学習院大学法学部に最短最速で合格する方法【入試科目別2024年度最新】学習院大学専門塾が徹底解説

始めに:学習院大学法学部に最短最速で合格する方法

オニ坊

学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】アシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
「学習院大学法学部に最短最速で合格する方法【入試科目別2024年度最新】学習院大学専門塾が徹底解説」
というテーマで記事を書いていきます。

学習院大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
学習院大学第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

オニ坊

コチラの記事では、学習院大学合格のためにオススメの塾を5選紹介しています!

学習院大学法学部に合格するには?

ukaru-gakusyuin-hou_01

ステップ①:学習院大学法学部の入試内容の確認と学習の優先順位を立てる

菅澤

学習院大学法学部を目指すにあたり、現在の偏差値が基準に達していない場合、全ての科目を無計画に勉強する時間はありません。そこで、効率的な受験勉強の方法を取り入れる必要があります。そのためには、まず法学部の入試情報を徹底的に調べ、必要科目や配点などを把握し、勉強の優先順位をつけることが重要です。

オニ坊

学習院大学の各学部では、入試内容が異なることはよく知られています。同じ大学でも、学部ごとに受験科目や配点、出題傾向が異なるため、入試対策もそれぞれに合った方法をとる必要があります。特に法学部の場合、出題傾向をしっかりと理解し、頻出分野から対策を始めることが合格への近道となります。

菅澤

まずは、過去問を分析し、どの分野が頻出されやすいのか、どのような形式の問題が出されるのかを把握します。これにより、効率的な勉強計画を立てることができます。例えば、配点が高い科目に重点を置き、得意科目をさらに強化することで、確実に得点を伸ばすことができます。また、苦手科目に関しても、頻出分野を中心に効率的に学習することで、全体的な成績向上を図ることができます。

入試情報を基に勉強の優先順位をつけ、出題傾向に合わせた対策を行うことで、効率的に受験勉強を進めることができます。これが、学習院大学法学部に合格するための最も効果的な方法です。ぜひ、下記の入試情報を参考にして、合格への道を切り開いてください。

学習院大学法学部の入試情報

菅澤

学習院大学法学部の入試情報については、変更が生じる可能性があるため、最新の情報は大学からの公式発表をご参照ください。偏差値に関しては、河合塾のデータを参考にしています。

学科偏差値
60.0
政治57.5

[コア]3教科350点満点

教科配点科目または備考
国語100点国語総合・古典B(漢文を除く)
外国語150点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(独・仏選択可)
地歴
公民
数学
100点「世B・日B・地理B」
「政経」
「数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)」
から1科目選択
菅澤

合格を勝ち取るためには、特に配点の高い科目に注力することが非常に重要です。もしこれらの科目が苦手であったり、後回しにしてしまっている場合には、受験勉強の方法を見直すことが不可欠です。

オニ坊

まず、配点の高い科目が合否を大きく左右する理由について考えてみましょう。大学入試においては、総合得点が重要な役割を果たします。特に配点の高い科目で高得点を取ることができれば、全体の点数を大きく引き上げることができます。逆に、これらの科目で低得点に終わってしまうと、他の科目でカバーするのが難しくなるため、合格の可能性が低くなります。そのため、配点の高い科目を重視することは、効率的な受験対策の基本となるのです。

菅澤

具体的な例を挙げると、例えば、英語や数学といった科目が高配点で設定されている場合、その重要性は他の科目よりも増します。もしこれらの科目が苦手であったり、後回しにしていたりするのであれば、早急に勉強方法を見直し、重点的に対策を講じる必要があります。例えば、苦手な分野を徹底的に復習し、過去問を繰り返し解くことで出題傾向を把握し、効率的に得点を上げる方法を見つけることが重要です。また、得意科目を活かして全体の得点を引き上げる戦略も有効です。

配点の高い科目に重点を置いて勉強することが、合格への最短ルートとなります。自分の得意・不得意を見極め、効率的に学習を進めることで、合格の確率を大幅に向上させることができるでしょう。したがって、今すぐにでも勉強のやり方を見直し、効果的な対策を始めることが必要です。

ステップ②:学習院大学法学部の入試傾向を知り頻出分野から対策をする

菅澤

学習院大学法学部の入試問題には毎年一貫した傾向が見られることをご存じでしょうか?出題される問題の量や難易度、頻出分野はほぼ固定されています。

実際、2021年度の入試でも大きな変更はないことが発表されています。このため、学習院大学法学部の合格を目指すには、出題傾向をしっかりと把握し、優先順位の高い分野から対策を進めることが重要です。

