日本大学文理学部に最短最速で合格する方法【入試科目別2024年度最新】日本大学専門塾が徹底解説

始めに:日本大学文理学部に最短最速で合格する方法

オニ坊

日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】アシスタントのオニ坊です!
本日はどのような記事になりますか?

菅澤

本日は
日本大学文理学部に最短最速で合格する方法【入試科目別2024年度最新】日本大学専門塾が徹底解説」
というテーマで記事を書いていきます。

日本大学を志望するならかなり気になるテーマですよね。
日本大学一志望は必ずチェック!最後までご覧ください!

オニ坊

コチラの記事では、日本大学合格のためにオススメの塾を5選紹介しています!

日本大学文理学部に合格するには?

ステップ①:日本大学文理学部の入試内容の確認と学習の優先順位を立てる

菅澤

日本大学文理学部を目指すにあたり、現在の偏差値が基準に達していない場合、全ての科目を無計画に勉強する時間はありません。そこで、効率的な受験勉強の方法を取り入れる必要があります。そのためには、まず文理学部の入試情報を徹底的に調べ、必要科目や配点などを把握し、勉強の優先順位をつけることが重要です。

オニ坊

日本大学の各学部では、入試内容が異なることはよく知られています。同じ大学でも、学部ごとに受験科目や配点、出題傾向が異なるため、入試対策もそれぞれに合った方法をとる必要があります。特に文理学部の場合、出題傾向をしっかりと理解し、頻出分野から対策を始めることが合格への近道となります。

菅澤

まずは、過去問を分析し、どの分野が頻出されやすいのか、どのような形式の問題が出されるのかを把握します。これにより、効率的な勉強計画を立てることができます。例えば、配点が高い科目に重点を置き、得意科目をさらに強化することで、確実に得点を伸ばすことができます。また、苦手科目に関しても、頻出分野を中心に効率的に学習することで、全体的な成績向上を図ることができます。

入試情報を基に勉強の優先順位をつけ、出題傾向に合わせた対策を行うことで、効率的に受験勉強を進めることができます。これが、日本大学文理学部に合格するための最も効果的な方法です。ぜひ、下記の入試情報を参考にして、合格への道を切り開いてください。

日本大学文理学部の入試情報

菅澤

日本大学文理学部の入試情報については、変更が生じる可能性があるため、最新の情報は大学からの公式発表をご参照ください。偏差値に関しては、河合塾のデータを参考にしています。

学科偏差値
52.5
52.5
国文52.5
中国語中国文化50.0
英文50.0
ドイツ文47.5
社会50.0
社会福祉50.0
教育50.0
体育47.5
心理52.5
地理50.0
地球科学47.5
数学47.5
情報科学47.5
物理47.5
生命科学45.0
化学47.5

[史学/A方式1期]3教科(350点満点)

教科配点科目または備考
国語150点国語総合(漢文を除く)
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
●地歴100点世B・日B・地理Bから選択
●公民100点政経
●数学100点数I・数A・数II・数B
●→地歴、公民、数学から1科目選択

[哲学、国文、中国語中国文化、英文、ドイツ文、社会、社会福祉、教育、体育、心理、地理/A方式1期、2期]3教科(300点満点)

教科配点科目または備考
国語100点国語総合(漢文を除く)
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
●地歴100点世B・日B・地理Bから選択
●公民100点政経
●数学100点数I・数A・数II・数B
●→地歴、公民、数学から1科目選択

[地球科学/A方式1期]3教科(400点満点)

教科配点科目または備考
数学100点数I・数A・数II・数B・数III
理科200点「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から1科目選択
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[生命科学/A方式1期]3教科(300点満点)

教科配点科目または備考
数学100点数I・数A・数II・数B・数III
理科100点「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から1科目選択
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[数学/A方式1期]3教科(400点満点)

教科配点科目または備考
数学100点数I・数A・数II・数B・数III
理科100点「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から1科目選択
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[情報科学/A方式1期]3教科(350点満点)

教科配点科目または備考
数学100点数I・数A・数II・数B・数III
理科100点「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から1科目選択
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[物理/A方式1期]3教科(500点満点)

教科配点科目または備考
数学200点数I・数A・数II・数B・数III
理科200点「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から1科目選択
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[化学/A方式1期]3教科(400点満点)

教科配点科目または備考
数学100点数I・数A・数II・数B・数III
理科200点「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から1科目選択
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[数学/A方式2期]3教科(300点満点)

教科配点科目または備考
数学200点数I・数A・数II・数B・数III
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[地球科学、情報科学、物理、生命科学、化学/A方式2期]2~3教科(300点満点)

教科配点科目または備考
数学100点数I・数A・数II・数B
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
●数学100点数I・数A・数II・数B・数III
●理科100点「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から選択
●→数学、理科から1科目選択

[英文/N全学1、2期]3教科(400点満点)

教科配点科目または備考
国語100点国語総合(漢文を除く)
外国語200点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
●地歴100点世B・日B・地理Bから選択
●公民100点政経
●数学100点数I・数A・数II・数B
●→地歴、公民、数学から1科目選択

[哲学、史学、国文、中国語中国文化、ドイツ文、社会、社会福祉、教育、体育、心理、地理/N全学1、2期]3教科(300点満点)

教科配点科目または備考
国語100点国語総合(漢文を除く)
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
●地歴100点世B・日B・地理Bから選択
●公民100点政経
●数学100点数I・数A・数II・数B
●→地歴、公民、数学から1科目選択

[地球科学、情報科学、物理、生命科学、化学/N全学1、2期]3教科(300点満点)

教科配点科目または備考
数学100点数I・数A・数II・数B(備考参照)・数III
理科100点「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から1科目選択
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[数学/N全学1、2期]3教科(400点満点)

教科配点科目または備考
数学200点数I・数A・数II・数B(備考参照)・数III
理科100点「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から1科目選択
外国語100点コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
菅澤

合格を勝ち取るためには、特に配点の高い科目に注力することが非常に重要です。もしこれらの科目が苦手であったり、後回しにしてしまっている場合には、受験勉強の方法を見直すことが不可欠です。

