鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾
鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾

鬼管理専門塾は各科目すべてに対応をしています。
ご自身の苦手科目に合わせて鬼管理専門塾の形態をお選びください。

鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾
鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾
鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾
鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾
鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾
鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾
鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾
鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾
鬼管理専門塾
鬼管理国語塾
鬼管理現文塾
鬼管理古文塾
鬼管理日本史塾
鬼管理世界史塾
鬼管理政経塾
鬼管理物理塾
鬼管理化学塾
鬼管理塾
鬼管理
鬼塾

偏差値44→東京大学/早稲田/慶應大学

偏差値50→慶應/明治/青学/中央/法政

■8月入会&偏差値30→明治/学習院大学

■12月入会→共通9割&明治/学習院大学

■10月入会→青学/明学/近畿合格

■偏50→明治/青学/法政/学習院/

■12月入会→立教/武蔵/東女

■偏差値40&11月入会→法政大学

■12月入会&偏差値40→四工大完全制覇

■10月入会→明治/法政/中央大学

■9月入会→中央大学・國學院大學

■10月入会→明治/法政/中央大学

■浪人&9月入会&偏差値50→法政大学

■偏差値50→70!明治中央法政大学

講師は全員英語に精通をした講師が担当します。
偏差値・各検定・スコアにて結果を出している講師なので安心です。
ご希望の目標に合わせて講師を配属させていただきます。

鬼管理英語塾とはどのようなサービスですか?

鬼管理英語塾とは、
志望校合格率83%以上を誇る
超スパルタの徹底管理型「英語」専門塾です

何をすればいいか分からない
■勉強習慣がない
■しかし、「英語」をとにかく攻略したい!

そのような受験生にオススメの「英語専門塾」です

オフライン・オンライン双方で指導をしているので、
全国どこでも志望校を目指すことが可能です。

志望校に合格したい受験生を「超スパルタ」「鬼管理」で志望校合格まで導きます。

パソコンがないのですが大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。
鬼管理英語は「スマホ一台」で難関大学を目指すことが可能です。
PCを購入する必要は全くございません。

オンラインのメリットを教えてください。

■全国どこでも受講可能です。
→地方でも近くに予備校がなくても可能です。
■往復時間がないため、時間の節約になります。
■家で受講できるので、移動費/食事代がかかりません。
■夜中に一人で家に帰ることがありません(家で受講できるため)
■密にならないので新型コロナウイルス対策になります。

いつから英語勉強を始めればいいですか?いつから入塾をすればいいですか?

結論、今すぐの方がいいです。
受験にフライングはありません。
時間は有限であり、受験勉強開始が遅れれば遅れるほど対策できる時間が短くなります。

対策できる時間が短ければ短いほど、短い時間で吸収をしないと行けなくなります。
理解度の高い受験生であれば問題ないですが、理解度の低い受験生はなおさら早く始めないといけません。

自身の特性と相談をして開始時期を明確にしましょう。

結局学ばないといけない範囲は同じなのですから
早い時期に初めて後半楽をするか、
遅い時期に始めることで(前半楽できるけど)後半きつい思いをするのかどちらかを選ぶことになると思います。

運営及び代表の想いは「早ければ早いほど得をするのだし、後回しにする理由が無いのだから今始めよう」が答えです。

鬼管理英語塾では、1日何時間勉強をすればいいですか?

1日何時間勉強をすればいいですか?というのは「本質」ではない気がします。
皆さんが「勉強時間を作る」のは合格をするためです。

結論、合格する勉強になっているのであれば1日の勉強は何時間でも結構です。
30分でも、1時間でも。

しかし、そうでないなら「必要最低限以外の時間」はすべて勉強時間に充てるべきだと考えます。
特に偏差値30~40の受験生はもう後が残されていない訳ですから
「勉強時間をとにかく作って」対策を打つほかありません。