オニ坊

まず、法学部の入試問題の特徴として、毎年同じような形式や内容が出題されることが挙げられます。これにより、過去問の分析が非常に有効となります。過去の問題を解くことで、どの分野が頻繁に出題されるのか、どのような形式の問題が出されるのかを把握することができます。

菅澤

例えば、憲法や民法などの基本科目は毎年必ず出題されるため、これらの分野を重点的に学習することが重要です。また、難易度の高い問題が出題される傾向がある分野については、理解を深めるための追加の参考書を活用するなど、対策を強化することが求められます。

オニ坊

具体的には、過去5年間の入試問題を徹底的に分析し、頻出問題や重要なテーマを把握した上で、効率的に学習を進めることが推奨されます。また、模擬試験を利用して自分の実力を確認し、弱点を補強することも有効です。これにより、入試本番での得点力を高めることができます。

入試問題の傾向を理解し、優先順位をつけて対策を進めることが、学習院大学法学部に合格するための最も効果的な方法です。下記では、法学部の科目別の入試傾向と具体的な対策を簡単にご紹介しています。ぜひ参考にして、効果的な学習を進めてください。

学習院大学法学部5科目の入試傾向と対策法

英語の入試傾向と対策法
大問数7題
解答形式マークシート方式+記述式
試験時間90分
菅澤

学習院大学法学部の英語試験では、毎年7つの大問が出題されます。その内訳は、長文読解問題、空欄補充問題、正誤問題、和文英訳問題など多岐にわたります。

オニ坊

問題の総量は多いですが、その内容は比較的平易であり、基礎的な文法や単語の知識をしっかりと身につけていれば十分に対応できます。特に、長文読解問題では、紛らわしい選択肢が多く含まれているため、文章を丁寧に読み解く能力が求められます。

菅澤

学習院大学法学部の英語試験を攻略するためには、基本的な文法力と単語力をしっかりと身につけることが重要です。基礎レベルの参考書や問題集を活用し、徹底的に学習することで、試験で求められる能力を身につけることができます。また、やや特殊な形式の問題も出題されることがあるため、数年分の過去問に取り組み、出題形式に慣れておくことが必要です。

オニ坊

具体的には、例えば基本的な単語帳を使って毎日少しずつ単語を覚えることや、文法問題集を繰り返し解くことで、基礎を固めることができます。さらに、過去問を解く際には、実際の試験と同じ時間を計って取り組むことで、試験本番の緊張感や時間配分の感覚を養うことができます。

単語力と文法力を確実に身につけることが、学習院大学法学部の英語試験に合格するための鍵となります。基礎をしっかりと固め、過去問を通じて実践力を養うことで、試験当日に自信を持って臨むことができます。

数学の入試傾向と対策法
大問数4題
解答形式記述式
試験時間60分
菅澤

学習院大学法学部の英語試験では、毎年7つの大問が出題されます。その内訳は、長文読解問題、空欄補充問題、正誤問題、和文英訳問題など多岐にわたります。

オニ坊

問題の総量は多いですが、その内容は比較的平易であり、基礎的な文法や単語の知識をしっかりと身につけていれば十分に対応できます。特に、長文読解問題では、紛らわしい選択肢が多く含まれているため、文章を丁寧に読み解く能力が求められます。

菅澤

学習院大学法学部の英語試験を攻略するためには、基本的な文法力と単語力をしっかりと身につけることが重要です。基礎レベルの参考書や問題集を活用し、徹底的に学習することで、試験で求められる能力を身につけることができます。また、やや特殊な形式の問題も出題されることがあるため、数年分の過去問に取り組み、出題形式に慣れておくことが必要です。

オニ坊

具体的には、例えば基本的な単語帳を使って毎日少しずつ単語を覚えることや、文法問題集を繰り返し解くことで、基礎を固めることができます。さらに、過去問を解く際には、実際の試験と同じ時間を計って取り組むことで、試験本番の緊張感や時間配分の感覚を養うことができます。

単語力と文法力を確実に身につけることが、学習院大学法学部の英語試験に合格するための鍵となります。基礎をしっかりと固め、過去問を通じて実践力を養うことで、試験当日に自信を持って臨むことができます。