オニ坊

まず、配点の高い科目が合否を大きく左右する理由について考えてみましょう。大学入試においては、総合得点が重要な役割を果たします。特に配点の高い科目で高得点を取ることができれば、全体の点数を大きく引き上げることができます。逆に、これらの科目で低得点に終わってしまうと、他の科目でカバーするのが難しくなるため、合格の可能性が低くなります。そのため、配点の高い科目を重視することは、効率的な受験対策の基本となるのです。

菅澤

具体的な例を挙げると、例えば、英語や数学といった科目が高配点で設定されている場合、その重要性は他の科目よりも増します。もしこれらの科目が苦手であったり、後回しにしていたりするのであれば、早急に勉強方法を見直し、重点的に対策を講じる必要があります。例えば、苦手な分野を徹底的に復習し、過去問を繰り返し解くことで出題傾向を把握し、効率的に得点を上げる方法を見つけることが重要です。また、得意科目を活かして全体の得点を引き上げる戦略も有効です。

配点の高い科目に重点を置いて勉強することが、合格への最短ルートとなります。自分の得意・不得意を見極め、効率的に学習を進めることで、合格の確率を大幅に向上させることができるでしょう。したがって、今すぐにでも勉強のやり方を見直し、効果的な対策を始めることが必要です。

ステップ②:日本大学文理学部の入試傾向を知り頻出分野から対策をする

菅澤

日本大学の入試問題は、毎年ほとんど変わらず、一貫した傾向を持っています。出題される問題の量や難易度、そして頻繁に出題される分野が一定しているのです。

オニ坊

このような特徴を踏まえると、日本大学に合格するためには、その特有の傾向を十分に理解し、優先順位の高い分野から順に対策を進めることが極めて重要です。具体的には、出題頻度が高い科目や分野に重点を置いて学習を進めることで、効率的に得点を稼ぐことが可能となります。

菅澤

例えば、過去数年間の入試問題を分析して、毎年必ず出題されるテーマや問題形式を把握することで、学習の効率が格段に向上します。また、特定の分野に集中することで、理解が深まり、解答スピードも上がるため、試験当日に余裕を持って取り組むことができるでしょう。

日本大学の入試で成功を収めるためには、入試問題の傾向をしっかりと把握し、戦略的に学習を進めることが求められます。傾向を掴むことで、合格への道が確実に近づくのです。

日本大学文理学部10科目の入試傾向と対策法

英語の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試の英語は、大問7題から構成されており、すべてマークシート方式です。

オニ坊

試験内容は、長文読解、文法・語彙、中文読解、語彙、そして会話文から成り立っています。これらの問題は文理学部の人文系、社会系、理学系の学科で同じ形式をとっており、試験時間は60分で、設問数は約40問です。出題される問題の難易度は標準レベルで、さまざまな分野から出題されます。

菅澤

まず、長文読解と中文読解についてですが、長文問題のテーマは多岐にわたり、750語前後の英文が出題されます。特別に難解な表現は少ないものの、選択肢に紛らわしいものが含まれていることが多く、また整序問題も出題されるため、幅広い対策が必要です。

大問1は内容説明問題、大問4は文章の並び替え問題、大問6は内容説明問題となっています。これらの問題に対応するためには、早い段階から語彙力や文法力の基礎をしっかりと身につけ、問題集や過去問を使って本文の流れや全体の内容を把握する練習が必要です。

オニ坊

次に、文法・語彙の問題に関しては、大問2・3の設問形式は空欄補充問題と語句整序問題で、それぞれ8問と6問の四択問題が出題されます。また、大問5の語彙問題では、類義語選択問題が8問出題されます。

これらの問題の難易度は基礎から標準レベルであるため、早い段階から2000語レベルの単語帳や1000語レベルの熟語帳を使って英単語や英文法の知識をしっかりと身につけ、文構造を理解することが重要です。過去問演習を通じて間違えた箇所を復習し、多くの問題を解くことで実力を養いましょう。

菅澤

最後に、会話文の問題に関しては、大問7で5問の空欄補充問題が出題されます。会話文はやや長めで、会話表現だけでなく、空欄前後の文脈を把握する力が求められます。頻出の会話表現を覚えるとともに、問題集を使って指示語や省略、代名詞の使い方に注意しながら勉強することが必要です。

日本大学文理学部の英語試験では、各大問に対応するための基礎知識をしっかりと身につけることが重要です。しっかりと準備を重ねることで、試験本番で高得点を狙うことが可能になります。

数学の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試の数学試験は、大問4題で構成されており、学系によって解答方式が異なります。

オニ坊

人文系・社会系の学科では、数学は選択科目として「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(確率分布と統計的な推測を除く)」が出題されます。

一方、理学系の学科では必須科目として、「数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(確率分布と統計的な推測を除く)」が課されます。ただし、地球科学科や生命科学科の場合、「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B」または「数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B」のいずれかを選択できます。

菅澤

試験時間は、A個別方式第1期・第2期ともに、人文系・社会系の学科では60分です。理学系の学科では、第1期が90分、第2期が60分となっています。設問形式は主に空欄補充問題で、教科書レベルの基礎問題が中心です。理学系の学科は、第1期と第2期で出題範囲が学科ごとに細かく指定されているため、注意が必要です。

オニ坊

人文系・社会系の学科の試験は全問マーク式で、「図形と数量」「平面図形」「三角関数」「数列」「ベクトル」など幅広い分野から出題され、「微分・積分」は頻出です。典型的な問題が多く、設問の流れに沿って解答しやすいです。難しい問題に挑戦するよりも、教科書の基本事項を確実に身につけ、例題や章末問題をミスなく解くことが重要です。

菅澤

理学系の学科では、マーク式と記述式が併用されます。大問4題のうち、大問1・2は共通の小問集合問題で、大問3・4は学科ごとに異なる傾向の出題があります。大問3・4では計算過程まで求める記述式問題が含まれ、「微分・積分」や「極限値や面積を求める問題」が頻出です。

