大学に受からせる塾」になりますので、龍谷大学農学部第一志望のアナタが「最短距離で合格できる」ように、龍谷大学に合格した経験のある講師か、龍谷大学以上の大学に合格をした講師を担当にすることでアナタの合格をフルサポートします。

オニ坊

ここでは書ききれないこともありますので、
龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】の「講師」について詳しく知りたい場合は以下のボタンをクリックしてください。

龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】の入塾相談会に参加しませんか

「龍谷大学農学部に合格したい、けど偏差値が足りない」
「龍谷大学農学部に合格したい、けどE判定」
「龍谷大学農学部に合格したい、けど何をすればいいのか分からない」

菅澤

そのような状況にいる龍谷大学第一志望・龍谷大学農学部第一志望は「龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】」がお力になれます。

オニ坊

まずは、龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】の「公式パンフレット・資料」をご請求いただいたり「入塾相談会」に参加することで「龍谷大学合格」や「龍谷大学専門塾【鬼管理龍谷大学塾】」を理解していただければ幸いです。

龍谷大学農学部紹介

菅澤

龍谷大学農学部は、人間と自然の調和を基盤にした教育を提供し、持続可能な社会構築を目標としています。この学部では、植物生命科学科、資源生物科学科、食品栄養学科、食料農業システム学科という四つの専攻があり、これらを通じて学生に食と農の重要性を教育しています。

オニ坊

学部内で実施される「食の循環実習」は、この教育理念を具体化するプログラムです。この実習では、学生たちは農作物の生産から始まり、加工、流通、消費、そして食品のリサイクルに至るまでの全過程を経験します。このプロセスを通じて、学生は各段階で必要とされる専門知識を深め、理解を一層進めることができます。

菅澤

例えば、栽培や収穫の段階では、持続可能な農法の技術が導入され、学生は実際に手を動かしながら土と植物の関係性を学びます。加工段階では、食品の保存技術や栄養価の維持方法についての知識が強化され、流通プロセスでは、商品が消費者に届くまでの効率的な方法を探求します。消費後の食品廃材の再生についても、環境負荷を最小限に抑える方法が学ばれます。

このように、「食の循環実習」を通じて、学生たちは食と農のサイクル全体にわたる専門知識を身につけることで、持続可能な社会に貢献するための実践的なスキルと理解を深めることができます。この教育プログラムは、龍谷大学農学部の目標である調和のとれた持続可能な社会の実現への重要なステップとなっています。

龍谷大学のホームページ

菅澤

龍谷大学公式サイトはこちらです。
https://www.ryukoku.ac.jp

龍谷大学入試情報はこちらです。
https://www.ryukoku.ac.jp/admission/nyushi/

龍谷大学のキャンパス所在地

  • 【深草キャンパス】〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
  • 【大宮キャンパス】〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125番地の1
  • 【大阪梅田キャンパス】〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー14階
  • 【瀬田キャンパス】〒520-2194 大津市瀬田大江町横谷1番5

その他詳細情報

  • 歴史:2015年
  • 農学部の人数:合計1,768名、男性 56.9%、女性 43.1%

龍谷大学農学部英語試験の傾向と対策法

菅澤

龍谷大学農学部の英語入試は、4つの大問から構成されており、試験時間は70分です。このマークシート形式の試験は、特定のスキルを評価するために設計されています。2020年度の試験内容を詳しく見ると、異なる能力が求められる各セクションには明確な目的があります。

オニ坊

最初のセクションは長文読解で、参加者は与えられたテキストの空白を埋める作業や、単語及び文の意味を解釈し、さらにはパラグラフ全体の内容を理解する必要があります。この部分では、テキストを速く正確に読む能力が重要で、文章は理解しやすく構成されているため、内容をじっくりと考察することが推奨されます。