国語の入試傾向と対策法
大問数3題
解答形式マークシート式+記述式
試験時間60分
菅澤

学習院大学法学部の国語試験では、毎年3つの大問が出題されます。第1問は漢字の読み書き、第2問は現代文の読解、第3問は古文の読解が含まれます。

現代文では主に評論文が出題される一方、古文では中世の作品が頻出となっています。これらの問題は標準的なレベルであり、確実に正解することで合格に近づくことができます。

オニ坊

まず、合格のためには平易な問題を確実に正解することが求められます。学習院大学法学部の国語試験では、出題範囲が明確であり、標準的な問題が多いため、早い段階からセンター試験レベルの演習を行うことが効果的です。これにより、基礎的な知識をしっかりと身につけることができます。

菅澤

具体的には、漢字の読み書きを確実にするために毎日の復習を欠かさず行い、現代文では評論文の読解力を鍛えるために様々な評論文に触れることが重要です。また、古文では古語や古典文法の理解を深め、中世の作品に多く触れることで、出題傾向に合わせた対策を行うことが求められます。

オニ坊

例えば、毎日10分程度漢字の練習をすることで漢字力を強化し、週に1回は現代文と古文の読解問題に取り組むことで読解力を高めることができます。また、過去問を利用して出題傾向を把握し、自分の弱点を確認しながら対策を進めることも重要です。これにより、実際の試験で自信を持って回答できるようになります。

学習院大学法学部の国語試験を突破するためには、基礎的な知識を確実に身につけることと、早い段階から実践的な演習を行うことが不可欠です。これにより、平易な問題を確実に正解し、合格に近づくことができるでしょう。

世界史の入試傾向と対策法
大問数5題
解答形式マークシート式+記述式
試験時間60分
菅澤

学習院大学法学部の日本史試験は、毎年5つの大問が出題されます。大問1と大問2は3つの選択肢から答えるマークシート方式で構成されており、大問3から大問5は記述式の問題が出題されます。

大問1と大問2は長文を読んで解答する形式で、初めて取り組む受験生には戸惑いがちです。一方、大問3以降の記述式問題では、重要な人物名や事件名を漢字で記述する必要があるため、日頃から漢字の練習が不可欠です。

オニ坊

学習院大学法学部の日本史試験の難易度はそれほど高くありませんが、問題文の量が多いため、時間に余裕を持って解答するのは難しいかもしれません。そのため、基本的な知識を確実に身につけ、数年分の過去問に取り組み、出題形式に早めに慣れておくことが合格への鍵となります。

菅澤

まず、試験で成功するためには、出題形式に慣れておくことが重要です。長文読解問題は特に時間を要するため、日常的に長文を読む練習をしておくと良いでしょう。また、記述式問題では、正確な漢字での記述が求められるため、歴史用語を漢字で書けるようにすることがポイントです。

オニ坊

具体的な対策としては、毎日の学習の中で日本史の重要な用語や人物、事件を漢字で書き出す練習を取り入れることが効果的です。さらに、過去問を解くことで出題傾向を把握し、実際の試験でどのような形式の問題が出題されるかを理解しておくことも大切です。また、模擬試験を利用して時間配分の感覚を養い、試験本番で冷静に対応できるように準備することが求められます。

学習院大学法学部の日本史試験で高得点を狙うためには、基本的な知識を確実に身につけ、出題形式に慣れることが不可欠です。これにより、試験本番で自信を持って問題に取り組むことができ、合格に一歩近づくことができるでしょう。

日本史の入試傾向と対策法
大問数
解答形式マークシート式+記述式
試験時間60分
菅澤

学習院大学法学部の日本史試験では、大問が5題出題されます。最初の二つの大問は3つのマークシート方式で構成されており、最後の三つの大問は記述式問題が出題されます。

大問1および大問2は、長文を読んで解答する独特な形式であり、慣れていない受験生にとっては難しく感じるかもしれません。大問3から大問5の記述問題では、人物名や事件名を漢字で記述する必要があるため、日頃から漢字の書き取りを意識した学習が重要です。

オニ坊

学習院大学法学部の日本史試験は、難易度自体はそれほど高くないものの、問題文が多いため時間的な制約が大きくなります。そのため、基本的な知識を確実に身につけることと、過去数年分の過去問に取り組み、早い段階で出題形式に慣れることが重要です。