また、「ベクトル」「数列」「指数・対数関数」「場合の数と確率」の出題も多く見られます。学科ごとの過去問を数年分演習し、出題形式に慣れることが重要です。難問は少なく、基本問題が多いため、教科書の公式や定理を徹底的に身につけ、問題集を繰り返し解くことが求められます。

日本大学文理学部の数学試験で高得点を目指すためには、基本事項をしっかりと理解し、過去問や問題集を通じて繰り返し練習することが不可欠です。試験形式に慣れ、効率的に解答できるようになるための準備が大切です。

国語の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試における国語は、大問3~4題で構成されており、マークシート方式です。

オニ坊

この試験は、人文系・社会系の学科では必須科目となっており、試験時間は60分です。特に史学科では、A個別方式第1期において国語の配点が高く設定されています。必須問題として現代文が出題され、選択問題として現代文と古文のうち1題を選びます。なお、国文学科では、選択問題として古文が必須となっています。

菅澤

現代文の出題難易度は標準からやや難しめです。小説よりも評論文が中心で、テーマは思想、言語、社会、科学と多岐にわたります。設問形式は、内容説明、内容真偽、空欄補充などが含まれ、漢字問題や国語常識問題も出題されます。

評論文には抽象的な言葉や慣用表現が多く使われるため、新聞の社説やコラムを読む習慣をつけると良いでしょう。さまざまな評論文を読み、要点を把握する練習を積み重ねることで、言い換え表現や指示語の内容、理由説明の文脈を意識できるようになります。これができるようになったら、中堅私大の入試問題や参考書を使って、さまざまな問題形式に慣れておくことが重要です。

オニ坊

古文は選択問題の一つで、国文学科では必須となります。まず古文単語と文法をしっかりと身につけ、それが文章中でどのように使われるかを理解しましょう。文理学科では、中古や中世の著名作品からの出題が多く見られます。そのため、国語便覧を使って時代背景や風俗習慣についての知識を深めることも必要です。

設問形式は、語彙や文法、口語訳、人物説明、内容真偽などが中心で、文学史に関する問題も出題されます。中堅私大の古文問題集を活用し、知識を確実に定着させるとともに、文学史に関する知識も習得しましょう。

日本大学文理学部の国語試験で高得点を狙うためには、現代文と古文の基礎をしっかりと身につけ、さまざまな問題形式に慣れることが重要です。これにより、試験当日に自信を持って問題に取り組むことができ、合格への道を確実なものとすることができます。

物理の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試における物理の試験は、大問4題で構成されており、すべてマークシート方式です。

オニ坊

理系学科の選択科目であるこの試験は、60分間で実施されます。大問1は小問集合問題であり、「力学」「電磁気」「熱力学」「波動」などの幅広い分野から出題されます。苦手分野があると大きな失点につながるため、早い段階から教科書をしっかりと勉強しておくことが重要です。問題の難易度は基礎から標準レベルであり、計算量の多い問題が含まれているため、正確で迅速な計算力が求められます。

菅澤

例えば、物理の基本的な語句の定義や公式をまずはしっかり覚えることが必要です。基礎問題集を活用して、これらの知識を確実に身につけることが重要です。また、現象や公式の成り立ちを理解することで、応用問題にも対応できる力を養うことができます。さらに、過去問を繰り返し解くことで、出題形式に慣れ、自分の弱点を把握して補強することができます。

オニ坊

このように、日本大学文理学部の物理試験で高得点を狙うためには、まず基礎をしっかり固めることが不可欠です。教科書をしっかり読み込み、基本的な語句や公式を覚え、基礎問題集を解いて知識を定着させましょう。その上で、過去問演習を通じて出題形式に慣れ、実際の試験でスムーズに対応できるように準備を進めましょう。

早い段階からの計画的な学習と、基礎を固めるためのしっかりとした準備が、日本大学文理学部の物理試験での成功に繋がります。これにより、受験生は自信を持って試験に臨むことができ、確実に高得点を狙うことができます。

化学の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試における化学の試験は、大問5題で構成されており、全てマークシート方式です。

オニ坊

この試験は理系学科の選択科目として設定されており、試験時間は60分です。出題範囲は「理論」「有機」「無機」と幅広く、基本問題を中心に構成されています。また、正誤問題や複数の分野を融合した問題が多く出題されるため、総合的な理解が求められます。

まずは教科書を基に基礎を固め、苦手分野を無くすことが重要です。暗記と計算の練習を繰り返し行い、問題演習を通じて解法パターンを身につけましょう。

菅澤

日本大学文理学部の化学試験で高得点を狙うためには、しっかりとした基礎力の養成が不可欠です。その理由は、基礎がしっかりしていないと応用問題や複雑な融合問題に対応するのが難しいからです。

具体的には、まず教科書をしっかり読み込み、基本的な概念や法則を理解することから始めます。その上で、計算問題や実験に関する問題など、さまざまな形式の問題に取り組むことで、実際の試験に対応できる力を養います。

オニ坊

例えば、「理論化学」では、化学反応の基本的な仕組みやエネルギー変化、平衡状態の理解が重要です。

「有機化学」では、各種有機化合物の構造や反応機構を把握し、反応パターンを覚えることが求められます。

「無機化学」では、元素の性質や化合物の特徴を理解し、それぞれの化学反応についての知識を深めることが必要です。これらの分野をバランスよく学習し、問題集や過去問を通じて実践力を高めていくことがポイントです。

日本大学文理学部の化学試験で成功するためには、まず教科書を基に基礎をしっかりと固め、その上で問題演習を繰り返し行うことが重要です。苦手分野を無くすための継続的な努力と、さまざまな問題形式に対応できる準備を行うことで、試験当日に自信を持って臨むことができます。これにより、確実に高得点を狙うことができるでしょう。

生物の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試における生物の試験は、大問4題から構成されており、すべてマークシート方式です。

オニ坊

この試験は、文理学部の理系学科の選択科目として行われ、試験時間は60分です。設問形式は、一問一答形式や穴埋め問題が多く含まれています。出題範囲は非常に広く、教科書の内容をしっかりと網羅することが求められます。