1日何時間勉強をすればいいですか?という質問ではなくて
「偏差値・成績を上げるために勉強時間を最大限つくる」ということが答えになります。

なぜなら受験というのは「競争」「戦争」であります。
1日数時間の勉強で合格をするのであれば受験生全員受かっています。

もちろん効率の部分で他の受験生より勝っているものがあれば問題ないですが
効率の部分でも、地頭の部分でも自信が無いのであれば
皆さんに残されている手段は「勉強時間を作ること」だけです。

楽に受かることはないのが受験ですし、皆さんには相当な努力を求めます。
「楽に合格できるよ」という塾があればそれは嘘です。

皆さんの努力あっての結果ですのでご理解ください。
どれだけ周りと差をつけれたかが、受験勉強の結果に反映されます。

今すぐに受験勉強を始めないといけない理由を教えてください。

「今この瞬間」が受験まで最長の距離だからです。
「今が一番若い」なんて言ったりしますが、今が一番受験まで時間があるのです。
だからこそ、「今すぐに」受験勉強を始めることが出来れば多くの時間を受験に使うことが出来るのです。

自信が無かったり・自分は受からないと考えていたりするかもしれません。
しかし、諦めたら何も生まれないのです。

行動をする受験生にしか合格の可能性はないのです。
どんな状況でも「今すぐに」やれることをやりましょう。

そうすればどんなレベルの大学だって合格できる可能性はありますよ。

予備校で「英語」を勉強をすることについてどう思いますか?

受験生によります。
予備校は週に1回しか授業が進みません。
ですので一定基礎力があったり
3年間予備校に通い続けることが出来る財力のある受験生や
受験まで何をすればいいのか明確に見えている受験生は入塾をオススメします。

しかし、基礎力がないまま授業を聞いているだけでは成長できるスピードに限界があります。
週一の指導では結論間に合いません。もちろん、高校1年生から3年間通い続けることが出来るのであれば問題ないと思います。

また、明確な道筋を示してくれるわけではないので自分で詳細なカリキュラムを作成しないといけません。
そのカリキュラムを作成できるかどうかも予備校を選ぶ基準になります。

作成が難しい場合は「自分の足りているところ」「足りていない所」を分析せずに勉強をすることになりますのであまりお勧めできません。

❷勉強は自分で勉強をしようとしないと出来るようにはなりません。

サッカーの動画を見てサッカーが上手くなるようなことはないですね。
自分でサッカーをするから出来るようになっていくんですよね。

英語も同じです。予備校講師の話を聞いたから勉強が出来るようになるわけではありません。
結局は自分で英語を勉強をしないといけません。
予備校に通っていい受験生は自学自習の習慣がある受験生、
そして「聞いているだけは成績が上がらない」と認識をしている受験生だけかと思います。
例年多くの受験生が「聞いているだけで満足をして」1年間を過ごし、なにも成績が上がらず志望校に不合格をします。

そうならないために、そのような認識を持って予備校に通うか
弊塾の様な指導を行う塾に入塾をするかを考えてください。

偏差値30~40の自分でも合格すると思いますか?

合格をする「可能性」はあります。
事実、そのような状況でも受かった受験生が過去にいますので。

しかし、あくまでも過去の話であり「この質問をしている受験生」さんの話ではありません。
他塾や弊塾でも合格実績を掲げていますが、うのみにしないでくださいね。

受験生に必要なのは、成功をした受験生の成功要因を分析してそれを自分に当てはめることです。

過去に偏差値30の状態から受かった受験生がいるから自分も受かる、と考えるのではなくて
偏差値30の受験生はどのような勉強をして、どのような対策をして、どのような生活習慣を行ったから受かったのかまで分析をし、それを自分にあてはめないと成績は上がりません。

あくまでも過去の受験生の話であり、この質問をしている・気になっている受験生さんとは条件も環境も違います。
条件も環境も一致させて短絡的に「こんな状況でも受かっている受験生がいるのだから自分も受かるか」と考えるのは危険です。

「満足をするだけ」で終わってしまいます。

まとめます。
偏差値30~40から受かる受験生は受かります。
しかし、短絡的に考えてしまう受験生は受かりません。なぜなら条件が違うから。
その条件を一致させようと、「どのようにして受かったのか」を分析して自分に充てはまた受験生が受かります。

難しい話かもしれないですが、この話が理解出来て行動できる受験生は受かりますよ。

塾に入らず独学で勉強をすることについてどう思いますか?