菅澤

まず、試験で高得点を取るためには、問題形式に慣れておくことが大切です。長文読解問題は特に時間がかかるため、普段から長文を読む練習をしておくと良いでしょう。また、記述問題では正確な漢字の書き取りが求められるため、歴史用語を漢字で正確に記述できるようにすることがポイントです。

オニ坊

具体的には、例えば、毎日の勉強の中で日本史の重要な用語や人物、事件を漢字で書き出す練習をすることが有効です。また、過去問を解くことで出題傾向を把握し、実際の試験でどのような形式の問題が出されるかを知っておくことが重要です。さらに、模擬試験を利用して時間配分の感覚を養うことも効果的です。

学習院大学法学部の日本史試験で高得点を狙うためには、基本的な知識をしっかりと身につけることと、問題形式に慣れることが不可欠です。これにより、試験本番で自信を持って問題に取り組むことができ、合格への道が開けるでしょう。

学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】の学習院大学法学部専門対策とは?

❶学習院大学に完全特化!1日ごと/1週間ごと/1カ月ごとのカリキュラムを作成します!

菅澤

学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】は学習院大学に特化した学習院大学専門塾/予備校です。

オニ坊

学習院大学法学部合格のために、1日ごとのカリキュラムを作成して「学習院大学法学部第一志望の受験生」を合格に導きます。1日ごと・1週間ごと・1カ月ごとに「何をすれば学習院大学法学部に合格できるのか」を「鬼管理」するので、「今何をすればいいのか」迷うことが無くなります。

■今、学習院大学法学部まで何をすればいいのか分からない
■学習院大学法学部合格には何が必要なのか分かっていない

菅澤

そのような受験生は学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】の「学習院大学法学部」特化のカリキュラムで共に合格を目指しませんか?

オニ坊

以下のボタンは「学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】」の公式サイトと入塾説明会に参加できる「公式LINE」になります。

❷学習院大学合格・学習院大学法学部合格まで「365日鬼管理」

ukaru-gakusyuin-hou_02
菅澤

学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】では、学習院大学・学習院大学法学部合格まで365日鬼管理をする体制を設けております。

❶先述の1日ごとのカリキュラムを元に、1日ごとに「学習院大学に最短距離で合格できる課題」を課し
❷その課題ができたかどうかを確認する「最大週7回の確認テスト」
❸毎日の勉強が習慣化される365日開講のZoom自習室
❹毎日の勉強を報告しないといけない「勉強報告フォーム」

等、学習院大学法学部まで最短距離で合格するために「1日ごとに」学習院大学法学部合格のための課題を課しながら、テストやその後の改善策提案、毎日の勉強習慣化までフルサポートを行います。

オニ坊

学習院大学法学部まで1日ごとに「何をすればいいのか」分かるから学習院大学法学部合格が「実感」できます。

詳細:以下をクリックすると「指導の仕方」「合格への導き方」を更に知ることができます!
そもそも「鬼管理」とは何か?
指導の特徴について詳しく知る。
指導の流れについて詳しく知る。

オニ坊

「学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】がイメージできない…」
という場合は公式サイトで詳しく解説しておりますので以下のボタンをクリックしてみてください。

❸なぜ間違えたのかを分析改善する/最大週7日行う「問題発見ミーティング」

❸なぜ間違えたのかを分析改善する/最大週7日行う「問題発見ミーティング」
菅澤

学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】では学習院大学法学部合格のために「問題発見ミーティング」という課題の分析改善が行われます。

つまり、毎週レベルでテストをしてそれで終わりではなくて、
❶なぜ間違えたのか
❷何をすれば次は間違えないか
を徹底的に分析・改善することで「毎日成績向上をする」「学習院大学法学部に近づく」状況を設けます。

オニ坊

成績は「出来ない問題を出来るようにする」状況を作って初めて上がります。
出来ない問題を見つける「テスト」をする「だけ」では「意味がない」のです。

菅澤

「出来るようにする」その瞬間に初めて、成績は上がり学習院大学法学部合格に近づきます。
最大週7日「問題発見ミーティング」を行いますので、学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】にご入塾いただければアナタは毎日の勉強が「学習院大学法学部に近づく」こと、間違いなしです。

詳細:以下をクリックすると「指導の仕方」「合格への導き方」を更に知ることができます!
「問題発見ミーティング・分析改善」を詳しく知る!

■学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】の指導の特徴を解説します!

■学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】の指導の流れを解説します!

