「関関同立」vs「MARCH」どちらのレベルが高いかを比較します

始めに:「関関同立」vs「MARCH」レベルを比較

始めに:「関関同立」vs「MARCH」レベルを比較
菅澤

MARCHに特化した大学受験塾を運営しております
代表の菅澤です!

オニ坊

MARCH専門塾アシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
「「関関同立」vs「MARCH」どちらのレベルが高いかを比較します」
というテーマで記事を書いていきます。

MARCHを志望するならかなり気になるテーマですよね。
MARCH第一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

「関関同立」vs「MARCH」どちらのレベルが高い?

「関関同立」vs「MARCH」どちらのレベルが高い?
文学部
順位大学名偏差値
1位青山学院大学62.73
2位明治大学61.52
3位法政大学60.38
4位立教大学60.31
5位同志社大学60.00
6位立命館大学57.50
6位関西大学57.50
8位中央大学57.07
9位関西学院大学56.97
菅澤

文学部では、青山学院大学が頂点に位置することが明らかとなりました。この大学は、他の名門大学と共に、学術的なレベルが高く評価されており、偏差値という学力の指標を用いても、60以上の高い水準を保持している大学が限られている中で、青山学院大学はそのグループのリーダーとなっています。

オニ坊

この現象を深く掘り下げてみると、明治大学、法政大学、立教大学、そして同志社大学といった他の学術機関も偏差値60を超える優れた教育を提供しており、これらの大学はいわゆるMARCHと呼ばれるグループに名を連ねています。このグループが文学部の教育の質において、ひときわ輝いていることがこのデータからも読み取れます。学生たちの間では、これらの大学は長年にわたり優れた教養教育を提供しており、文学部の領域における競争力は他大学と比較しても際立っているとされています。

菅澤

特に青山学院大学は、学生たちの学力だけでなく、教育の質、カリキュラムの充実、教授陣の研究成果といった複合的な要因を反映しています。

このように、青山学院大学は文学部においてその優位性を示しており、MARCHを含む他の大学群とともに、高い教育水準を維持していることが伺えます。そして改めて強調すべきは、青山学院大学がその中でも特に秀でているという事実です。このデータは、教育の質を判断する一つの尺度として広く認識され、多くの学生や教育関係者から高く評価されています。

法学部
順位大学名偏差値
1位明治大学61.25
1位青山学院大学61.25
3位中央大学60.83
4位法政大学60.38
5位同志社大学60.00
6位立教大学59.17
7位関西学院大学58.00
8位立命館大学57.50
9位関西大学56.25
菅澤

法学部における最先端を行く教育機関として、明治大学と青山学院大学が共にその栄誉を分かち合っていることが注目に値します。これら二校は偏差値という学術的な指標において高い評価を受けており、特に法学部においては、他の追随を許さないほどの水準を維持しています。

オニ坊

このような現状は、教育の質の高さと、厳しい選抜をクリアした学生たちの能力の高さが相まっている結果であり、文学部の例に漏れず、MARCHと称されるグループの大学が、学術的な高みにおいて他の追随を許さない一角を形成していることを示しています。実際、明治、青山学院、中央、法政、同志社の各大学は偏差値60を超える高いレベルを誇り、これは単なる数字の上での話ではなく、学ぶ内容の充実度や研究の質、卒業生の社会での評価という実質的な教育の成果を反映しています。

菅澤

一般に、法学部と言えば中央大学が最も優れているとの認識が強いものの、実際のところ中央大学の偏差値は学科によって幅があり、一部の学科では他大学に劣る偏差値となっています。このため、総合的な評価では明治大学と青山学院大学が他を凌駕しており、偏差値だけではなく、教育の質、研究の実績、そして社会的な評価の面でも両校が法学部教育においてリードしていることが明らかです。

したがって、法学部に関する序列を考える際には、明治大学と青山学院大学が一線を画していると言えるでしょう。彼らが維持している高い教育水準は、他大学が追従するには難しいほどのものであり、特に法学部における教育品質の高さは、偏差値を超えた評価を受けるに値するものです。

経済学部
順位大学名偏差値
1位青山学院大学62.92
2位明治大学(政治経済学部経済学科)62.5
3位立教大学60.83
4位同志社大学60.0
5位中央大学58.44
6位関西大学58.13
7位関西学院大学57.92
8位立命館大学57.5
9位法政大学56.43
菅澤

経済学部に関して言えば、最も高い評価を受けているのは青山学院大学であることは間違いありません。その名声は他のどの大学も及ぶことのないレベルにあると言っても過言ではないでしょう。

オニ坊

これは青山学院大学の学術的な基盤の充実と、学生たちの優れた学業成績が反映されたものです。このように経済学部のランキングで上位に名を連ねるのは、一貫してMARCHと呼ばれるグループの大学たちです。彼らは経済学の分野において、他の多くの大学が追いつけないような実績を残し続けています。

菅澤

しかし、これらの大学群の中で一際異なる動きを見せているのが法政大学です。多くが驚くかもしれませんが、経済学部に限っては、法政大学が最も低い順位に甘んじているのです。これは他の学部では見られない珍しい傾向であり、法政大学が経済学部特有のカリキュラムや教育方針において、他大学と一線を画している可能性を示唆しています。

結局のところ、経済学部における優秀な教育機関としては、青山学院大学が群を抜いているという事実は変わりません。この結果は、MARCHの中でも特に青山学院が提供する経済学教育のクオリティの高さを如実に物語っており、学生たちが社会に出てからもその恩恵を受けることになるでしょう。

経営学部(商学部)
順位大学名偏差値学部
1位立教大学65経営学部
2位明治大学63.57経営学部+商学部
3位同志社大学62.5商学部
4位青山学院大学61.25経営学部
5位中央大学59.25商学部
6位関西学院大学58商学部
7位法政大学57.5経営学部
関西大学57.5商学部
立命館大学57.5経営学部
菅澤