基本的な用語や生物現象を確実に理解し、覚えることが重要です。また、例年出題傾向が似通っているため、数年分の過去問を繰り返し解くことで、出題形式に慣れ、間違えた箇所をしっかりと復習することが大切です。

菅澤

日本大学文理学部の生物試験で高得点を狙うためには、徹底的な基礎力の強化が必要です。その理由は、広範な出題範囲に対応するためには、基本的な知識を確実に身につけておくことが不可欠だからです。

具体的には、教科書の内容をしっかりと理解し、基本単語や生物現象についての知識を確実に覚えることが重要です。これに加えて、過去問演習を通じて、実際の試験形式に慣れ、出題パターンを把握することが求められます。

オニ坊

例えば、細胞の構造や機能、遺伝子の働き、生態系の仕組みなど、幅広い分野の知識が問われます。また、穴埋め問題では、正確な用語の記憶が求められるため、基本単語をしっかりと覚えることが重要です。

一問一答形式の問題では、瞬時に正確な答えを導き出すためのスピードと正確さが必要です。過去問を繰り返し解くことで、これらのスキルを養うことができます。

日本大学文理学部の生物試験で成功するためには、基礎知識の徹底的な理解と記憶、そして過去問演習を通じて出題形式に慣れることが重要です。広範な出題範囲に対応するためには、基本を確実に抑えることが鍵となります。これにより、試験当日に自信を持って臨むことができ、高得点を狙うことができるでしょう。

日本史の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試における日本史は、大問5題で構成されており、マークシート方式です。

オニ坊

この試験は、人文系・社会系の学科で選択科目となっています。試験時間は60分で、問題数は40問前後です。設問形式としては、正誤問題と語句問題が多く出題され、史料問題も必ず含まれています。

他学部と比べて、人物名や語句の空欄補充問題が多いのが特徴です。まずは、一問一答形式の問題集を使って基本語句の暗記を優先し、時代の流れや通史の理解も深めましょう。年表に関連する問題も出題されるため、語句の暗記とともに年号も覚えておくことが重要です。

菅澤

日本大学文理学部の日本史試験で高得点を狙うためには、基本語句の暗記が欠かせません。その理由は、試験問題の多くが語句の正誤や空欄補充を中心に構成されているためです。

具体的には、一問一答形式の問題集を活用して基本語句をしっかりと暗記し、通史を通じて時代の流れを理解することが求められます。さらに、年表を活用して重要な年号とその出来事を関連付けて覚えることで、出題傾向に対応できる力を養います。

オニ坊

例えば、奈良時代の政治制度や江戸時代の社会構造など、各時代の重要な出来事や人物を確実に覚えておくことが重要です。また、史料問題では、史料の内容を理解し、その史料がどの時代のどのような出来事に関連しているかを把握する必要があります。年表を使って時代ごとの重要な出来事を整理し、関連する語句をしっかりと覚えることで、試験問題に対応する力を養いましょう。

日本大学文理学部の日本史試験で成功するためには、基本語句の暗記を重視し、時代の流れを理解し、年表を活用して重要な年号を覚えることが重要です。これらの対策をしっかりと行うことで、試験本番に自信を持って臨むことができ、高得点を狙うことができます。

世界史の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試における世界史の試験は、大問4~5題で構成され、マークシート方式で実施されます。

オニ坊

この試験は、人文系・社会系の学科において選択科目となっており、試験時間は60分、問題数は約40問です。各大問には長めの文章が出題され、設問形式としては選択問題と正誤問題が多く含まれています。

文理学部の特徴として、「文章の下線部に関する一問一答形式の選択問題」が多く出題される点が挙げられます。日本史と同様に、年表に基づく問題も必出です。そのため、基本的な語句を優先的に覚え、時代の流れや通史をしっかりと理解することが重要です。

菅澤

日本大学文理学部の世界史試験で高得点を目指すには、基本語句の暗記が必須です。なぜなら、試験問題の多くが語句の選択や正誤問題を中心に構成されているからです。具体的には、一問一答形式の問題集を使って基本語句を確実に暗記し、通史を通して時代の流れを理解することが求められます。

また、年表を活用して重要な年号とその出来事を関連付けて覚えることも効果的です。過去問演習を繰り返すことで、出題形式に慣れ、間違えた箇所を復習することが重要です。

オニ坊

例えば、ルネサンス時代の文化やフランス革命の影響、第二次世界大戦後の国際関係など、各時代の重要な出来事や人物を正確に覚えることが重要です。

さらに、地図問題やイラスト問題、建造物の写真選択問題も出題されるため、資料集を活用して国や地域の位置関係や歴史的な建造物の写真を細かく把握することが求められます。

日本大学文理学部の世界史試験で成功するためには、基本語句の暗記を重視し、時代の流れを理解し、年表を活用して重要な年号を覚えることが重要です。また、資料集を用いて地図や建造物の写真を細かく把握し、過去問演習で出題形式に慣れることが重要です。こうした準備を通じて、試験本番に自信を持って臨むことができ、高得点を狙うことができます。

地理の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試における地理の試験は、マークシート方式で行われます。

オニ坊

この試験は人文系・社会系の学科で選択科目として提供されており、試験時間は60分です。問題量は比較的少なく、出題内容は教科書レベルの基本問題が中心です。加えて、グラフや統計資料に関する問題も含まれており、毎年似たような出題傾向が見られます。

まずは教科書に出てくる重要な用語をしっかりと覚えることが重要です。資料問題が苦手な場合は、参考書を使ってデータの見方を学習し、過去問を解くことで出題形式に慣れておくことが効果的です。また、年度によっては時事問題も出題されるため、過去数年分の主要なニュースを押さえておくと良いでしょう。

菅澤

日本大学文理学部の地理試験で高得点を狙うためには、教科書の基本事項をしっかりと理解することが不可欠です。基本的な用語を覚えることで、試験問題に対応する基礎力がつきます。特に、グラフや統計資料に関する問題に対応するためには、データの見方をしっかりと学ぶことが重要です。

具体的には、教科書や参考書を使って、重要な用語や概念を暗記し、データの見方を理解することが必要です。これに加えて、過去問を解くことで、実際の試験形式に慣れ、どのような問題が出題されるかを把握することが求められます。