学習院大学合格実績

【合格実績】
学習院大学法学部
学習院大学経済学部
学習院大学文学部
学習院大学理学部
学習院大学国際社会学部

学習院大学に合格したい受験生を、「学習院大学合格」まで鬼管理する「学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】」だからこその結果です!少しでも「学習院大学法学部」に合格したい受験生は「自分の目で」合格実績を確かめてみてください!↓↓↓

学習院大学法学部に合格した講師がアナタを指導します!

菅澤

学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】の講師は全員学習院大学レベル以上の講師が担当。
学習院大学に合格した経験のある講師か、学習院大学以上の大学に合格をした講師がアナタを「学習院大学法学部」まで導きます。

オニ坊

一般的な塾ですと、学習院大学法学部に合格したいと言っても、学習院大学合格レベルではない講師が担当になったり、学習院大学をそもそも知らない講師が担当をする等、受験生にとって最適ではない指導が横行しています。

学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】は「学習院大学に受からせる塾」になりますので、学習院大学法学部第一志望のアナタが「最短距離で合格できる」ように、学習院大学に合格した経験のある講師か、学習院大学以上の大学に合格をした講師を担当にすることでアナタの合格をフルサポートします。

オニ坊

ここでは書ききれないこともありますので、
学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】の「講師」について詳しく知りたい場合は以下のボタンをクリックしてください。

学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】の入塾相談会に参加しませんか

「学習院大学法学部に合格したい、けど偏差値が足りない」
「学習院大学法学部に合格したい、けどE判定」
「学習院大学法学部に合格したい、けど何をすればいいのか分からない」

菅澤

そのような状況にいる学習院大学第一志望・学習院大学法学部第一志望は「学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】」がお力になれます。

オニ坊

まずは、学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】の「公式パンフレット・資料」をご請求いただいたり「入塾相談会」に参加することで「学習院大学合格」や「学習院大学専門塾【鬼管理学習院大学塾】」を理解していただければ幸いです。

学習院大学法学部紹介

ukaru-gakusyuin-hou_03
菅澤

学習院大学の歴史は、1847年(弘化4年)に京都御所で始まった学習所にまで遡ります。その後、1877年(明治10年)に皇族や華族のための教育機関として再び設立されました。この大学の設立理念は、深い学術研究とその応用を教え、高い人格と確固とした見識、健全で豊かな思想感情を持つ人材を育成し、文化の発展と人類の福祉に貢献することを目的としています。

オニ坊

学習院大学は特別な法令によって設立され、新制大学として文部省に提出された「学習院大学設立趣意書」や大学案内には、旧制時代の1893年(明治26年)から1905年(明治38年)に存在した「大学科」を復活させたものとの記載があります。終戦後の学習院の学制改革に関与した山梨勝之進と安倍能成両院長も同様の認識を持っていましたが、旧制大学科は学習院学制に基づくもので、帝国大学令に基づくものではなく、大学令施行時には廃止されていました。

菅澤

学習院大学は、江戸時代後期に京都で始まり、明治初期に再編された歴史を持ち、その教育理念は高い人格と豊かな思想を持つ人材を育てることにあります。設立の際には特別な法令が適用され、旧制大学科の復活を目指しましたが、その過程で学習院独自の教育システムを築いてきました。このような歴史的背景と理念のもと、学習院大学は文化の発展と人類の福祉に貢献する人材を育成するための教育機関としての役割を果たしてきました。

学習院大学の設立経緯には、特別な法令や文部省への提出書類が関与しており、旧制大学科の復活という視点からも特異な存在です。山梨勝之進と安倍能成の両院長も、この大学の学制改革に重要な役割を果たしましたが、旧制大学科は学習院独自のものであり、帝国大学令には基づいていませんでした。こうした背景を持つ学習院大学は、その理念に基づき、高潔な人格と豊かな思想を持つ人材を育成し続けています。

学習院大学のホームページ

菅澤

明治大学公式サイトはこちらです。

https://www.univ.gakushuin.ac.jp/

学習院大学のキャンパス所在地

  • 【目白キャンパス】〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1

その他詳細情報

  • 教員数:教授208・准教授30・講師736(常勤1・非常勤735)・助教50。 
  • 学生総数:男3,977・女4,821、計8,798 
  • 新入生総数:2,107 
  • 付置研究所:東洋文化研究所、経済経営研究所、人文科学研究所、生命分子科学研究所、スポーツ・健康科学センター、計算機センター、外国語教育研究センター