学問の世界において、立教大学は経営学部及び商学部における優れた教育と研究で高い評価を受け、首位を占めています。これは、その他の多くの大学と比較した際に、学問の深さと教育の質が高いレベルであることが顕著に表れているからです。

オニ坊

具体的には、立教大学の経営学部の偏差値が65に達しているというデータがあり、これは経営学を志す学生たちにとって、非常に魅力的な数値と言えるでしょう。また、明治大学の経営学部と商学部を合わせた偏差値が63.57であり、同志社大学の商学部が62.5と続いていることからも、立教がいかに突出しているかがわかります。

このようなデータに基づき、経営学部及び商学部における学術の頂点に立つのは立教大学であると言えるのです。

国際系学部
順位大学名偏差値学部名
1位立教大学67.5異文化コミュニケーション学部
2位関西学院大学64.17国際学部
3位青山学院大学63.75国際政治経済学部
4位明治大学62.5国際日本学部
4位関西大学62.5外国語学部
6位立命館大学62.0国際関係学部
7位同志社大学61.5グローバルコミュニケーション学部+グローバル地域文化学部
8位中央大学60.31国際経営学部+国際情報学部
9位法政大学59.5国際文化学部+グローバル教養学部
菅澤

国際関係を学ぶ学部の中で、最も評価が高いのは立教大学であることが明らかになりました。特に国際系の学部においては、様々な大学がその質を競っていますが、立教大学はその中で頂点に立っています。この状況を受けて、関西圏の名門である関西学院大学や立命館大学も上位に位置していることが分かります。

オニ坊

これらの大学に共通する特徴として、国際関係学部の入試において英語の重みが大きい一科目方式を採用している点が挙げられます。実際に、一科目方式の採用は、英語に自信のある学生には有利に作用し、その結果、偏差値が上昇しやすいという側面があります。これは、一科目のスコアが総合的な評価に大きく影響を与えるためです。

立教大学がトップに立っているのは、このような試験方式だけでなく、国際関係に関する総合的な教育内容と実績によるものと考えられます。したがって、国際関係学部を目指す学生にとって、立教大学は最も目指すべき大学と言えるでしょう。

理系学部
順位大学名偏差値
1位明治大学59.70
2位同志社大学57.82
3位立教大学56.88
4位青山学院大学56.59
5位中央大学56.17
6位法政大学55.51
7位関西学院大学53.84
8位関西大学53.16
9位立命館大学52.68
菅澤

明治大学が理科系学部の中で最高の評価を得たことは注目に値します。

オニ坊

理科系の学問領域において、一つの傾向として偏差値60を超える学部は珍しく、多くが50代後半で安定していることが見受けられます。具体的には、自然科学や工学などの分野でこの現象が顕著に表れており、それらの学科では厳しいカリキュラムや専門性の高さが偏差値に反映されている可能性があります。

このような背景を鑑みると、明治大学の理科系学部が頂点に立つのは、その学術的な質の高さと教育の充実度が他の追随を許さないレベルにあることを示しています。

関関同立とMARCH全体のランキング

関関同立とMARCH全体のランキング
順位大学名偏差値
1位明治大学61.84
2位立教大学61.62
3位青山学院大学61.41
4位同志社大学60.30
5位中央大学58.68
6位法政大学58.28
7位関西学院大学58.15
8位立命館大学57.53
9位関西大学57.51
菅澤

明治大学が総合得点でわずかながらトップに躍り出ましたが、これを受けてのMARCH及び関関同立の偏差値の議論は一段と興味深いものがあります。一連のデータを詳細に分析することで、これらの大学群に合格を果たすには、概ね57.5から62の偏差値範囲が求められるという事実が浮かび上がります。MARCHと関関同立の間で比較を行うと、数値上ではMARCHの方が一歩リードしていることが見て取れます。

オニ坊

しかし、これらのデータは偏差値のみに基づいており、実際の入試難易度とは必ずしも一致しない可能性が高いことを忘れてはなりません。特に、1科目や2科目の入試方式を採用している大学のデータが混在しているため、全ての受験生にとっての絶対的な基準とすることは困難です。

よって、これらの順位は参考程度にとどめ、各自の受験計画においては多角的な視点から情報を収集し、総合的な判断を下すことが推奨されます。

最後に:MARCHに合格をするには?

最後に:MARCHに合格をするには?
菅澤

ここまでMARCHと関関同立を比較してきましたが…。

オニ坊

1人で勉強するのが苦手、何から始めたら良いかわからないという受験生もいますよね。自分自身の希望する学部に合格するために、それ相応の対策がMARCHでは必要です。

菅澤

そんなMARCHに合格するためには?
と考える受験生のために現在、MARCH専門塾を運営中。
もし少しでも「MARCHに合格したい」と考える受験生は共にMARCHを目指しましょう。
現状のレベルが「偏差値30~40」でも大丈夫。

「受かりたいという気持ち」が少しでもあるなら
アナタの合格をMARCH専門塾が応援します。

気になる「MARCH第一志望の方」は下のリンクをクリックしてください。

オニ坊

MARCH対策方法を知りたい受験生はコチラのサイトをご覧ください。

本記事監修者 菅澤 孝平

シンゲキ株式会社 代表取締役社長
「鬼管理」をコンセプトとした「鬼管理専門塾」を運営。
大学受験・高校受験・英検指導・総合型選抜に幅広く展開しており、日本全国に受講生が存在している。

出演番組:カンニング竹山のイチバン研究所ええじゃないかBiz
CM放送:テレビ東京など全国15局に放映

この記事を書いた人

Writer-kitamura