オニ坊

例えば、人口統計や経済データ、気候に関するグラフなどが出題されることが多いため、これらのデータの見方を理解することが重要です。また、資料問題では地図の読み取りや地域の特徴を理解することが求められます。過去問を解くことで、どのような形式の問題が出題されるかを把握し、自分の弱点を見つけて補強することができます。

日本大学文理学部の地理試験で成功するためには、基本用語の暗記とデータの見方の学習が不可欠です。さらに、過去問を通じて出題形式に慣れることが重要です。時事問題への対応も含め、計画的な学習を進めることで、試験本番に自信を持って臨むことができ、高得点を狙うことができるでしょう。

公民の入試傾向と対策法
菅澤

日本大学文理学部の一般入試における公民(政治・経済)の試験は、大問4題で構成されており、マークシート方式で実施されます。

オニ坊

この試験は人文系・社会系の学科において選択科目となっており、試験時間は60分、問題数は約40問です。設問内容には教科書の注釈からの出題やグラフ問題が含まれており、単純な語句暗記だけでは解答できない点が特徴です。他の科目に比べてやや難易度が高めであるため、細かい用語や出来事の前後関係までを正確に覚えることが求められます。

語句の正誤問題が多く出題されるため、早い段階から一問一答形式の問題集や共通テストレベルの問題集を使って基礎力を磨くことが重要です。また、応用問題にも対応できるよう、繰り返し練習し、間違えた箇所はしっかりと復習しましょう。時事問題対策として、日常的にニュースや新聞をチェックする習慣をつけることも有効です。

菅澤

日本大学文理学部の公民(政治・経済)試験で高得点を狙うには、基本的な知識をしっかりと身につけることが不可欠です。理由は、試験問題の多くが細かい用語や出来事の前後関係を問うものだからです。

具体的には、一問一答形式の問題集や共通テストレベルの問題集を使い、早い段階から基礎力を固めることが求められます。これにより、基本的な語句や概念を正確に覚えることができます。また、教科書の注釈やグラフ問題にも対応できるよう、応用力を養うことが重要です。

オニ坊

例えば、政治の分野では、選挙制度や政党の役割、政府の構造などについて詳しく理解し、経済の分野では、経済成長や景気循環、国際経済に関する基本的な概念をしっかりと覚えることが必要です。

さらに、時事問題に対応するためには、日常的にニュースや新聞をチェックし、最新の情報を把握する習慣をつけることが重要です。これにより、試験で出題される可能性のある時事問題にも対応できるようになります。

日本大学文理学部の公民(政治・経済)試験で成功するためには、基本的な知識の確実な理解と暗記、応用力の養成が重要です。また、時事問題に対応するための情報収集も欠かせません。これらの対策を通じて、試験本番に自信を持って臨むことができ、高得点を狙うことが可能になります。

日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】の日本大学文理学部専門対策とは?

❶日本大学に完全特化!1日ごと/1週間ごと/1カ月ごとのカリキュラムを作成します!

菅澤

日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】は日本大学に特化した日本大学専門塾/予備校です。

オニ坊

日本大学文理学部合格のために、1日ごとのカリキュラムを作成して「日本大学文理学部第一志望の受験生」を合格に導きます。1日ごと・1週間ごと・1カ月ごとに「何をすれば日本大学文理学部に合格できるのか」を「鬼管理」するので、「今何をすればいいのか」迷うことが無くなります。

■今、日本大学文理学部まで何をすればいいのか分からない
■日本大学文理学部合格には何が必要なのか分かっていない

菅澤

そのような受験生は日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】の「日本大学文理学部」特化のカリキュラムで共に合格を目指しませんか?

オニ坊

以下のボタンは「日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】」の公式サイトと入塾説明会に参加できる「公式LINE」になります。

❷日本大学合格・日本大学文理学部合格まで「365日鬼管理」

菅澤

日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】では、日本大学・日本大学文理学部合格まで365日鬼管理をする体制を設けております。

❶先述の1日ごとのカリキュラムを元に、1日ごとに「日本大学に最短距離で合格できる課題」を課し
❷その課題ができたかどうかを確認する「最大週7回の確認テスト」
❸毎日の勉強が習慣化される365日開講のZoom自習室
❹毎日の勉強を報告しないといけない「勉強報告フォーム」

等、日本大学文理学部まで最短距離で合格するために「1日ごとに」日本大学文理学部合格のための課題を課しながら、テストやその後の改善策提案、毎日の勉強習慣化までフルサポートを行います。

オニ坊

日本大学文理学部まで1日ごとに「何をすればいいのか」分かるから日本大学文理学部合格が「実感」できます。

詳細:以下をクリックすると「指導の仕方」「合格への導き方」を更に知ることができます!
そもそも「鬼管理」とは何か?
指導の特徴について詳しく知る。
指導の流れについて詳しく知る。

オニ坊

「日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】がイメージできない…」
という場合は公式サイトで詳しく解説しておりますので以下のボタンをクリックしてみてください。

❸なぜ間違えたのかを分析改善する/最大週7日行う「問題発見ミーティング」

❸なぜ間違えたのかを分析改善する/最大週7日行う「問題発見ミーティング」
菅澤

日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】では日本大学文理学部合格のために「問題発見ミーティング」という課題の分析改善が行われます。

つまり、毎週レベルでテストをしてそれで終わりではなくて、
❶なぜ間違えたのか
❷何をすれば次は間違えないか
を徹底的に分析・改善することで「毎日成績向上をする」「日本大学文理学部に近づく」状況を設けます。

オニ坊

成績は「出来ない問題を出来るようにする」状況を作って初めて上がります。
出来ない問題を見つける「テスト」をする「だけ」では「意味がない」のです。

菅澤

「出来るようにする」その瞬間に初めて、成績は上がり日本大学文理学部合格に近づきます。
最大週7日「問題発見ミーティング」を行いますので、日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】にご入塾いただければアナタは毎日の勉強が「日本大学文理学部に近づく」こと、間違いなしです。

詳細:以下をクリックすると「指導の仕方」「合格への導き方」を更に知ることができます!
「問題発見ミーティング・分析改善」を詳しく知る!