学習院大学法学部英語試験の傾向と対策法

ukaru-gakusyuin-hou_04
菅澤

2017年度の学習院大学法学部の英語試験は、大問が7つで構成されています。第1問は約650語の長文問題で、マーク式が7問、記述式が3問出題され、その中には40字以内で和訳する問題も含まれています。第2問も約600語の長文問題で、マーク式が5問、記述式が4問、40字以内の和訳や下線部の説明を35字以内で行う問題が出題されます。第3問は約250語の英文に5つの空欄があり、これを4択のマーク式で補充する形式です。

オニ坊

第4問は文法問題で、5問すべてがマーク式となっており、標準的な文法力が試されます。第5問は間違い探し問題で、5問すべてがマーク式です。このタイプの問題はやや難しい傾向があります。第6問は語彙文法問題で、5問すべてがマーク式で、標準的な難易度です。第7問は英訳問題で、2問とも記述式です。私立大学の記述型英訳問題としては難易度はそれほど高くないため、確実に得点したい部分です。

菅澤

学習院大学法学部の英語試験は全体的に標準レベルであり、しっかりと学習してきた受験生にとっては成果が出やすい構成となっています。2018年度の入試制度変更後も、問題傾向はこれまでと同様であるため、過去問を解くことが依然として効果的な対策です。特に記述式の英作文や和訳問題が頻出するため、これらの対策は必須です。英作文においては、時制に注意しながら書くことが重要です。

学習院大学法学部の英語試験は標準的なレベルであり、きちんと学習してきた受験生にとって合格しやすい構成になっています。過去問を活用し、特に記述式問題の対策をしっかりと行うことが合格への近道となります。

学習院大学法学部を目指す受験生からよくある質問4選

ukaru-meiji-hou_05
質問①:学習院大学法学部の受験科目を教えてください
学習院大学法学部の学部別
  • 国語(国語総合・古典B/漢文を除く)
  • 外国語(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(独・仏選択可))
  • 地歴(世B・日B・地理Bから選択)
  • 公民(政経)
  • 数学(数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B/数列・ベクトル)

     地歴・公民・数学から1科目選択
菅澤

入学試験の方法によって科目や内容に違いがあるため、具体的な情報については大学の公式ウェブサイトを確認してください。

質問②:学習院大学法学部の入試方式を教えてください
菅澤

学習院大学法学部には、一般選抜、推薦入試、自己推薦入試といったさまざまな入試方式が用意されています。

まず、一般選抜は最も多くの受験生が利用する入試方式です。学力試験を中心に行われ、英語、国語、数学などの教科での得点が重視されます。この方式は、学力の総合力を評価するため、多くの教科にわたりバランスの取れた学習が必要です。

オニ坊

一方、推薦入試は学校からの推薦を受けて受験する方式です。推薦入試では、学力試験に加え、面接や小論文が課されることが多く、受験生の人間性や将来の目標なども評価の対象となります。この方式では、日頃の学校生活や成績が重視されるため、日常的に高いパフォーマンスを維持することが求められます。

菅澤

自己推薦入試は、自分自身で推薦理由を述べ、受験する方式です。この入試方式では、学力だけでなく、自己アピールや将来の展望を明確に伝えることが重要です。自己推薦入試では、個別の課題や面接が行われることが多く、自分の強みをしっかりと理解し、それを他者に伝える力が求められます。

オニ坊

学習院大学法学部の入試方式には多様な選択肢があり、それぞれに異なる特性があります。一般選抜は学力の総合力を、推薦入試は学校での評価を、自己推薦入試は自分自身の強みを重視しています。したがって、自分の得意分野や強みを最大限に発揮できる入試方式を選ぶことが、合格への近道となります。

多様な入試方式があることで、学習院大学法学部はさまざまな背景や能力を持つ学生を受け入れる体制を整えています。どの入試方式を選ぶにせよ、自分の強みを活かし、しっかりと準備を進めることが合格への第一歩となるでしょう。

質問③:学習院大学法学部の倍率と偏差値を教えてください
菅澤

学習院大学法学部の入試倍率はおおよそ3.1倍となっています。これは、志願者数に対する合格者数の割合を示しており、一定の競争率があることを意味します。また、学習院大学法学部の偏差値は60.0であり、これは受験生に求められる学力レベルを示しています。