菅澤

次のセクションは会話文で、日常的に使われる表現を問う問題が出題され、実際の会話で頻繁に使用されるフレーズや表現を学ぶことが有効です。

オニ坊

最後のセクションでは、文法と語彙が中心となり、特に単語の並べ替えが含まれます。ここでの成功は、英文の構造や構文、イディオムの深い理解に依存しています。

このような試験構造を理解し、各セクションに適した戦略を練ることが、効果的な対策となります。特に、長文読解セクションでは速読力を、会話文では日常的な表現を、文法・語彙セクションでは文法知識を強化することが、試験全体の成績向上に直結します。速読力を高めることで、与えられた時間内により多くの情報を処理できるようになり、日常会話の表現を学ぶことで実際の言語使用に役立ちます。

龍谷大学農学部を目指す受験生からよくある質問4選

質問①:龍谷大学農学部の受験科目を教えてください
菅澤

龍谷大学農学部の一般入試では、受験生は外国語、国語、数学、理科の中から2つの科目を選んで受験します。3つ以上の科目を受験した場合、最も高い得点を記録した2つの科目が合否判定に利用されます。

オニ坊

さらに、大学入学共通テストでの成績が良好な場合、その得点は入試科目として重複して利用可能です。例として、共通テストの英語試験(リーディングとリスニング)で良い成績を収めた場合、その得点は資格や検定試験の基準に応じて最大100点の満点から、85点、70点という3段階で換算されます。

菅澤

そして、もし外国語が入試の必要科目である場合、共通テストでの得点と別途受験した外国語試験の得点を比較し、より高い得点が適用されます。

入試科目や評価方法に関しては、変更される可能性があるため、受験生は大学の公式ホームページや入学者選抜要項、学生募集要項を定期的にチェックすることが推奨されます。このような仕組みは、受験生にとって柔軟かつ公平な評価を提供し、各個人の最高の成績が評価に反映されるように設計されています。

質問②:龍谷大学農学部の入試方式を教えてください

■[農学型/一般選抜・スタンダード方式](300点満点)

■[農学型/一般選抜・高得点科目重視方式](400点満点)

■[農学型/一般選抜・共通テスト併用2科目方式](300点満点)

■[資源生物科学・食料農業システムー文系型/一般選抜・スタンダード方式](300点満点)

■[資源生物科学・食料農業システムー文系型/一般選抜・高得点科目重視方式](400点満点)

■[資源生物科学・食料農業システムー文系型/一般選抜・共通テスト併用2科目方式](300点満点)

質問③:龍谷大学農学部の倍率と偏差値を教えてください
菅澤

2022年度の龍谷大学農学部の入試倍率は、各学期の試験で異なり、前期農スタンダードと前期農高得点のコースでそれぞれ1.8、中期農スタンダードで1.7と報告されています。この大学の農学部における偏差値は、植物生命科学科が40.0~42.5、農学科が42.5~45.0、食品栄養学科と食料農業システム学科が40.0~45.0の範囲で、共通テストの得点率は53%~67%です。

オニ坊

これらの統計は、龍谷大学農学部が提供する教育の質と学生の学業成績に対する期待を示しています。例えば、偏差値が比較的高い農学科では、学生の学術的な能力が他の学科よりも高いことが推測されます。同様に、共通テストでの得点率が比較的高い範囲にあることから、入学希望者が全体的に高い学業水準を持っていることが窺えます。

この情報に基づいて、龍谷大学農学部への入学を検討する学生や保護者は、どの学科が自分の学力に最も適合するか、またその競争率を理解することができます。具体的には、農学科を目指す学生は高い学業成績を持つ必要があり、それに見合う準備が必要となるでしょう。このように、学部の入試倍率や偏差値、共通テストの得点率は、学生が学業目標を設定し、達成するための重要な指標となります。

質問④:龍谷大学農学部に合格するための英語の勉強法を教えてください
菅澤

龍谷大学農学部の英語試験は、4つの大問成り立っており、試験時間は70分間です。2020年度の試験では、各セクションが異なるスキルセットを要求し、具体的に設計されています。