条件によります。

この質問をしている受験生の方が
■自分でカリキュラムを作成出来て
■勉強時間も自分で作ることが出来て
■間違えている部分を全て自分で分析出来て
■どんなにつらい状況になっても自分をモチベーションアップさせることが出来る
そんな状況にいる受験生は予備校にも塾にも、弊塾にも入らなくていいと思います。

しかし、そうではない受験生は誰かに指導をしてもらった方がいいと考えます。
結局、知見を持った講師に指導をしてもらえることで受験をショートカット出来ますが
独学ではできません。

すべてを自分で調べないといけないので塾・予備校に通う受験生よりも損をします。
何より誰にも相談できないのです。

もちろん経験せずに話をしているわけではなくて
代表の私は大学受験を独学で乗り越えました。だからこそ独学の辛さが一番わかります。
正直「誰かにサポートをしてもらえばよかった」と過去を振り返った結果思います。

間違えている部分を指摘してくれるわけではないですし
気持ちが落ち込んだ時に相談を出来る人はいません。

人と交流をすることが無かったので受験終了後は「しゃべり方」を忘れました。
多分後半は意識はしていませんでしたが病んでいたのだと思います。

そうならないように出来れば塾・予備校には入れるといいと思います。

自習室があるので近くの塾・予備校に通おうと思っています。どう思いますか?

受験生が合格をするのに必要な勉強時間は目安で3,000~4,000時間と言われています。
365日あるとすれば1日10時間以上勉強をしないといけない数字です。
となると1分1秒たりとも無駄には出来ないのが現実です。

その点で、通学時間や食事の時間、お風呂の時間、
休憩の時間などを全て整理・調整して勉強時間を最大化するための行動をとらないといけないのです。

■家だと勉強が出来ない

■だから、自習室を使いたい

という論理も分かるのですが
それは解決策ではないと考えます。

それはつまり、家に帰ってきた瞬間に勉強が出来なくなるということです。
自習室が空いている時間にしか勉強をすることが出来なくなるわけです。

自習室を使うために塾を利用するというのはとてもいいことだと思いますが
「解決策」ではないのです。「対処」であり原因を解決出来てはいないのです。

まず家で勉強が出来るようになってから、他の集中できる手段として自習室を使うのであればいいと思います。
自習室に飛びつく前に「家で勉強が出来ない」と言っている受験生の9割9分は部屋がめちゃくちゃ汚いです。

部屋で勉強できる体制ではないことが多い。
マンガはあるわ、ゲームはあるわ、、、
まずそこを改善してからではないと「時間を無駄」にします。

だって、3,000~4,000時間勉強をしないと有名大学には合格できないのですから。

第一志望大学に合格できる受験生の割合って全受験生でどれぐらいいますか?

結論、データにもよりますが10%と言われています。

そして面白い話があるのですが「指導中に勉強法を教えて、実行をする受験生の割合」も10%なのです。
基本的に多くの受験生が「アドバイス」を受けても実行しません。

そして実行をする受験生が受かるし
実行をしない受験生が残りの9割になっていることが分かるでしょうか。

その点、受験は「素直さ」なのです。
アドバイスを受けて「へえ!やってみようかな」と思う受験生と「面倒くさそう」と思うのかで合否が決まっています。

ですから最終的には
「受験生の人間性」「受験生のこれまでの環境」「受験生がどう育てられたのか」が影響をすると考えています。

受験は人間性を変えないと絶対に結果も変わりません。

余談ですが、難関大学・難関高校に合格をする受験生の割合は全受験生の10%なのですね。
行動が出来る素直な受験生か、そうでないかで結果が変わってきますね。

指導の際には何が必要ですか?