オニ坊

まず、倍率が3.1倍という数字は、競争がそれなりに激しいことを示しています。志願者数が多い中で限られた合格枠を勝ち取るためには、しっかりとした準備が必要です。特に、学力試験での高得点が求められるため、各教科の基礎から応用まで幅広い知識を身につけることが重要です。

菅澤

具体的には、例えば過去問を活用して出題傾向を把握し、自分の弱点を補強することが有効です。さらに、模擬試験を通じて実際の試験形式に慣れ、本番でのパフォーマンスを最大限に発揮できるように準備を進めることが大切です。また、時間配分や問題解決のスピードを向上させるための練習も必要です。

オニ坊

偏差値が60.0であることは、一定の学力を持った受験生が集まることを意味しています。これをクリアするためには、特に得意科目で確実に高得点を狙うことが求められます。基礎力を固めた上で、応用力や問題解決能力を高めることが、合格への鍵となります。

学習院大学法学部の入試に合格するためには、倍率の高さに対応できる準備と、偏差値60.0をクリアするための学力が必要です。しっかりと計画を立て、効率的な学習を進めることで、合格に一歩近づくことができるでしょう。

質問④:学習院大学法学部に合格するための英語の勉強法を教えてください
菅澤

学習院大学法学部の英語試験では、さまざまな記述形式の問題が出題されます。具体的には、英文和訳、内容説明、和文英訳などが含まれます。長文読解問題は3題出題され、それぞれ300〜600語程度の英文が用いられます。これらの英文は比較的理解しやすく、難解な内容は出題されませんが、幅広い文法知識が必要となります。

オニ坊

文法や語彙の問題に対応するためには、参考書や問題集を利用して知識を確実に身につけることが重要です。また、記述問題には語数や書き出しの指定がありますので、与えられた条件をしっかりと守り、自信のある語彙や構文を駆使して記述する練習が必要です。

菅澤

例えば、過去問や模擬試験を解くことで、出題形式に慣れ、実際の試験でどのように回答すれば良いかを学ぶことができます。また、自分の弱点を見つけ、それを補強するための練習も重要です。特に、指定された語数内で的確に内容をまとめる練習は、実際の試験で大いに役立ちます。

学習院大学法学部の英語試験で高得点を狙うためには、文法や語彙の基礎をしっかりと固めることが必要です。その上で、記述問題の条件に従い、自分の強みを活かした回答をする練習を重ねることがポイントです。こうした対策をしっかりと行うことで、試験当日に自信を持って臨むことができ、合格への道が開けるでしょう。

学習院大学法学部の特長

ukaru-meiji-hou_06
菅澤

法学部法学科は、法律を通じて社会の構造を深く理解し、より良い社会秩序を構築する能力を養うことを目指しています。この学科では、国家公務員試験や法科大学院進学への支援も充実しています。

オニ坊

法学部法学科は、法律を通じて社会の構造を深く理解し、より良い社会秩序を構築する能力を養うことを目指しています。この学科では、国家公務員試験や法科大学院進学への支援も充実しています。

菅澤

学科ごとに異なるカリキュラムが提供されており、法学科では法律に関する専門知識とその応用力を身につけ、政治学科では政治や社会に関する広範な知識を習得します。例えば、法学科では民法や刑法などの基礎から応用までを学び、具体的な法解釈や問題解決のスキルを磨きます。政治学科では、現代の政治課題に対する理解を深め、グローバルな視点で問題解決に取り組む力を養います。

オニ坊

これにより、法学部法学科は法律を通じて社会の基盤を支え、法科大学院への進学や国家公務員試験合格を目指す学生をサポートします。一方、政治学科は、政治や国際関係に関する知識を深め、現代社会のリーダーとして活躍するための基礎を築きます。

法学部法学科は法律の専門家を目指す学生に対して幅広いサポートを提供し、政治学科は現代の政治問題に対する理解と解決能力を養うことを目指しています。それぞれの学科が提供する教育を通じて、学生は将来のキャリアに必要な知識とスキルを身につけることができます。

学習院大学法学部の学科

法学科、政治学科

明治大学法学部で取得可能な主な資格

  • 教職(公・社)
  • 司書
  • 学芸員など

学習院大学法学部に合格したい受験生へ

ukaru-gakusyuin-hou_07
菅澤

成績が思うように伸びていない場合、多くの生徒が学習方法に課題を抱えていることがあります。適切な指導とサポートを受けることで、学生は効果的な勉強法を身につけ、