オニ坊

試験の第一部は長文読解で、ここでは与えられたテキストの空白部分を埋め、単語や文の意味を解釈し、さらに全体のパラグラフの意味を把握することが求められます。このセクションでは、速読と正確な理解が必要とされ、テキストは分析しやすいように構成されています。

菅澤

続いて、日常会話に関連するフレーズや表現を問う会話文のセクションがあり、ここでは実際の言語使用に頻繁に出てくる表現を学ぶことが有益です。

オニ坊

最後のパートでは、文法と語彙が中心で、特に単語を適切な順番に並べることが要求されます。ここで成功するためには、英文法の構造と用語の深い理解が必要です。

これらの情報を理解することで、試験の準備に対する適切なアプローチが明らかになります。例えば、長文読解では、テキストを迅速に処理し理解するための速読技術を向上させることが重要です。また、会話文セクションでは、日常的な表現やフレーズを学び、それを実際の言語使用で活用する能力を養います。文法と語彙の部分では、英語の文法規則を深く理解し、適切な語彙の使用方法を習得することが求められます。

龍谷大学農学部の特長

菅澤

龍谷大学農学部は、人間と自然が共生する持続可能な未来を目指して教育を行っており、四つの学科―植物生命科学科、資源生物科学科、食品栄養学科、食料農業システム学科―を通じて、学生に食と農の基本から応用までを広く教えています。

オニ坊

本学部では「食の循環実習」というプログラムを展開しており、これは学生たちが食品の生産、加工、流通、消費、そして廃棄という一連のプロセスを実際に経験することで、各段階で必要とされる専門知識を深める機会を提供しています。この実習によって、学生たちは食と農のサイクル全体を理解し、それぞれのプロセスが持続可能な方法でどのように実施されるべきかを学びます。

菅澤

具体的な例としては、農作物の栽培と収穫では持続可能な農法が教えられ、学生はこれを実践しながら土壌と植物の健康を維持する方法を学びます。食品の加工段階では、保存技術や栄養価の維持について学び、流通プロセスでは効率的な物流システムの構築方法を探ります。最終的に、消費された後の食品リサイクルでは、廃棄物の最小化と資源の再利用方法が教育されます。

これらの経験を通じて、学生たちは実際に持続可能な食のサイクルを体験し、その中で得た知識と技術を将来、持続可能な社会を構築するために活用することができるようになります。このようにして、龍谷大学農学部は教育を通じて持続可能な社会の実現に向けた実践的なスキルと知識を学生に提供しています。

龍谷大学農学部の学科

生命科学科、農学科、食品栄養学科、食料農業システム学科

龍谷大学農学部で取得可能な主な資格

  • 高等学校教諭一種免許状 (理科、農業)
  • 中学校教諭一種免許状(理科)

龍谷大学農学部に合格したい受験生へ

菅澤

成績が思うように伸びていない場合、多くの生徒が学習方法に課題を抱えていることがあります。適切な指導とサポートを受けることで、学生は効果的な勉強法を身につけ、成績を向上させることが可能です。

オニ坊

例えば、勉強のやり方を変えることで、これまで成績が伸び悩んでいた生徒も大きな進歩を遂げることができます。具体的には、苦手科目の攻略法を学んだり、志望校対策の方法を理解したりすることで、これまでの学習に見られなかった成果を実現できるようになります。このようなサポートを提供する塾や予備校は、生徒の学習方法を根本から見直し、彼らが目標を達成できるように手厚い支援を行います。

したがって、成果が出ていない生徒は、学習方法を見直し、専門的なサポートを受けることで、大きな成長を遂げることが可能です。これにより、成績が伸び悩んでいる生徒も、期待する成果を得ることができるようになります。
ご不安や疑問を持っていらっしゃる方は、資料をお求めいただくことをお勧めします。