■日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】の指導の特徴を解説します!

■日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】の指導の流れを解説します!

日本大学合格実績

【合格実績】
日本大学 法学部
日本大学 文理学部
日本大学 経済学部
日本大学 商学部
日本大学 芸術学部
日本大学 国際関係学部
日本大学 危機管理学部
日本大学 スポーツ科学部
日本大学 理工学部
日本大学 生産工学部
日本大学 工学部
日本大学 医学部
日本大学 歯学部
日本大学 松戸歯学部
日本大学 生物資源科学部
日本大学 薬学部

日本大学に合格したい受験生を、「日本大学合格」まで鬼管理する「日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】」だからこその結果です!少しでも「日本大学文理学部」に合格したい受験生は「自分の目で」合格実績を確かめてみてください!↓↓↓

日本大学文理学部に合格した講師がアナタを指導します!

菅澤

日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】の講師は全員日本大学レベル以上の講師が担当。
日本大学に合格した経験のある講師か、日本大学以上の大学に合格をした講師がアナタを「日本大学文理学部」まで導きます。

オニ坊

一般的な塾ですと、日本大学文理学部に合格したいと言っても、日本大学合格レベルではない講師が担当になったり、日本大学をそもそも知らない講師が担当をする等、受験生にとって最適ではない指導が横行しています。

日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】は「日本大学に受からせる塾」になりますので、日本大学文理学部第一志望のアナタが「最短距離で合格できる」ように、日本大学に合格した経験のある講師か、日本大学以上の大学に合格をした講師を担当にすることでアナタの合格をフルサポートします。

オニ坊

ここでは書ききれないこともありますので、
日本大学専門塾【鬼管理日本大学】の「講師」について詳しく知りたい場合は以下のボタンをクリックしてください。

日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】の入塾相談会に参加しませんか

「日本大学文理学部に合格したい、けど偏差値が足りない」
「日本大学文理学部に合格したい、けどE判定」
「日本大学文理学部に合格したい、けど何をすればいいのか分からない」

菅澤

そのような状況にいる日本大学第一志望・日本大学文理学部第一志望は「日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】」がお力になれます。

オニ坊

まずは、日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】の「公式パンフレット・資料」をご請求いただいたり「入塾相談会」に参加することで「日本大学合格」や「日本大学専門塾【鬼管理日本大学塾】」を理解していただければ幸いです。

日本大学文理学部紹介

菅澤

文理学部は、人文学と理学を統合した独自の教育と研究を提供している学部です。人文系、社会系、理学系の3つの領域にわたる18の学科を持つこの学部は、学際的な教育と総合的な学問の融合を目指しています。教養教育と専門教育を一体化させることで、学生に幅広い知識と深い専門性を同時に身につけさせる教育を実現しています。

オニ坊

この学部では、総合大学の大規模な教育支援体制を活用し、21世紀に求められる教育目標を達成しています。国内外で活躍できる個性豊かな学生の育成を目指し、現代社会が求める新たな「知」の再構築に応えています。学生には、しっかりとした信念と未来への希望を持ってもらうため、「質の高い教育」と「きめ細やかな学習支援」を提供しています。

菅澤

さらに、経済的な支援も充実しており、学部生と大学院生のために20種類以上の奨学金制度を設けています。これには、学業成績が優秀な学生に授業料相当額を給付する特待生制度や、学術、スポーツ、社会活動で優れた成果を上げた学生に奨励金を支給する奨学金制度があります。毎年約600名の学生が奨学生として選ばれ、彼らの学問追求を支援しています。

オニ坊

文理学部が目指すのは、文系と理系の枠を超えた総合的な教育を提供し、学生の多様なニーズに応えることです。この学部の強みは、広範な学問領域をカバーするカリキュラムと、学生一人ひとりに合わせたきめ細やかなサポートにあります。

学生は多彩な選択肢の中から自分に合った学びを追求することができ、その結果、幅広い視野と専門的な知識を持つ人材として成長することができます。

文理学部は文と理の融合を特色とした教育と研究を行い、学生に幅広い知識と専門性を提供しています。総合大学の強みを生かした教育支援体制や充実した奨学金制度が、学生の学びを支え、彼らが将来にわたって活躍できるようサポートしています。このような環境で学ぶことで、学生は幅広い視野と深い専門性を身につけ、将来のキャリアに役立てることができます。

日本大学のホームページ

菅澤

日本大学公式はこちらです。

https://www.nihon-u.ac.jp/

日本大学のキャンパス所在地

  • 【法学部】 〒101-8375 東京都千代田区三崎町2-3-1
  • 【文理学部】 〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
  • 【経済学部】 〒101-8360 東京都千代田区三崎町1-3-2
  • 【商学部】 〒157-8570 東京都世田谷区砧5-2-1
  • 【芸術学部(江古田キャンパス)】 〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
  • 【芸術学部(所沢キャンパス)】 〒359-8525 埼玉県所沢市中富南4-21
  • 【危機管理学部】 〒154-0002 東京都世田谷区下馬3-34-1
  • 【スポーツ科学部】 〒154-0002 東京都世田谷区下馬3-34-1
  • 【理工学部(駿河台キャンパス)】 〒359-8525 埼玉県所沢市中富南4-21
  • 【理工学部(船橋キャンパス)】 〒274-8501 千葉県船橋市習志野台7-24-1
  • 【生産工学部(津田沼キャンパス)】 〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1
  • 【生産工学部(実籾キャンパス)】 〒275-8576 千葉県習志野市新栄2-11-1
  • 【工学部】 〒963-8642 福島県郡山市田村町徳定字中河原1
  • 【医学部】 〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1
  • 【歯学部】 〒101-8310 東京都千代田区神田駿河台1-8-13
  • 【松戸歯学部】 〒271-8587 千葉県松戸市栄町西2-870-1
  • 【生物資源科学部】 〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
  • 【薬学部】 〒274-8555 千葉県船橋市習志野台7-7-1