指導の際には「ZOOM」というオンラインビデオツールを利用します。
※オフラインの指導であれば必要なし。
質問に関しては、LINEを使用しますのでスマホで結構です。
PCやタブレットを購入する必要はありません。

■必要なもの:
❶スマホ
❷ペン・鉛筆

使ったことが無い方でも、簡単に利用することができますので、ご安心下さい。

入会方法について教えてください。

入会方法に関しましては、公式LINE上で無料説明会をした後に
双方の了承のもと入会申込フォームをお送りしますのでそちらにご回答していただけば入会完了となります。

詳しくは無料説明会にお申し込みください。


2週間無料体験とはどのようなものでしょうか?

「2週間無料体験」とは鬼管理英語塾を、2週間無料で受けられるものです。
鬼管理英語塾が気になってる方、鬼管理英語塾に入会したい方は
こちらの2週間無料体験を受けることで鬼管理英語塾をより実感することができます。
詳しくは無料説明会に際にお伝えさせていただきますので、公式LINEにご登録いただき、無料説明会にお申し込みください。


地方に住んでいますが、受講は可能ですか?

受講可能です。
鬼管理英語塾はオフラインでもオンラインでも指導を行っております。
ネット環境さえ整っていれば、日本のどこでも、海外でも受講可能です。
近くに予備校がない受験生、は今一度鬼管理英語塾をお考え下さい。

予備校と並行して受講している受験生はいますか?

予備校や他の受験サービスを利用しながら鬼管理英語塾を利用している生徒は存在します。
予備校でわかりやすい授業を受け、自習室を使いながら、
鬼管理英語塾で志望校までのスパルタ徹底管理を希望する生徒様が多い印象です。
鬼管理英語塾は高校や予備校との時間の兼ね合いも併せて受講時間を選べますので自由な時間に受講が可能です。

鬼管理英語塾の講師はどのような人たちですか?

鬼管理英語塾の講師は、英語資格・ハイスコア・高偏差値を有した講師が配属され
鬼管理英語塾独自の難関基準審査に合格した者を採用しています。

独自のマニュアルの元、合格に関する専門性を叩き込まれた「プロフェッショナル」です。
安心してご利用ください。

高校1年生や、2年生でも受講できますか?

可能です。
受験にフライングはありません。
はやいうちに受験対策をしましょう!
お問い合わせお待ちしております。

無料説明会とは何ですか?

無料説明会とは、鬼管理英語塾の講師が受験生のお悩みにこたえる機会です。
鬼管理英語塾について知りたい、難関大学合格法を教えてほしい、など様々なお悩みにお答えします。
鬼管理英語塾公式LINEにご登録いただき、応募フォームに回答後無料説明会となります。
フォームに回答後、LINE上でお電話させていただきます。不安やモヤモヤを解消しましょう!
※一人につき一回までとさせていただきます。


無料説明会に親も参加したいと言っています。

構いません。
喜んでお受けします。
また保護者様だけの無料説明会も可能でございます。

柔軟に対応させていただきますので、詳しくは公式LINEにご登録いただきメッセージを送ってくださると幸いです。

無料説明会は、口頭でもいいですか?

申し訳ありません。無料説明会はZoomによるビデオ通話となっております。
チャットだけの無料説明会はお受けしておりません。
またビデオを映すことがない無料説明会はお断りさせていただいております。
どうぞよろしくお願いいたします。

入会を決めてないですが、無料説明会を受けてもいいでしょうか?

無料説明会につきましては、入会を考えている方・鬼管理英語塾が気になっている方を優先にご対応します。
そのため、入会希望でない方はお断りさせていただくケースがございます。
あらかじめご了承ください。

鬼管理専門塾は各科目すべてに対応をしています。
ご自身の苦手科目に合わせて鬼管理専門塾の形態をお選びください。

運営会社シンゲキ株式会社
代表菅澤孝平
所在地〒105-0022 東京都 港区海岸1-4-22 SNビル
特定商取引法に基づく表記https://onikanri.singeki.com/tokuteisyouhou/