その他詳細情報

  • 歴史:1958年
  • 文理学部:合計8003名、男性 61%、女性 39%

日本大学文理学部英語試験の傾向と対策法

菅澤

日本大学文理学部の一般入試の英語は、大問7題から構成されており、すべてマークシート方式です。

オニ坊

試験内容は、長文読解、文法・語彙、中文読解、語彙、そして会話文から成り立っています。これらの問題は文理学部の人文系、社会系、理学系の学科で同じ形式をとっており、試験時間は60分で、設問数は約40問です。出題される問題の難易度は標準レベルで、さまざまな分野から出題されます。

菅澤

まず、長文読解と中文読解についてですが、長文問題のテーマは多岐にわたり、750語前後の英文が出題されます。特別に難解な表現は少ないものの、選択肢に紛らわしいものが含まれていることが多く、また整序問題も出題されるため、幅広い対策が必要です。

大問1は内容説明問題、大問4は文章の並び替え問題、大問6は内容説明問題となっています。これらの問題に対応するためには、早い段階から語彙力や文法力の基礎をしっかりと身につけ、問題集や過去問を使って本文の流れや全体の内容を把握する練習が必要です。

オニ坊

次に、文法・語彙の問題に関しては、大問2・3の設問形式は空欄補充問題と語句整序問題で、それぞれ8問と6問の四択問題が出題されます。また、大問5の語彙問題では、類義語選択問題が8問出題されます。

これらの問題の難易度は基礎から標準レベルであるため、早い段階から2000語レベルの単語帳や1000語レベルの熟語帳を使って英単語や英文法の知識をしっかりと身につけ、文構造を理解することが重要です。過去問演習を通じて間違えた箇所を復習し、多くの問題を解くことで実力を養いましょう。

菅澤

最後に、会話文の問題に関しては、大問7で5問の空欄補充問題が出題されます。会話文はやや長めで、会話表現だけでなく、空欄前後の文脈を把握する力が求められます。頻出の会話表現を覚えるとともに、問題集を使って指示語や省略、代名詞の使い方に注意しながら勉強することが必要です。

日本大学文理学部の英語試験では、各大問に対応するための基礎知識をしっかりと身につけることが重要です。しっかりと準備を重ねることで、試験本番で高得点を狙うことが可能になります。

日本大学文理学部を目指す受験生からよくある質問4選

質問①:日本大学文理学部の受験科目を教えてください
日本大学法学部のA個別方式

(人文系学科)

  • 国語「国語総合(現代文及び選択問題(現代文・古文から1題選択))」
      ※国文学科は選択問題で古文を選択必須
  • 外国語「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ」
  • 選択科目「日本史B」「世界史B」「地理B」「倫理」「政治・経済」「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B」から1科目

(理学系学科)

  • 数学「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B」または「数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B」
  • 理科「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」「地学基礎・地学」から1科目
  • 外国語「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ」
日本大学法学部のN全学統一方式

(人文系学科)

  • 国語「国語総合(漢文除く)」
  • 外国語「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ」
  • 選択科目「日本史B」「世界史B」「地理B」「政治・経済」「数学Ⅰ・Ⅱ・A・B」から1科目 

(理学系学科)

  • 数学「数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B」
  • 理科「物理基礎・物理」「化学基礎・化学」「生物基礎・生物」から1科目
  • 外国語「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ」
日本大学法学部のC共通テスト利用方式
  • 国語「国語」
  • 外国語「英語(リスニング含む)」
  • 選択科目は、「日本史A」「日本史B」「世界史A」「世界史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」「数学I」「数学I・数学A」「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」「物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎から2科目」
    「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目(理科の基礎を付した科目は2科目で1科目とする) 
  • 大学入学共通テストの国語、外国語、選択科目1科目の合計3教科で合否判定を行います
菅澤

入学試験の方法によって科目や内容に違いがあるため、具体的な情報については大学の公式ウェブサイトを確認してください。

質問②:日本大学文理学部の入試方式を教えてください
菅澤

日本大学では、様々な入試方式を提供しており、これにより多様な学生を受け入れることができます。一般選抜、総合型選抜、学校推薦型選抜、自己推薦選抜、社会人選抜など、多岐にわたる選抜方法が用意されています。

オニ坊

このような多様な入試方式を採用することで、異なる背景や経験を持つ学生に門戸を開き、多彩な才能を持つ学生を集めることができます。それぞれの選抜方法には独自の基準やプロセスがあり、学生の個々の特性や強みを最大限に評価することが可能です。これにより、学内での多様性が促進され、豊かな学びの環境が実現されます。

菅澤

例えば、一般選抜では学力試験を重視し、学術的な能力を評価します。一方、総合型選抜では学力だけでなく、課外活動やリーダーシップなど、学生の多面的な能力を総合的に評価します。

学校推薦型選抜では、高校からの推薦を基に学生の特性や将来性を評価し、自己推薦選抜では学生自身が自分の強みや目標をアピールする機会が与えられます。また、社会人選抜では、既に社会経験を積んだ人々が新たな学びの場を求めて挑戦することができます。

日本大学では、多様な入試方式を通じて、様々な背景を持つ学生に公平なチャンスを提供しています。これにより、学生は自分に最適な方法で大学に挑戦することができ、自分の能力や特性を最大限に発揮することができます。

質問③:日本大学文理学部の倍率と偏差値を教えてください
菅澤

日本大学文理学部は、入学倍率が2.5倍で、偏差値が47.5から52.5の範囲に位置しています。この倍率と偏差値から、文理学部が学生にとって適度な競争環境を提供していることが分かります。

オニ坊

この倍率と偏差値の理由として、まず第一に、文理学部の学問的な幅広さと多様性があります。文理学部は、人文学と理学の両方を融合したカリキュラムを提供しており、学生はさまざまな分野にわたる知識とスキルを身につけることができます。この多様性が、多くの受験生にとって魅力的であり、結果として競争率が高くなっています。

日本大学文理学部の入学倍率2.5倍と偏差値47.5から52.5は、学部の提供する幅広い教育と充実したサポート体制の結果です。多様な学問領域と学びの選択肢が、学生にとって大きな魅力となっており、適度な競争環境を生み出しています。このような学部で学ぶことで、学生は幅広い知識とスキルを身につけ、将来のキャリアに役立てることができます。

質問④:日本大学文理学部に合格するための英語の勉強法を教えてください
菅澤

日本大学文理学部の一般入試の英語は、大問7題から構成されており、すべてマークシート方式です。

オニ坊

試験内容は、長文読解、文法・語彙、中文読解、語彙、そして会話文から成り立っています。これらの問題は文理学部の人文系、社会系、理学系の学科で同じ形式をとっており、試験時間は60分で、設問数は約40問です。出題される問題の難易度は標準レベルで、さまざまな分野から出題されます。

菅澤

まず、長文読解と中文読解についてですが、長文問題のテーマは多岐にわたり、750語前後の英文が出題されます。特別に難解な表現は少ないものの、選択肢に紛らわしいものが含まれていることが多く、また整序問題も出題されるため、幅広い対策が必要です。

大問1は内容説明問題、大問4は文章の並び替え問題、大問6は内容説明問題となっています。これらの問題に対応するためには、早い段階から語彙力や文法力の基礎をしっかりと身につけ、問題集や過去問を使って本文の流れや全体の内容を把握する練習が必要です。

オニ坊

次に、文法・語彙の問題に関しては、大問2・3の設問形式は空欄補充問題と語句整序問題で、それぞれ8問と6問の四択問題が出題されます。また、大問5の語彙問題では、類義語選択問題が8問出題されます。

これらの問題の難易度は基礎から標準レベルであるため、早い段階から2000語レベルの単語帳や1000語レベルの熟語帳を使って英単語や英文法の知識をしっかりと身につけ、文構造を理解することが重要です。過去問演習を通じて間違えた箇所を復習し、多くの問題を解くことで実力を養いましょう。

菅澤

最後に、会話文の問題に関しては、大問7で5問の空欄補充問題が出題されます。会話文はやや長めで、会話表現だけでなく、空欄前後の文脈を把握する力が求められます。頻出の会話表現を覚えるとともに、問題集を使って指示語や省略、代名詞の使い方に注意しながら勉強することが必要です。

日本大学文理学部の英語試験では、各大問に対応するための基礎知識をしっかりと身につけることが重要です。しっかりと準備を重ねることで、試験本番で高得点を狙うことが可能になります。

日本大学文理学部の特長

菅澤

文理学部は、人文学と理学を統合した独自の教育と研究を提供している学部です。人文系、社会系、理学系の3つの領域にわたる18の学科を持つこの学部は、学際的な教育と総合的な学問の融合を目指しています。教養教育と専門教育を一体化させることで、学生に幅広い知識と深い専門性を同時に身につけさせる教育を実現しています。

オニ坊

この学部では、総合大学の大規模な教育支援体制を活用し、21世紀に求められる教育目標を達成しています。国内外で活躍できる個性豊かな学生の育成を目指し、現代社会が求める新たな「知」の再構築に応えています。学生には、しっかりとした信念と未来への希望を持ってもらうため、「質の高い教育」と「きめ細やかな学習支援」を提供しています。

菅澤

さらに、経済的な支援も充実しており、学部生と大学院生のために20種類以上の奨学金制度を設けています。これには、学業成績が優秀な学生に授業料相当額を給付する特待生制度や、学術、スポーツ、社会活動で優れた成果を上げた学生に奨励金を支給する奨学金制度があります。毎年約600名の学生が奨学生として選ばれ、彼らの学問追求を支援しています。

オニ坊

文理学部が目指すのは、文系と理系の枠を超えた総合的な教育を提供し、学生の多様なニーズに応えることです。この学部の強みは、広範な学問領域をカバーするカリキュラムと、学生一人ひとりに合わせたきめ細やかなサポートにあります。

学生は多彩な選択肢の中から自分に合った学びを追求することができ、その結果、幅広い視野と専門的な知識を持つ人材として成長することができます。

文理学部は文と理の融合を特色とした教育と研究を行い、学生に幅広い知識と専門性を提供しています。総合大学の強みを生かした教育支援体制や充実した奨学金制度が、学生の学びを支え、彼らが将来にわたって活躍できるようサポートしています。このような環境で学ぶことで、学生は幅広い視野と深い専門性を身につけ、将来のキャリアに役立てることができます。

日本大学文理学部の学科

哲学科、史学科、国文学科、国文学科、国文学科、ドイツ文学科、社会学科、社会福祉学科、教育学科、体育学科、心理学科、地理学科、地球科学科、数学科、情報科学科、物理学科、生命科学科、化学科

日本大学文理学部で取得可能な主な資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会、理科、数学、保健体育、ドイツ語、英語、宗教、地理歴史、中国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語、地理歴史、公民、宗教、書道、国語、中国語、ドイツ語)
  • 司書
  • 司書教諭
  • 学校図書館司書教諭一種(資格)
  • 社会教育主事(任用資格)
  • 社会福祉士(受験資格)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 学芸員など

日本大学文理学部に合格したい受験生へ

菅澤

成績が思うように伸びていない場合、多くの生徒が学習方法に課題を抱えていることがあります。適切な指導とサポートを受けることで、学生は効果的な勉強法を身につけ、成績を向上させることが可能です。

オニ坊

例えば、勉強のやり方を変えることで、これまで成績が伸び悩んでいた生徒も大きな進歩を遂げることができます。具体的には、苦手科目の攻略法を学んだり、志望校対策の方法を理解したりすることで、これまでの学習に見られなかった成果を実現できるようになります。このようなサポートを提供する塾や予備校は、生徒の学習方法を根本から見直し、彼らが目標を達成できるように手厚い支援を行います。

したがって、成果が出ていない生徒は、学習方法を見直し、専門的なサポートを受けることで、大きな成長を遂げることが可能です。これにより、成績が伸び悩んでいる生徒も、期待する成果を得ることができるようになります。
ご不安や疑問を持っていらっしゃる方は、資料をお求めいただくことをお勧めします。